« コンンビア大@ノートラダム大 | トップページ | KJ@MSG »

2005年12月26日 (月)

イオラニ・プレップ・クラシック

P1110459s  クリスマス前の12/19-23、観光客であふれるホノルルまでひとっ飛びしてきた。…といっても休暇ではない。Iolani Prep Classic(イオラニ・プレップ・クラシック)という高校トーナメントに出場する伊藤大司選手(モントロス)の取材である。
 ハワイに行くのはこれで4回目。シドニー五輪前のUSA代表の取材、田臥選手がBYUHにいたときのYahoo Invitational トーナメント取材、そして2年前と今回のイオラニ・クラシックと、全部取材。海が見える部屋だったので部屋から写真を撮ってみたものの、実際にはほとんどビーチに出ることもなく…。まぁ、この大会自体がかなり見ごたえがあるものなので、ビーチよりも試合…!

P1110147s  今シーズンのモントロスは全米でもトップクラスのケビン・デュラント(左の写真で右にいる背番号3)を加え、シーズン前の全米ランキング1位(USA Today紙)。しかし、最初から1位として全米のチームから標的にされるのはかなりのプレッシャーだろうなぁと思っていたら、大会最後にそれが出てしまった。その話は最後に。

 イオラニ・クラシックについては2年前に取材したときのscrapbook記事を参考にしてください。今年は米本土から6チーム+ドイツの高校チャンピオンチーム+ハワイ8チームが招待され、イオラニとあわせて16チームで行われました。モントロスを筆頭に、トップ25にランキングされている高校が4チーム、モントロス(メリーランド)、フェアファックス(カリフォルニア)、アーリントン・カントリー・デイ(フロリダ)、マウント・バーノン(ニューヨーク)いて、順当にこの4チームが準決勝に進んだのだが、そこにくるまでにはオーバータイムあり、接戦ありで、ランキング校といえども手は抜けない。

 モントロスは、1回戦の対カフクは88対45の楽勝、2回戦はホームチームのイオラニ相手で、前半で余裕のリードをとったものの後半はほとんど互角の勝負となり、53対31と前半の貯金があった分で逃げ勝ち。3回戦は全米ランキング7位のアーリントン・カウントリー・デイ(ACD)相手で、出だしにACD)がゾーンで守っていた間に外からポンポンと決めて、その分の貯金で48対36と、これまた逃げ勝ち。
 そして決勝の相手はカリフォルニアのフェアファックス。日系人のキタニコーチのもとで、公立高校ながら毎年強豪チームを作ってくるチームだ。実はこのフェアファックスは、モントロスにとっては宿敵チーム。3年前、ほとんど負けなしだったシーズンに唯一の黒星をつけたのもフェアファックスだったし、2年前のイオラニクラシックでも同点での4Q終了間際に3ポイントを決められて競り負け。連敗中で、コーチも選手も今年こそは勝つ、との意気込みだった。
 しかし、結果は38対39と1点差で負け。相手チームのエース、ジャレン・シップの勝負強いシュートにやられた。このシップ、カリフォルニアでは有名なバスケ兄弟で、2年前に決勝3ポイントシュートを決めたのもジャレンの兄のジョシュア・シップ(現UCLA)。さらに上の兄のP1110447s ジョー・シップは現在、ABAアルバカーキー・サンダーバーズで田臥勇太のチームメイト。2年前に取材したときには、確か弟ジャレンが一番才能があると言われていた。この大会、あまり活躍していなかったのだが、大事なここ一番の試合できっちり決めてくるところはさすが。
 それに比べると、この試合のモントロスはその脆さを垣間見せてしまった。そういえば、デュラントの前チーム、オークヒルのヘッドコーチはこの夏、去っていくデュラントのことを"Too nice"(やさしすぎる)と描写していたっけ。失う選手に対する負け惜しみかなとも思ったけれど、試合を見ていると確かにもう少し激しさというか、アグレッシブさがほしい。
(右の写真は大会のMost Outstanding Playerに選ばれたデュラントと、Most Valuable Playerに選ばれたシップ)

P1110333s  伊藤大司選手は、チームのキャプテンの一人としてよくチームをまとめ、リードしていたのだが、最後の試合ではシュートがまったく入らず、FG0/7。かなり悔しい結果となってしまった。シーズンはこれからまだ長いので、この悔しさをシーズンで晴らしてくれることを期待してます。

|

« コンンビア大@ノートラダム大 | トップページ | KJ@MSG »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/7860217

この記事へのトラックバック一覧です: イオラニ・プレップ・クラシック:

« コンンビア大@ノートラダム大 | トップページ | KJ@MSG »