« レギュラーシーズン終了 | トップページ | 三種の神器 »

2005年4月25日 (月)

新「マイクロウェーブ」

bulls050424bb  6年ぶりのブルズ復活を見たかったので、シカゴに来ています。同じように思う記者たちが多かったようで、きのうのウィザーズ対ブルズ第1戦、メディアルームはまるで7年前にタムスリップしたかのように懐かしい顔がたくさん。番記者はさすがに当時から入れ替わっているものの、コラムニストたちは当時と同じ顔が残っているし、当時の番記者で現在は別の担当になっている人も、久々のブルズのプレイオフということで借り出されてきてました。

 試合はホームのブルズの勝利。Player of the Gameはアルゼンチン出身のルーキー、アンドレ・ノシオニ。ビッグメンたちのファウルトラブルもあってほとんどフル出場、18リバウンド、25点と大活躍でした。勝負が決まった終盤には、スタンドから「ノ・シ・オ・ニ」「ノ・チ・オ・ニ」の合唱も起こってました。ちなみに、彼の名前の読み方は「ノシオニ」のほうが正しいのだけれど、どうも、アメリカ人たちは半分以上の人が「ノチオニ」と呼んでます。コーチのスカイルスからして、「ノーチ」と呼んでるし。

bulls050424tt  ノシオニと並んで活躍したのは33分出場で30得点のベン・ゴードン。スクリーンを使って、ちょっとの隙をついて放つシュートは芸術的。ブルズで得点力がある選手ということでよくジョーダンと比べられるのだけれど、今のところはジョーダンというよりはマイクロウェーブこと、ビニー・ジョンソン(80年代終わりから90年代はじめにかけてブルズの強敵だったデトロイト・ピストンズの6th man)といった感じ。さすがに83年生まれのゴードンは当時のピストンズの試合は見ていないらしいが、それでも「そんなにすばらしい選手と比べられて名誉に思う」と優等生のコメント。かと思うと、初めてのプレイオフ試合で30点との活躍に自分でも驚いたかと聞かれて、「僕が驚くのは活躍できなかったとき」となかなか図太いことも言ってくれます。コートを離れたプライベートでは、家の部屋の壁を自分でペンキ塗りをするなど、なかなかhandyなところもあるようです。なんでも、「もともとの壁は真っ白だった」とのことで、自分の好みでいろいろと塗り替えたらしい。キッチンはクランベリー色だとか。

|

« レギュラーシーズン終了 | トップページ | 三種の神器 »

コメント

Ben GordonをVinnie Johnsonに例える記事はよく見かけますね。わたしはGordonのNo.3 Pickは過大評価と感じていたので、うれしい誤算ですね(わたしは第2のIsaiah Riderになると見ていました。すまん、Ben)。

投稿: SS | 2005年4月26日 (火) 19時23分

コメント、ありがとうございます。ゴードン、シーズンはじめに比べるとだいぶディフェンスもよくなってきてますし、来シーズンはスターターかもしれません。となると、ビニー・ジョンソンとの比較も1シーズン限り?

投稿: 陽子 | 2005年5月 3日 (火) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/3864156

この記事へのトラックバック一覧です: 新「マイクロウェーブ」:

« レギュラーシーズン終了 | トップページ | 三種の神器 »