« 自転車通勤 | トップページ | 「解雇」 »

2005年10月24日 (月)

田臥&クリッパーズのポイントガード状況

P1090520s  クリッパーズのプレシーズンが始まって6試合が経過。いよいよ明日、24日の試合を含めて2試合を残すところまできました。このあたりで、現時点での田臥選手、クリッパーズの現状について少しきちんと書いてみようと思います。少し長文になりますが、おつきあいください。

 まず、現在のクリッパーズのポイントガードの状況について。トレーニングキャンプが始まった直後にフランク・ウィリアムスがカットされて以来、サム・カセル、ショーン・リビンストン、ダニエル・ユーイング、田臥という4人でしたが、きょう23日に5人目の選手、アンソニー・ゴールドワイアと契約、これで5人になりました。ゴールドワイアと契約したのは、リビンストンの腰の調子がよくないため。キャンプ中も接触プレーのある練習にはほとんど参加せず、プレシーズン試合にもまったく出ていません。本人いわく、練習中は腰も問題なく動けるのだそうですが、練習後に痛み、違和感が出てしまうとのこと。腰の部分が炎症を起こしているようで、月曜の精密検査の結果によっては長期欠場の可能性も出てきています。

 現在の5人のポイントガードのうち、カセル、リビンストン、ユーイングの3選手は契約がギャランティーされています(たとえ途中解雇になっても今季の契約金支払いは保証されている)ので、よっぽどのことがない限りはこの3人はカットになることはありませんし、ダンリビーも幾度となく、ギャランティ契約の選手(クリッパーズのチーム全体で13人います)は全員残留と言っています。

 スターティングPGのカセルが35歳、いつ故障欠場となるかわからないという不安を感じているためか、クリッパーズとしては試合に出られるポイントガードを3人ロスターに抱えておきたいようです。つまり、リビンストンが故障で開幕から試合に出られないことになったら(今のところ、その可能性大です)、カセル、リビンストン、ユーイングに加えてもう一人ポイントガードをロスターに残すということです。そのことによって、田臥がロスターに残る可能性が出てきたのも事実です。キャンプが始まった時点で、3人の誰かに何らかの状況変化--つまり故障やトレード放出など--がなければ、田臥の残留は厳しいという状況でしたから、そこから見たら一歩前進です。

 さて、そこできょう契約したゴールドワイア。彼と契約した理由をダンリビーは、「リビンストンとカセルは計算できる(チームが求めているレベルのプレーができる)選手。ただし、リビンストンが故障中であることに加え、カセルも高齢でいつ故障となるかわからない。万がいちのときに2人の新人(ユーイングと田臥。田臥の場合は記録上は2年目ですが、試合数が少ないのでほぼ新人)にポイントガードを任せるのは厳しい。彼ら二人よりいいプレーができるベテランがいるかどうか見てみたい」と言っています。これによって、田臥のロスター入りの可能性が小さくなったかどうかは、この先の二人のプレーによります。ちなみに、ゴールドワイアの契約はノンギャランティ。ユーイングよりも、そして田臥よりも使えない(or チームにあわない…etc)となればカットされることもありえますし、それぞれのプレー次第によってはまだ田臥にもロスター入りのチャンスはあるとダンリビーは言っています。

 もちろん、現実的に考えれば、田臥にとってはかなり厳しい状況であることは確かです。こうやって、開幕直前になってあえて選手を追加するということは、現在の選手では物足りないということの表れでもありますから。まぁ、厳しいのはキャンプ開始からのことなので、今さら「ピンチ」になったわけではないのですが…。

 むしろ、そういった厳しい状況の中ながら、田臥は思った以上によくやっていると思います。実際に試合に出たときのプレーとしては、田臥のプレーは昨シーズンとは比較にならないくらい安心して見ていられます。19日のシアトルでの試合で最後にターンオーバー連発で交代させられてしまったり、15日のフェニックス戦ではファウルトラブルでプレータイムを少なくしてしまったということはありましたが、それ以外では、プレスに対してもボールもきちんと運んでいますし、ハーフコートのオフェンスでもきちんとチームで決められた役割をきっちりとこなしています(これはダンリビーが重視しているところです)。ディフェンスではオールコートでプレスをかけることで、身長でのハンディを多少なりとも補ってもいます。ユーイングほどシュートは打ってきませんし、シュートを決めた数も違いますが、その分、ユーイングにはないポイントガードとしての安定感があります。これならNBAのロスターに残っても不思議ないと思える、そんなレベルです。あとは、チームが彼のようなプレイヤーを求めているかどうか、身長のハンディも含めて、田臥に安心してポイントガードを任せられると思ってくれるかどうか。

 掲示板で「田臥はユーイングとライバルなのか」という質問がありましたが、ユーイングのロスター残留は(トレードなどの例外がない限りは)確実ですから、ロスター残留を争うという意味では、この2人はライバルではありません。むしろ、ユーイングが新人らしからぬ活躍ができたほうがベテラン選手を入れる必要がなくなるわけで、田臥残留にはプラスに働く「かも」しれません。ユーイングも頼りない、田臥も身長面などで不安があるとなると、たとえ今回のゴールドワイアが期待に応えるプレーをしなかったとしても、今後さらにベテラン選手を探すことになるでしょうし、そうなると田臥が残留は厳しくなるでしょうから。

 ま、田臥選手自身は、一貫して「誰がライバルとは考えていない。チームの中で与えられた役割をこなすだけ」と言っています。そういった姿勢を認めてくれるという点で、ダンリビーHCのもとではプレーしやすいとも言っていました。

 ひとつ確実に言えることは、上に書いたことの繰り返しにもなりますが、田臥は一年前よりも成長しているということ。たとえ今回のクリッパーズの開幕ロスターに入れなかったとしても、また近いうちにチャンスを与えてくれるチームが出てきても不思議ない、そんなレベルまできています。

 ちなみに、きょうのマベリックス戦で、田臥は今プレシーズン初めてのDNP(出場時間なし)でしたが、ダンリビーは、明日のゴールデンステイト戦では、きょうDNPだった田臥とゴールドワイアにも出場機会を与えると言っています。

 そうそう、もうひとつ。ずっと開幕ロスターは14人でと言っていたダンリビーですが、このところの故障のニュースに、きょうになって初めて「場合によっては15人残すこともある」と言っています。となると、ギャランティ契約の13人に加えて、ロドニー・ホワイト、そして田臥かゴールドワイアのどちらかとなるのではないかと思います。

 以上、この時期、状況は刻々と変わっていきますが、アメリカ時間10/23時点での状況をまとめてみました。

|

« 自転車通勤 | トップページ | 「解雇」 »

コメント

陽子さん、お久しぶりです。このような情報はファンにとって本当にありがたいものです。
数行のニュースではわからない状況がいろいろあるのですね。
いつものことながら田臥選手の、余計なことを考えず常にやるべきことをやっていくという姿勢は素晴らしいですし、少しでも見習いたいと思います。
何よりも嬉しいのは田臥選手自身のレベルが昨年よりあがっているということ。どういう形であれ、彼にチャンスがありますように、と祈っています。

投稿: roco | 2005年10月24日 (月) 03時24分

とってもいい情報を聞かせてもらいました。
プレシーズン後2試合、田臥らしいプレーをしてもらい、シーズンが実際に始まってもコートに立つ姿を見られるよう応援したいと思います。

投稿: ぞの | 2005年10月24日 (月) 07時36分

こんにちは!!
LAクリッパーズの“迷い”のようなもの…よく判る記事でした。貴重な解説に感謝です!!

投稿: wakkanai097 | 2005年10月25日 (火) 04時53分

詳しい情報と誠実なテキスト、とてもありがたいです。感謝しながら読んでいます(*^_^*)

田臥くん、いよいよプレシーズン最後の試合に挑みますね!陽子さんの熱いレポート待ってます。
プレイタイムさえ貰えれば田臥くんは絶対仕事出来るんだから、ダンリビーさんお願い!田臥くんにプレイさせてくれーっ!!

投稿: 西@鹿児島市 | 2005年10月26日 (水) 19時19分

能代工業時代から田臥をみて応援してきました。現地の田臥の情報事細かに見れてうれしいです。
クリッパーズのロースター入りは依然と厳しいみたいですがNBAの記事にもソニックスのマティーン クリーブス(ソニックスの3番手PG)よりうまいとかラプターズからもオファーがあったとか
今後を期待させる内容の記事があってかなり成長したんだろうなと思います。
洋子さんの記事楽しみに田臥がNBAで活躍するのを祈っています。

投稿: HIDEYAN | 2005年10月26日 (水) 23時45分

ご無沙汰いたしております。
プレシーズンゲームの全日程が終了しましたね。
日本ではプレシーズンゲームの模様は見られないので、
昨年と比べて成長している姿、早く見たいです。
開幕ロスター入り出来るよう心から祈っています。

投稿: 高菜 | 2005年10月28日 (金) 08時18分

試合をみたわけじゃないので、記事を読んで、想像しているだけなんですけど、田臥選手が私たち観客が見たくなるプレーをしているんだろうなぁって思っています。田臥選手のバスケットってほんと楽しませてくれるんですよね。そんなに試合をみたわけじゃないんですけどね。開幕に残れることが一番なんでしょうが、それだけじゃなくてバスケットの選手としてどんどん大きくなってほしいと思わずにはいられません。

投稿: なおみ | 2005年10月31日 (月) 08時54分

皆さん、多くのコメントとトラックバック、どうもありがとう。残念ながら田臥選手はクリッパーズから解雇されてしまいましたが、田臥勇太らしいプレーをたくさん見ることができて、仕事として取材しながらも、とても楽しむことができました。次はまたギャランティの契約をもらって逆の立場になれるように、チームに残れるように。田臥選手ならやってくれることでしょう。

投稿: 陽子 | 2005年11月 1日 (火) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/6547206

この記事へのトラックバック一覧です: 田臥&クリッパーズのポイントガード状況:

» あの興奮をもう一度。 [「さぁ、うんと楽しい事を考えろ。羽根が生えたのと同じになる」]
宮地陽子さんの>「Basketball Diary」。 去年サンズを回顧された時、これで二度とNBAのコートに帰ってくる事はないだろうと思っていた。2、3年の間はサマーリーグやトレーニングキャンプには呼ばれても、シーズン中に使うチームはないと。 しかし、このブログには...... [続きを読む]

受信: 2005年10月24日 (月) 04時22分

» モンタナ州ミズーラにて… [黄金の国の戦士達…]
ウォリアーズのマイク・モントゴメリーヘッドコーチが、“監督稼業”を始めたのはモンタナ大学のバスケットボールチームにおいてであった…1978-79シーズンに初めてヘッドコーチに就任した… モンタナ大学時代の、モントゴメリーヘッドコーチの勝敗は下記のようになっている...... [続きを読む]

受信: 2005年10月25日 (火) 04時51分

» GO! YUTA!! [好きなモノいろいろ]
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、ロサンゼルス・クリッパーズというチームで開幕ロスター入りに向けて戦っている田臥勇太という選手がいる。彼の戦いを、野球好きの皆さんにもゼヒ知って頂きたい。NBAはアメリカ全土に29チーム、カナダに1チームの合計30チ....... [続きを読む]

受信: 2005年10月28日 (金) 08時10分

» 田臥すげー! [It's SHO time!! 第二]
Basket Ball Diary 宮地陽子の取材レポートより。 俺と同世代(イッコ上)の田臥。 相当頑張ってますね! プレシーズン7戦、8戦と2試合で、合計37分出場で、 8得点、6アシスト 8得点、3アシスト と、全部で34得点に直接絡んでるじゃないっすか!! (田臥勇太公式....... [続きを読む]

受信: 2005年10月28日 (金) 10時12分

« 自転車通勤 | トップページ | 「解雇」 »