« ピッペン永久欠番セレモニー | トップページ | イオラニ・プレップ・クラシック »

2005年12月24日 (土)

コンンビア大@ノートラダム大

 在デトロイトのライター、青木さんが、車で片道3時間の道のりをかけてノートラダム大(インディアナ州にあります)までコロンビア大の松井啓十郎選手の取材に行ってきたそうで、レポートを送ってくれました。ビル・レインビアやジョン・パクソンなどの選手を輩出した名門、ノートラダム大との対戦です。
 私も、クリスマス明けにはNYマディソンスクエアガーデンでの2試合の取材に行ってきます。

----------
12/23 Columbia at Notre Dame ●68-75

松井啓十郎
 出場時間22分、1点(FG0-3、3P0-2、FT1-2)、1アシスト

 前半はほとんどシュートを打つチャンスがなく、残り45秒に左ウイングからNBAの3Pラインのうしろからシュートを打つもミス。2本目は後半最初のオフェンスで、左ウイングからキャッチ&シュートが右にずれてミス。3本目はバックドアからフリーになるも、リバースレイアップをミス。この試合で放ったシュートはこれだけだった。
 フリースローについては、8点リードされて迎えた残り1分4秒、ドライブの後、ヘッドフェイクで相手を交わし、シュートを打った際にファウルを奪ったもの。1本目を決めるも2本目は長くミス。結局得点はこのときの1点に終わった。

 試合は、コロンビア大が前半終盤までFG成功率50%を超えていた。ベン・ワチュクがインサイドで得点源となり、速攻でも3度得点したことによって、ビッグイーストの名門相手に、何度か4点のリードを奪った。しかし、ノートルダム大は前半終了間際に逆転に成功すると、後半サイズで勝るフロントラインがインサイドを支配。コロンビア大がファウルを多発する一方、4年生PGのクリス・クインが3Pプレイとなるレイアップとゴール正面から3Pシュートを立て続けに決め、残り5分を切ったところで51対63と勝利を決定づけた。

 この敗戦により、コロンビア大の成績は6勝3敗となった。

KJ(松井)
「シーソーゲームをしているとき、アホなファウルが多かった。タフさが十分じゃなかった。勝てる相手だった。シュートが打てないのはわかっていた。フリースローをもらったときのドライブなど、ジャンパー以外のプレイをレベルアップしないといけない。課題がはっきりしました」

ジョーンズ・ヘッドコーチ
「シュートは決まっていたけど、ディフェンスがまったくダメ。だから、ファウルが多くなってしまった」

|

« ピッペン永久欠番セレモニー | トップページ | イオラニ・プレップ・クラシック »

コメント

MSGの2試合はわたしも見に行きます。陽子さんを見かけたら、お声をかけますね!

投稿: Harrison | 2005年12月25日 (日) 16時09分

MSGでのHoliday Festivalのチケット、両日とも売り切れと聞きました。スゴイ。特に明日はホームのセントジョーンズが相手ですから、楽しみです。それでは、明日会場でお会いしましょう。

投稿: 陽子 | 2005年12月26日 (月) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/7817255

この記事へのトラックバック一覧です: コンンビア大@ノートラダム大:

« ピッペン永久欠番セレモニー | トップページ | イオラニ・プレップ・クラシック »