« Dリーグ開幕 (3) 運営編 | トップページ | スタッツ »

2005年11月22日 (火)

KJ、NCAAデビュー

 KJこと松井啓十郎選手(コロンビア大)のNCAAデビュー戦を取材に行っていたデトロイト在住ライター、青木さんから、2戦目のレポートが届きました。開幕戦については、掲示板の[2818]でHarrisonさんがレポートしてくれていますので、興味がある方はそちらをどうぞ。また、青木さんのコロンビア大開幕戦レポートは、12月発売の月刊バスケットボールに記事が掲載される予定だそうです。

--------
青木崇レポート

2005年11月19日(土)
Columibia Classics: Troy State vs Columibia  at Levien Gym (Columbia University)

 コロンビアは開始早々8連続得点を許すも、KJがキャリア初の3Pシュートを決めると、その後3本連続で成功させ、前半だけで12点。コロンビアはあっという間に逆転し、2ケタ得点差をつけた。後半、トロイは12本の3Pシュートを決めても猛反撃するも、73対71で逃げ切り。KJは後半、3Pシュートを1本も決められなかったが、速攻からレイアップを決めて、この試合14点。また、5本のアシストを決め、勝利に大きく貢献。34分間の出場は、チーム2番目に多かった。

KJs KJのスタッツ
34min  FG 5-12  3P 4-11  2reb  5ast  1stl  1to  14pts

試合後のコメント
「(放った3Pシュートの)2本目で成功し、2、3、4本目と入ったんで、これはいけるなという感じだった。(アシスト5本は我ながら)すごいですね」

|

« Dリーグ開幕 (3) 運営編 | トップページ | スタッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/7279341

この記事へのトラックバック一覧です: KJ、NCAAデビュー:

« Dリーグ開幕 (3) 運営編 | トップページ | スタッツ »