« King と呼ばれる男 | トップページ | ヒド… »

2006年2月19日 (日)

NBAオールスター2006

P1120370s  NBAオールスター・サタデーの日、私の席はサイドラインの、ベンチのすぐ後ろに用意されていた。本当の席はゴール裏だったのだが、ゴール裏に置かれたダンクコンテスト用のクレーンカメラを動かすのに邪魔な位置だったようで、サタデーだけこのベンチ後ろの席に変更になったのだ。ゴール裏に残された記者たちからは、「なんでそんな特等席に座っているの?」とウラヤマシがられたし、私も最初は特等席だと思っていた。でも、ダンクコンテストが始まってみると、ここ特等席でも何でもないことがすぐにわかった。なにしろ、見ることができたのは一ファンと化した選手の背中だけ。
 ダンクコンテストの間、ベンチはサタデーのイベントに参加した選手たちの観戦席となっていたのだけれど、2m前後の選手たちが、最前列にいるのだから立ち上がらなくてもいいものを、興奮して立ち上がる。それも、ダンクがした瞬間だけ立ち上がるのではなく、ダンク前から立ち上がる。その後ろにいる私はダンク前に助走している選手の姿すら見えない。選手の背中の壁の合間から、なんとかダンクを叩き込む姿が見えるかどうか…。
 そんなわけで、結局そんな特等席にいたのに、ずっと上を見上げてセンターボードのスクリーンでダンクコンテストを見ていた。ま、選手たちがダンクを見ながらやたら興奮したり、悔しがっている姿を見るのは、それはそれで面白かったけれどね。

 後ろ姿だけではナンなので、オールスター本戦のときの写真も一枚。タイムアウト中にくつろぐイーストの選手たち。

P1120415s

|

« King と呼ばれる男 | トップページ | ヒド… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/9187739

この記事へのトラックバック一覧です: NBAオールスター2006:

« King と呼ばれる男 | トップページ | ヒド… »