« 懐かしい顔 | トップページ | スタッツ »

2006年1月23日 (月)

81点!

P1120165s  81点! マイケル・ジョーダンの試合を何百試合と取材して、それでも見ることができなかった数字。それだけの得点を一人の選手が一試合で入れるのを見る日が来るとは、思ってもいなかった。しかし、そのありえないことが今夜、ロサンゼルスで起こった。そして、それを会場で見ることができたのは運がよかった。

 1/22、ラプターズ対レイカーズ@ステープルズ・センター。このところ好調のコービー・ブライアントはきょうも前半から調子がよかった。ハーフタイムでの得点が26点。「この調子だと、きょうもまた50点いくかも」(2試合前のキングス戦で51点をあげた)と思ったのだが、そんな予想は、現実が軽く飛び越えてしまった。50点を越えたのは3Q終盤。とにかくシュートが好調で、外からのシュートも軽々と、面白いくらいに沈めていた。人間、想像を超えた信じられないものを見たときに笑ってしまうということがあるけれど、きょうのコービーを見ていた私もまさにその状態。コービーがシュートを決めるたびに、笑い、首を振っていた。
 P1120113s 4Qが始まる時点で53点。「コービー自身のキャリア最高得点(62点)を越えるかも」と思っていたが、この予想もまだ甘かった。4Qがまだ半分残っている時点で64点。このあたりから、観客の間に、「歴史的な試合を見ているのかも」という空気が漂ってきた。3ポイントを2本。ドライブインからのジャンパーを1本。これで72点。これで、レイカーズ史上最多得点の記録を塗り替えた(それまでの記録はエルジン・ベイラーの71点)。
 しかし、これでもまだコービーは攻撃の手を緩めない。やや甘いラプターズのディフェンスの穴を、これでもかというほどについてくる。こういうところ彼は、俗にいう"killer instinct"を持っている。遠慮なんていう言葉も知らない。ドライブインからのジャンプシュートで74点目。フリースロー2本で76点。さらにフリースロー3本で79点。これでNBA史上2番目の高得点記録となった。仕上げにフリースロー2本で81点。NBA史上では、過去にウィルト・チェンバレンが一度到達したことがあるだけの80点以上の世界。残り4.2秒、スタンディング・オベーションの中、ベンチに下がった。

 この記録が特別に思えるのは、記録達成優先の試合ではなかったこと。あくまで勝負にこだわった結果、この記録が生まれた。前半でラプターズに14点のリードを取られたレイカーズが、何とかその点差を詰め、ひっくり返そうとする中で、コービーは後半だけで55点をあげた。もっと早くに勝負が決まっていたら、12/20のマベリックス戦(コービーが62点をあげた試合。大差で勝っていたので4Qは試合に出なかった)のように途中でベンチに下がっていたことだろう。4Qに入っても勝負がついていなかったから、コービーは試合に出続け、ほかの選手のシュートが決まっていなかったから彼がシュートを打ち続けた。

 そういえば、1962年にウィルト・チェンバレンが1試合100得点をあげたとき、NBAはまだテレビ中継が当たり前の時代ではなかった。だから、チェンバレンの100得点試合は動く映像での証拠は残っていない。ということは、きょうのコービー・ブライアントの81得点は、映像として残されたNBA史上最多得点試合ということになる。
 ※チェンバレンの100点試合については、以前、オンラインマガジンDuniaのコラムで取り上げたので、興味ある方はどうぞ。→2011年1月補足。Duniaのサイトが閉鎖されて読めなくなっていたので、ホームページに掲載しました。「記録の裏側」

P1120149s  試合が終わり、記者会見も終わるとコービーはパパの顔になり、娘を抱いて帰途についた。今夜、帰ったら娘をお風呂に入れる約束になっているのだとか。そして、練習がオフの明日の朝は、ゆっくりと朝食を食べ、(おそらく娘といっしょに)トム&ジェリーのマンガを見て過ごしたいという。

|

« 懐かしい顔 | トップページ | スタッツ »

コメント

宮地さん、生で観られたんですか!
なんてうらやましい!!笑)
box scoreをみた瞬間まちがいかな、とおもったんですがw

投稿: シャチ | 2006年1月23日 (月) 05時59分

わたしも幸運なことに、Reggie MillerとAllen Iversonのキャリアハイ(それぞれ57点と60点)をアリーナで観戦しましたが、それをさらに20点以上も超えるとは、まさに想像を絶しますね。

投稿: Harrison | 2006年1月23日 (月) 07時44分

yokoさん、はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいています。

いやー、それにしても生でこの試合を観戦されたとは、うらやましい限りです。

勝手ながら私のblogの記事で紹介させていただきました。私も録画でいいのでこの試合は是非見てみたいと思っています。

投稿: tomoshiho23 | 2006年1月23日 (月) 17時37分

陽子さん、はじめまして。
NBAを見始めて20年位になりますが、昨日はネットで結果を知って本当にビックリしました。

観戦レポートありがとうございます!
おっしゃる通り、チームの勝利のために得点を重ね、劣勢をはね返して逆転勝利に導いた結果の大記録というのが、記録の価値を高めていますよね。素晴らしいです。

投稿: vanq | 2006年1月23日 (月) 20時31分

>しかし、そのありえないことが今夜、ロサンゼルスで起こった。そして、それを会場で見ることができたのは運がよかった。

記録達成の数時間前まで会場にいながらも、その試合を生で見れなかった私は運が悪かった・・・
雨男だけでなく、悪運男になるとは・・・ト・ホ・ホ・・・

投稿: しみず | 2006年1月24日 (火) 09時16分

皆さま、コメント、ありがとうございます。あの試合からすでに1週間以上立ちましたが、レイカーズが東への巡業に出たこともあって、いまだNBAではあの81点の話で盛り上がっています。たかが個人のスタッツではあるものの、81点っていうのはすごくわかりやすい「スゴサ」ですから、ふだんNBAを見ない人でも話題に乗りやすいんでしょうね。

投稿: 陽子 | 2006年1月31日 (火) 23時40分

いやーほんと歴史的瞬間ですよコレ。僕もハイライトでみましたが、笑いながら独り言で「マジ!?」って言いましたもん。くびをふる気持ちわかります。

投稿: kazuto | 2006年2月 1日 (水) 09時01分

kazutoさん、お返事が遅くなってごめんなさい。そう、人間って信じられないものを見たときって笑ってしまうものなんですよね。

オールスターでも、他国や他都市のメディアに「もしかして、あの試合見に行っていた?」と何度も聞かれました。あれからすでに1ヶ月以上たつのに、まだまだ人々の興奮冷めやらぬという感じです。

投稿: 陽子 | 2006年3月 2日 (木) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/8300332

この記事へのトラックバック一覧です: 81点!:

» コービー81点 [りばだんのNBA掲示板]
50点オーバーの記録でもとりたてて驚くほどではないコービーですが、さすがに81点... [続きを読む]

受信: 2006年1月24日 (火) 04時19分

» Kobe [Bohemian on the Planet Blue]
81点!!! 凄い。これ以上表現のしようがない。 MJでさえ見せてくれたことはなかったのに。 やっぱりスゴイ。 Stay Tuned. [続きを読む]

受信: 2006年1月25日 (水) 06時09分

« 懐かしい顔 | トップページ | スタッツ »