« レジー、古巣チームの観戦 | トップページ | 81点! »

2006年1月15日 (日)

懐かしい顔

P1120035s  1/12のキャブス@レイカーズ戦は、レブロン対コービーという華やかなマッチアップの試合ということもあって、各界の有名人が大勢試合を見に来ていた。試合は全米放映され、そこではペイサーズがトレードを決めるまで休職&求職中のあの人(ロン・アーテスト)に注目が集まっていたけれど、その彼の席と同じ列、ずずずーーーーーっと左にいったあたりに一人、見覚えのある、ちょっと懐かしい顔が…。テレビでも、会場のセンターボードでも一度も映されることがなく、ひっそりと(?)友人たちと観戦を楽しんでいた。
 ちょっと見たところLAによくいるサーファーの兄ちゃんという感じのこの彼は、ブルズの後期3ピートのベンチプレイヤーの一人、ジャッド・ブッシュラー。すでに現役は引退、現在はサンディエゴに住んでいて、見た目のまま、本当にサーフィン三昧なのだとか。そういえば彼はNBA選手の頃から、ビーチバレーの選手というのが売り(?)だったっけ。根っからの海人間、アウトドア人間なのだ。
 引退後はめったにNBAの試合に行くことはなかったらしいのだが、きょうは特別。なんといってもレブロン対コービーだし、仲良しのスティーブ・カーがTNTの解説をしている試合でもあり、レイカーズには元ブルズのコーチ、フィル・ジャクソンも、アリゾナ大後輩のルーク・ウォルトンもいる。というわけで、サンディエゴからLAまで出てきたらしい。そういえば、今はスティーブ・カーもサンディエゴ在住。二人は2マイルの距離のところに住んでいて、しょっちゅう行き来しているのだそうだ。

|

« レジー、古巣チームの観戦 | トップページ | 81点! »

コメント

ブシュラーを取り上げてもらって嬉しいです。

最初の3ピートより2度目の2ピートの時の方が熱心に見ていたので、懐かしさがこみ上げてきて、つい書きこんでしまいました。

ギクシャクとした動きの、まったく華がない選手で、レイアップが非常に下手だった印象があります。
しかし、0度からの3Pシュートの精度はスティーブ・カーに勝るとも劣らないもので、、ピンチでもチャンスでも、ガベージタイムでもプレイオフでも、きっちり決める姿が頼もしかったです。

なにより、出場時間を楽しそうに全力を尽くす姿がとても良かった!

ぜひ、またこういった”脇役的”選手の消息を教えて下さい。よろしくお願いします。

次はレックス・チャップマンを!(嘘)


投稿: AI75 | 2006年1月15日 (日) 02時03分

ブッシュラー、ああ見えて、実はあのときのチームの中でトップクラスの運動能力を備えた選手(チームメイト談)とまで言われていたんですよ。どちらかというと、地味なハッスル系プレイヤーでしたが、ビーチで鍛えた脚力なのでしょうか、ジャンプ力はかなりありました。

ちなみに、レックス・チャップマンは今はティンバーウルヴスのスカウトです。昨シーズンまではサンズのフロントにいました。

投稿: 陽子 | 2006年1月31日 (火) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/8174295

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい顔:

« レジー、古巣チームの観戦 | トップページ | 81点! »