« ビッグゲーム・ロブ | トップページ | スパーズ優勝 »

2005年6月23日 (木)

NBA Final第7戦の前に

 あと3時間半でNBAファイナル7戦開始。私も、もう少ししたら会場に向かいます(だいたい試合開始の2時間くらい前に到着するようにしてます)。

 そんなわけで、あまり時間がないので、とりあえず第6戦の日の写真と簡単な説明をアップしておきます。

P1060797s  第6戦前に行われたNBAと選手会の記者会見で新労使協定の合意に達したことが発表。左から、選手会長のマイケル・カリー、NBAコミッショナーのデビッド・スターン、選手会代表のビリー・ハンター。ファイナルの試合前に記者たちが原稿を書く時間が十分にあるようにという配慮で、夕方4時(試合の4時間前)からの記者会見でした。
 マイケル・カリーは今シーズンが始まってもNBAチームと契約できず、選手会長の座を降りなくてはいけないのではといわれていたのですが、シーズンの途中、12月から3月までインディアナ・ペイサーズと契約していたことで、無事に選手会長に残っていられたようです。スターンは、カリーはこの交渉を通じて"rock"(重要な存在、支えていた存在)だったと言ってました。

P1060832s  第5戦の最後のディフェンスで、いらないダブルチームをしてオーリーの3点シュートを打たれてしまったラシード・ウォレス。第6戦でもファウルトラブルでいいところなしかと思ったら、4Q最後に試合に戻ってきて、勝負を決める活躍でした。肩からかけているのは、彼がピストンズ選手全員に作ったチャンピオンベルト。1、2戦のときも、そして今回の6、7戦でも、サンアントニオまで持ってきて、ロッカールームにしっかり飾ってます。

|

« ビッグゲーム・ロブ | トップページ | スパーズ優勝 »

コメント

ロックアウトが回避されホッとしています。
しかし、カリーが選手会長というのは驚きです。前回のロックアウトのときはユーイングで、ぴったりだと思いましたが、何故にカリー?

投稿: メルブロ | 2005年6月25日 (土) 03時01分

選手会長は、ベテランで、チーム代表を何年かやったような人がなることが多いんですよ。別にスーパースターとは限らず、ふだんからこういった活動に熱心な人。今回はカリーとパット・ギャリティが中心的存在だったようです。

投稿: 陽子 | 2005年6月30日 (木) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/4683921

この記事へのトラックバック一覧です: NBA Final第7戦の前に:

» “ロックアウト”は回避へ… [黄金の国の戦士達…]
NBAのリーグ側と選手会側の“協定”の交渉が、予想に反して難航していた経過があった…現在の“協定”は6月30日で期限が切れることから、新しいものが妥結出来ない場合、7月1日から“ロックアウト”になる可能性が懸念されていた… 第7戦にもつれ込むなど、白熱するファイ... [続きを読む]

受信: 2005年6月24日 (金) 21時53分

« ビッグゲーム・ロブ | トップページ | スパーズ優勝 »