« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の記事

2005年7月30日 (土)

Nike All-America Camp 雑ネタ

 オフのノンビリペースで生活していたら、あっという間に7月も終わり。ノンビリに入る前にサマーリーグをいろいろと見て、取材してきたのに、まだその話をほとんど書いてませんでした。

 その前に、あとで詳しく書くと言ったまま放置されていたナイキ・オールアメリカ・キャンプのことをもう少し書き加えておきましょう。

P1070374s キャンプに参加した伊藤選手の話は次号の月刊バスケットボールに記事を書くので、とりあえず写真だけ追加。

 ところで、私もこのキャンプ中に伊藤選手から聞いて初めて知ったのですが、来年卒業の全米の高校選手の中でもトップ5に入るくらいの評価を受けているケビン・デュラントという選手がこの夏、オークヒルからモントロスに転校したのだとか。ナイキキャンプでも、始まったときの選手リストでデュラントの所属高校はオークヒルとなっていましたが、最終日のオールスターゲームではしっかりとモントロスに変わっていました。

P1010003s                       (ケビン・デュラント→)
 このデュラントを入れて、このキャンプに参加したモントロスの選手は、なんと3人(伊藤、デュラント、そしてベネズェラ出身のグレイビス・バスケス)。来季もかなり楽しみなチームになりそうです。特にデュラントはかなり注目されている選手なので、もしかしたらESPNでの試合放映もあるかもしれないとのこと。伊藤、バスケスがバックコートで、デュラントも身長は高いもののアウトサイド系のプレイヤーなので、贅沢をいえば、できれば強力なリバウンダーがほしいところですが。このキャンプ中も、インサイド系の選手にいろいろと声をかけていたみたいですが、果たしてその成果やいかに。

 そう、こういうキャンプは、強豪高校の非公式なリクルートの場でもあります。アメリカでは高校でも選手たちがよりよい環境を求め、またチームも強化のために、途中転校は当たり前。最終年だけ別の高校なんていうことも、よくあります。少し前のことになりますが、ケビン・ガーネットも高校最後の一年だけシカゴのファラガット高校に転校してプレーしたのですが(おかげで、私もシカゴのローカルテレビで、高校時代の彼のプレーを見ることができました)、あのときも夏のキャンプで親しくなった選手(ロニー・フィールドといって、高校卒業前に交通事故で大怪我をしてしまった選手。今はNBAを目指してマイナーリーグでプレーしてます)の影響が大きかったそうです。ファラガットのコーチもこのキャンプでコーチをしていたので、おそらくコーチからの非公式リクルートもあったのでしょう。

 ちなみに、どうやらデュラントの転校の一番の理由はオークヒルでの成績があまりに悪かったため、デュラント父が、家に少しでも近いモントロスに転校させて、自ら監視したいということだそうで。モントロスは、勉強面でのサポートも強力なチームなので、そういった意味でもいい選択だったのではないでしょうか。

 長くなりましたが、最後にもうひとつ。このナイキ・キャンプではSparq Rating Testという方法で、選手の能力を測定していました。競技によって計測する項目が違うようですが、バスケットボールの場合は20m走、敏捷性テスト、パワーボール投げ、1ステップの垂直跳び、30回ジャンプを計測、そこから数値を出しているようです。参加した選手中、この値が一番高かったのはブレントウッド・アカデミー高のブランドン・ライト。わかりやすい項目だけあげると、20mダッシュが2.95秒、1ステップ垂直跳びが33.2インチ(84.3cm)。ざっと見たところ、どれがずば抜けているというよりも、どの項目も平均していい数字をあげているようですね。この数字だけで選手のバスケットボール能力は測れないとは思いますが、補助的な資料としては面白い試みだし、こうやって毎年トッププレイヤーを計測し続ければ、かなり貴重なデータベースになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

ジェフリー・ジョーダン

P1070184s

 すっかり間があいてしまいました。待っていた方、すみません。

 先日のクイズの答えは、コメント欄にも書いたように、マイケル・ジョーダンの長男、ジェフリー・ジョーダンでした。

 まず書いておかなくてはいけないのは、このナイキ・オールアメリカ・キャンプは全米のトッププレイヤーたちが招待されて行われるキャンプだということ。ただし、同じ時期に、同じようなキャンプをほかの2つのシューズメイカーが開催しているので、トッププレイヤーたちは分散しています。ナイキキャンプに参加していたのは、全部で130人。学年で言うと来年春に卒業のclass of 2006と、2年後に卒業のclass of 2007が半々くらい。さらにclass of 2008が9人、そしてclass of 2009の子も一人だけいました。ジェフリーはclass of 2007、まだ高校生活が2年残っています。

 皆さん、気になるのはジェフリーのバスケットボールの腕前ですよね。2試合ほど見ましたが、これだけ全米から選りすぐった選手たちの中に入ると、彼は並の選手。実際に試合でも控えとして使われていて、試合の終盤にも使ってもらえてませんでした。基本的なことはきっちりできて、スピードもあるらしい。「らしい」というのは、ポイントガードに徹していたからか、試合中にそのスピードを見る機会はあまりなく、隣のコートの試合を見ていたときに、一回向こうでジェフリーらしき選手が切れ味鋭いドライブインをしていたのをチラっと見たくらいでしたが。彼、自分の高校ではPGではないそうで、それでもこのキャンプではPGの扱いだったので、その点でも能力を発揮しきれなかったのかもしれません。

 まぁ、身長が6フィート(183cm。シューズなし)なので、今の身長のままだとポイントガードに転向する必要が出てくるのでしょうが、彼のコメントを聞く感じだと、これからまだ身長が伸びることを期待しているようです。

 PGにしろ、SGにしろ、見ていたなかで今の彼にとって一番の難点だと思ったのは外からのシュート。3ポイントに限らず、外からのシュートがあまり入らない。試合前のシュート練習のときもけっこうはずしていました。外が入らないと、どんなにスピードがあってもディフェンスから見て怖くないんですよね。

 で、こうやって書いてみて思ったのは、身長が足りなくて、外のシュートが入らないって、もしかしたらソフォモアのとき(今のジェフリーくんのひとつ下)に学校の代表チームから落とされて二軍でプレーしていたマイケル・ジョーダンって、こんな感じだったのかなぁ、と。父(マイケル)の場合は、それから身長が伸びて、シュート力も、ほかの能力も、負けず嫌い魂で成長し続けて、だからこそあれだけの選手になったわけです。ジェフリーくんに同じだけのことを期待するのは酷でしょうが。でも、本人はジョーダン息子ということにさほどプレッシャーを受けている感じでもなく、これはこれで、いい性格しているなぁと思ったのでした。

 今回、お父さんもお母さんもキャンプには来ていませんでしたが、一度、ジェフリーくんが試合後にこっちにまっすぐ歩いてきたことがあって(上の写真)、私のすぐ横に立っていた人から携帯電話を受け取り、試合の報告をしていました。話している雰囲気からして、たぶん電話の向こうにいたのはパパだったんじゃないかな。

 ところで、誰もが言うのは、ジェフリーよりも次男のマーカスのほうが将来性があるということ。これ、まだ彼らが小学生の頃に私もジョーダン家に近い人から聞きました。そのマーカスもこの秋からジェフリーと同じ高校に入ってきます。1年のときから代表チームというのはあまりないことで、ジェフリーの場合はパパの意向もあって1年のときはJV(二軍)でプレーしたようですが、ジェフリー自身が、「マーカスならできる」と言っているようです。1年からが無理でも、ジェフリーもまだあと2年あるし、遅かれ遠かれ、ジョーダン兄弟揃い踏みというチームになりそうで、これはこれで見てみたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

Nike All-America Camp

 LAに戻ってきました。が、この数日は締め切りと取材がびっちり詰まっていて、ブログに時間をかけるわけにもいきません。というわけで、下の写真の詳しい話はもう少しお待ちを。

P1070381s  ちなみに、インディアナでの取材はナイキ・オール・アメリカ・キャンプといって、全米の高校生のトッププレイヤーたちが集まるキャンプでした。で、なぜそのキャンプに行ったかというと、日本人でモントロスクリスチャン高校に留学中の伊藤大司選手が招待され、参加していたから。きちんと確認していませんが、おそらく日本人選手がこのキャンプに招待されるのは初めてじゃないでしょうか。中国人選手は過去に何度か招待されていたような記憶があるのですけれど…。中国人選手は今回もいました。しかも2人。Han ShuoとLiu Xiaoyu、どちらも16歳と若い選手です(まわりの選手は大半がこの秋から最上級生となる選手たちなので、17歳くらい。もちろん、もっと若いアメリカ人選手も何人もいましたが)。Han Shuo選手は伊藤選手と同じチーム。いっしょのラインナップで、伊藤選手がPG、Han Shuo選手がSGという場面もたびたびありました。Liu Xiaoyu選手は、運動能力に優れ、突破力があり、このキャンプのオールスター(12×4チーム)にも選ばれていました。

P1070124s P1010016s

 とりあえず、彼らの写真を掲載しておきます。#7 Han Shuo、#10 Liu Xiaoyu、#16 Taishi Itoです。
 時間ができたら、あとからまた書きますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

クイズ

P1070176s

 さて、このプレイヤーは誰でしょう?

(ヒント)
 きのうからインディアナポリスに来ています。ここには、大勢の若い有望選手たちが集まってきていて、大学のコーチやスカウトも見に来ています。この選手の家はお隣の州にありますが、さすがにお父さんはきていないようです。

答えはコメント欄にて。

#誤って、このエントリーを丸ごと削除してしまい、日本時間で7/13までにつけていただいたコメントもすべて消えてしまいました。本文のほうは記憶をたどって書き直しましたがコメントは回復できず。書いてくださっていた方々、本当にすみません! これに懲りず、もう一度書いてやろうと思われた方は、同じ内容でも違う内容でもいいので、ぜひ、またコメントつけてくださいね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »