« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の記事

2005年10月24日 (月)

田臥&クリッパーズのポイントガード状況

P1090520s  クリッパーズのプレシーズンが始まって6試合が経過。いよいよ明日、24日の試合を含めて2試合を残すところまできました。このあたりで、現時点での田臥選手、クリッパーズの現状について少しきちんと書いてみようと思います。少し長文になりますが、おつきあいください。

 まず、現在のクリッパーズのポイントガードの状況について。トレーニングキャンプが始まった直後にフランク・ウィリアムスがカットされて以来、サム・カセル、ショーン・リビンストン、ダニエル・ユーイング、田臥という4人でしたが、きょう23日に5人目の選手、アンソニー・ゴールドワイアと契約、これで5人になりました。ゴールドワイアと契約したのは、リビンストンの腰の調子がよくないため。キャンプ中も接触プレーのある練習にはほとんど参加せず、プレシーズン試合にもまったく出ていません。本人いわく、練習中は腰も問題なく動けるのだそうですが、練習後に痛み、違和感が出てしまうとのこと。腰の部分が炎症を起こしているようで、月曜の精密検査の結果によっては長期欠場の可能性も出てきています。

 現在の5人のポイントガードのうち、カセル、リビンストン、ユーイングの3選手は契約がギャランティーされています(たとえ途中解雇になっても今季の契約金支払いは保証されている)ので、よっぽどのことがない限りはこの3人はカットになることはありませんし、ダンリビーも幾度となく、ギャランティ契約の選手(クリッパーズのチーム全体で13人います)は全員残留と言っています。

 スターティングPGのカセルが35歳、いつ故障欠場となるかわからないという不安を感じているためか、クリッパーズとしては試合に出られるポイントガードを3人ロスターに抱えておきたいようです。つまり、リビンストンが故障で開幕から試合に出られないことになったら(今のところ、その可能性大です)、カセル、リビンストン、ユーイングに加えてもう一人ポイントガードをロスターに残すということです。そのことによって、田臥がロスターに残る可能性が出てきたのも事実です。キャンプが始まった時点で、3人の誰かに何らかの状況変化--つまり故障やトレード放出など--がなければ、田臥の残留は厳しいという状況でしたから、そこから見たら一歩前進です。

 さて、そこできょう契約したゴールドワイア。彼と契約した理由をダンリビーは、「リビンストンとカセルは計算できる(チームが求めているレベルのプレーができる)選手。ただし、リビンストンが故障中であることに加え、カセルも高齢でいつ故障となるかわからない。万がいちのときに2人の新人(ユーイングと田臥。田臥の場合は記録上は2年目ですが、試合数が少ないのでほぼ新人)にポイントガードを任せるのは厳しい。彼ら二人よりいいプレーができるベテランがいるかどうか見てみたい」と言っています。これによって、田臥のロスター入りの可能性が小さくなったかどうかは、この先の二人のプレーによります。ちなみに、ゴールドワイアの契約はノンギャランティ。ユーイングよりも、そして田臥よりも使えない(or チームにあわない…etc)となればカットされることもありえますし、それぞれのプレー次第によってはまだ田臥にもロスター入りのチャンスはあるとダンリビーは言っています。

 もちろん、現実的に考えれば、田臥にとってはかなり厳しい状況であることは確かです。こうやって、開幕直前になってあえて選手を追加するということは、現在の選手では物足りないということの表れでもありますから。まぁ、厳しいのはキャンプ開始からのことなので、今さら「ピンチ」になったわけではないのですが…。

 むしろ、そういった厳しい状況の中ながら、田臥は思った以上によくやっていると思います。実際に試合に出たときのプレーとしては、田臥のプレーは昨シーズンとは比較にならないくらい安心して見ていられます。19日のシアトルでの試合で最後にターンオーバー連発で交代させられてしまったり、15日のフェニックス戦ではファウルトラブルでプレータイムを少なくしてしまったということはありましたが、それ以外では、プレスに対してもボールもきちんと運んでいますし、ハーフコートのオフェンスでもきちんとチームで決められた役割をきっちりとこなしています(これはダンリビーが重視しているところです)。ディフェンスではオールコートでプレスをかけることで、身長でのハンディを多少なりとも補ってもいます。ユーイングほどシュートは打ってきませんし、シュートを決めた数も違いますが、その分、ユーイングにはないポイントガードとしての安定感があります。これならNBAのロスターに残っても不思議ないと思える、そんなレベルです。あとは、チームが彼のようなプレイヤーを求めているかどうか、身長のハンディも含めて、田臥に安心してポイントガードを任せられると思ってくれるかどうか。

 掲示板で「田臥はユーイングとライバルなのか」という質問がありましたが、ユーイングのロスター残留は(トレードなどの例外がない限りは)確実ですから、ロスター残留を争うという意味では、この2人はライバルではありません。むしろ、ユーイングが新人らしからぬ活躍ができたほうがベテラン選手を入れる必要がなくなるわけで、田臥残留にはプラスに働く「かも」しれません。ユーイングも頼りない、田臥も身長面などで不安があるとなると、たとえ今回のゴールドワイアが期待に応えるプレーをしなかったとしても、今後さらにベテラン選手を探すことになるでしょうし、そうなると田臥が残留は厳しくなるでしょうから。

 ま、田臥選手自身は、一貫して「誰がライバルとは考えていない。チームの中で与えられた役割をこなすだけ」と言っています。そういった姿勢を認めてくれるという点で、ダンリビーHCのもとではプレーしやすいとも言っていました。

 ひとつ確実に言えることは、上に書いたことの繰り返しにもなりますが、田臥は一年前よりも成長しているということ。たとえ今回のクリッパーズの開幕ロスターに入れなかったとしても、また近いうちにチャンスを与えてくれるチームが出てきても不思議ない、そんなレベルまできています。

 ちなみに、きょうのマベリックス戦で、田臥は今プレシーズン初めてのDNP(出場時間なし)でしたが、ダンリビーは、明日のゴールデンステイト戦では、きょうDNPだった田臥とゴールドワイアにも出場機会を与えると言っています。

 そうそう、もうひとつ。ずっと開幕ロスターは14人でと言っていたダンリビーですが、このところの故障のニュースに、きょうになって初めて「場合によっては15人残すこともある」と言っています。となると、ギャランティ契約の13人に加えて、ロドニー・ホワイト、そして田臥かゴールドワイアのどちらかとなるのではないかと思います。

 以上、この時期、状況は刻々と変わっていきますが、アメリカ時間10/23時点での状況をまとめてみました。

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2005年10月11日 (火)

自転車通勤

P1090315s  今季からクリッパーズ入りしたカティーノ・モブリーが、キャンプ途中から自転車通勤を始めました。チームが泊まっているホテルは、練習している体育館から海沿いに車で数分の距離。みんな、当然車で移動していますが、モブリーは愛用の自転車に乗って通ってます。本人いわく、「エクササイズのため」とのことですが、朝の通勤風景を目撃した人の証言によると、エクササイズというほど必死にこいでいるのではなく、のんびりと景色を眺めながらだったとか。海沿いの道だから、それはそれで気持ちよく、いい気分転換になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

クリッパーズ紅白戦

 きのうの紅白戦から。

P1090217s  左の写真は、試合に出ていきなりチャージングを取ろうとして倒れた田臥。このチャージングは吹いてもらえなかったのですが、田臥のチームを指揮していたヒューズAコーチは、「あれはチャージングだった」と主張していました。
 このプレーで見られるように、田臥は出だしからアクティブ&アグレッシブ。この紅白戦に限らず、キャンプ通してそんな感じでした。彼にとってはそれが生き残る道なわけで、そういった面ではしっかりアピールできてました。このプレーのほかにも、相手ビッグマンがゴール下で持っているボールを後ろから近づいてスティールしたり、相手ポイントガードにディフェンスのプレッシャーをかけて、バックコート・バイオレーションにさせてもいました。とはいえ、いい面ばっかりだったわけではなく、アグレッシブに行く中でのターンオーバーもあったし、シュートは2本放って、決めたのは0。うち1本はノーマークに近い状態でしたがミス。もう一本はモブリーに見事にブロックされました。
P1090258s  そう、試合中にはモブリーとのマッチアップもありました。というのも、田臥はカセルと同じチームだったのですが、2分余り、カセル+田臥というラインナップのときがあったから。相手のガードはモブリー+ホワイト。両ポジションで大きなミスマッチとなってました。ヒューズAコーチは、「私ならシーズン中でもこのラインナップを試してみるかもしれない」と言ってましたが、ダンリビーHコーチは「いや、やらないだろうな。ミスマッチになりすぎる」と一蹴…でした。
 紅白戦後、白チームを指揮したヒューズAコーチに話を聞いたのですが、この人が、ちょっと褒めすぎではないかと思うほど田臥のことを褒めちぎり。彼がヘッドコーチになったら、田臥もロスター入り確実かも?と思うほどです。でも、次の日にダンリビーに聞いたら、評価は悪くなかったのですが、もともと慎重な人だけにかなり抑え目のコメント。やるべき仕事はやった、といった感じのことは言ってましたが。
 私から見ても、この日の田臥とユーイング(一応、3番手ポイントガードのライバル?)のできは互角くらいかな。どちらの選手も、ロスター入りに前進、というほどの強烈な印象ではありませんでした。

P1090242s  この試合でコートに立った日本人がもう一人。今季、トライアウトを通ってクリッパーズのチアリーダー入りした柳下容子さん(写真の左から2番目)。何でも、田臥選手のNBA入りに刺激を受けて、NBAのチアリーダーとしてやりたい、と思ったそうです。田臥選手、タイムアウト中にチアリーダーが踊っているのを見ていたので、柳下さんのことを知っているのかと思ったら、彼女とも面識がないし、日本人がいたことにも気づいていなかったようです。試合後にそのことを知ってびっくりしていました。
 そのときに彼の口から出てきた言葉。
 「彼女は一年間ギャランティ(契約保証)なんですか? 僕はまだ(ギャランティされていない)なんで、負けないようにしないと」

#もう一枚のオマケ写真は、別エントリーに分けます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

海のそばのキャンプ地

P1090140s  サンタバーバラ・シティカレッジ@クリッパーズのキャンプ地です。体育館を一歩外に出れば海が見えるし、道を渡ればすぐビーチという環境のいいところ。P1090142s
 とはいえ、体育館に入ってしまうと、そこが海のそばだろうが何だろうが関係ないんですけれどね。田臥選手も、海を見るのは朝の練習に行くときと、帰るとき、そして夕方の練習に行くときだけだと言ってました。夕方の練習後はもう暗くなっているし、昼間のあき時間はホテルの部屋でアイシングなどをして身体のコンディションを整えたり、休んだりしているだけで終わってしまうそうです。

P1090067s  体育館の中はこんな感じ。コートは真ん中に一面ですが、リングは全部で6つついてます。
P1090083s  右の写真は、このキャンプで一番キツイ(?)、3メンウィーブの練習。60秒以内で5往復し、10本のシュートを決めないと、もう一度やり直しになります。こういったコンディショニングが必要な練習は、田臥にとっては得意分野。きょうはエルトン・ブランド、クィンティン・ロスとの3人組で一番最初にやりましたが、あっさり1回でクリア、ボーナスショット(11本目)を放つ時間もあったくらい、余裕でした。
 きょうはこれから、紅白戦が行われます。2番手PGのショーン・リビンストンはまだ接触なしの練習しかしていないので、きょうの紅白戦は欠場。その分、田臥にも出番が回ってくることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

media day

 きょう、10月3日はNBAのメディアデー。キャンプイン前日に、選手やコーチがメディアの取材を受ける日だ。そうすることで、今夜のスポーツニュースでは新シーズンに向けての選手の意気込みが報道され、明日のキャンプイン当日朝には、各新聞にチームの情報が載るというわけ。各地で一斉に行われているが、ここ、LAの場合は2チームあるので、微妙に時間をずらして行われた。

P1080738s  まずは、朝11時から、空港近くのレイカーズ練習場でレイカーズのメディアデー。 
 左は、レイカーズの新コーチ陣大集合豪華ショット。昨季や2年前からのコーチに、カリーム・アブドゥル-ジャバー(新人のビッグマン、バイナム担当)、スコティ・ピッペン(ラマー・オドム担当)、クレッグ・ホッジス(シューティング担当)も加わり、こうやって全員が並ぶと圧巻。若いチームだけに、コーチの仕事も多そうだ。
 ピッペンは、かつてライバル・チーム(特にピッペンがブレイザーズ時代)だったレイカーズのロゴ入りのシャツを着ることになったわけだが、そのことに対しては、本人よりもまわり、特にLAの地元メディアのほうが感慨深い様子。まぁ、確かに私から見ても、ピッペンがピストンズのロゴ入りのシャツを着るようになったら大ニュースだけど、レイカーズはそれほどでもないかな。レイカーズはライバルとはいっても恩師フィルのチームだったし、ピストンズほど遺恨を残した相手ではないので。
 ちなみに、ピッペンはフルタイムのアシスタントコーチというわけではなく、まずはトレーニング・キャンプでやってみて、その後は時々やってきては教える、という通いコーチの形になるらしい。もしかしたら、単にハワイに行きたかった(レイカーズは明日からハワイでトレーニングキャンプ)のかも? …というのはもちろん冗談だけど、そんなどうでもいいことを話していた割に、bjリーグに入った甥の話をするのをすっかり忘れてしまっていたので、それは次回にもちこし。

 オオトリのコービー・ブライアントの囲み取材が終わったのが12時半。ランチを食べる間もなく、すぐにダウンタウンに移動。昼間で渋滞していなかったので1時にはステイプルズセンターに到着。ここで1時半からクリッパーズのメディアデーが行われた。
 レイカーズに比べると、メディアの数も少なめでやや閑散とした雰囲気? でも、クリッパーズ新入りのベテラン、サム・カセルによると、「これならミネソタにいたときより多いよ」だそうな。コーリ・マゲティが、母親が病気でシカゴに戻っているとのことでいなかったので、メンバー的にもちょっと寂しい。それでも、カセルもモブリーもいるので明日からの練習が静かということはないでしょう。

P1080766s  そんな中、田臥もクリッパーズのユニフォーム姿でチャリティー用のボールにサインしたり、各スポットをまわって撮影したり、合間で取材を受けたり。3回目のNBAメディアデーだから、慣れたもの。
 ちなみに、今年も背番号は「1」。もうひとつの希望番号だった「13」がすでに使われている(クィントン・ロス)ということもあって、迷わずに「1」を選んだという。「13が残っていたら迷ったかもしれないです」だそうな。
 クリッパーズのポイントガードは5人の激戦なだけに厳しい戦いではあるけれど、田臥は特別競争のことは気にしていないと言い、キャンプを「楽しみ」と表現していた。ギリギリの状況にあっても、そういう気持ちでいられるというのは大きい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »