« FIBA ヨーロッパ選手権レポート (5) | トップページ | 田臥記者会見@クリッパーズ »

2005年9月26日 (月)

FIBA ヨーロッパ選手権レポート オマケ情報

 ヨーロッパ枠も決まり、これで世界選手権の各地代表枠はすべて埋まりました。となると、次なる興味は、残り4つの招待枠にどのチームが入ってくるか。
 青木氏がFIBA広報から入手した情報によると、招待枠は次の9チームが候補になっており、12月に4チームに絞られるのだそうです。

その9チームとは…

韓国、カナダ、プエルトリコ、ドミニカ、セルビア&モンテネグロ、イタリア、クロアチア、トルコ、ロシア

 アジア1ヶ国、アメリカ大陸3ヶ国、ヨーロッパ5ヶ国という内訳ですが、どういう基準で選ばれるのか、たとえば力と地域的なバランス、どちらをどれだけ優先するのか。それ以上に集客を期待できるチームを優先するのか。こうやって招待枠で出場国が選ばれるのは初めての試みだけに、今後の招待枠のあり方も示すことになりそうです。

2006世界選手権公式サイトにも、各地区予選情報などが掲載されています。

|

« FIBA ヨーロッパ選手権レポート (5) | トップページ | 田臥記者会見@クリッパーズ »

コメント

貴重な内容に興奮しました。FIBAサイトなどでは数字を追える程度なので。
クロアチアの敗退が残念です。
日本でもサッカー並みにTV中継があるといいのですが。

投稿: YS | 2005年10月 3日 (月) 05時44分

 クロアチアは、今や日本のファンにとっては単なるヨーロッパの一国というだけでなく、パブリセビッチHCの母国というつながりもありますものね。
 今回のヨーロッパ選手権は日本でのTV中継はなかったようですが、インターネットでハイライトを見れたり、お金さえ払えば試合も見ることができたりと、時代の流れ、技術の進歩を感じます。
 この先は、こういったインターネット放送も増えてきそうです。

投稿: 陽子 | 2005年10月 8日 (土) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/6138618

この記事へのトラックバック一覧です: FIBA ヨーロッパ選手権レポート オマケ情報:

« FIBA ヨーロッパ選手権レポート (5) | トップページ | 田臥記者会見@クリッパーズ »