« 感情を表に出す、ということ | トップページ | dragon tail »

2006年3月24日 (金)

March Madness

 アメリカはMarch Madness真っ盛りである。ふだんはNCAAの結果を追いかける余裕もないくらい忙しいNBA関係者(含NBA選手)も、この時期ばかりは特別だ。
 きょうのレイカーズ対バックスの試合を、ワシントン・ウィザーズのカロン・バトラーが見に来ていた。バトラーは昨季レイカーズにいた選手。明日の昼間にクリッパーズとの試合があるので今夜からLAに滞在していて、元チームメイトたちの試合を見に来たというわけ。でも、ちょうどレイカーズ戦と同じ時間にバトラーの母校、コネチカット大の試合をやっていたから、そっちも気になってしょうがない。最後はついに我慢できなくなって記者席にやってきて、記者席の上にあるテレビで母校の応援をしていた。この時点でコネチカット大対ワシントン大の試合は残り19秒、76対80とコネチカットが4点負けている厳しい状況。テレビに向かって、「カモ~ン、頑張れ」と声援を送っている。すぐ目の前のコートではレイカーズも接戦を戦っていたのだけど、もうそっちのけ。それでも、さすがに少し遠慮がちに応援していたのが、タイムアップ寸前にコネチカット大が3点シュートを決めて同点に追いつくと、大声で"Yeah!"と叫んで、ガッツポーズ。そのまま試合が延長に入ると、「この試合はもうもらったな」と言い残して、会場を後にしていった(レイカーズ戦はまだ続いていたのだけど)。

 NBAでも、この時期はプレイオフのシード争いや、プレイオフ出場をかけた争いの正念場で、別の意味でのMarch Madnessと言ってもいいかも。プレイオフ出場ギリギリのところにいるレイカーズは、バックスに勝利して3連勝。試合後、囲み取材が一段落したところでコービーに、「お父さん(東京アパッチのヘッドコーチ、ジョー・ブライアント)とは連絡を取っている?」と聞くと、2日前に話したばかりだという。それだけに、アパッチがプレイオフに向けてシーズン最後の正念場に入っていることもよく知っていて、「お互いに、この時期はplayoff push(プレイオフに向けて最後の追い込み)の大事な時期だ」と言っていた。コービーとジョーの親子は、コービーの結婚に関する意見の食い違いで一時期疎遠になっていたことがあるのだけれど、どうやら、今ではすっかり元通りの仲良し親子に戻ったようだ。
 仲良し親子といえば、コービーの家族話でもうひとつ。2日前の試合後、ロッカールームの囲み取材中、コービーのジャケットの胸に、小さなディズニーのお姫様シールが貼られているのを発見。まじめに試合の分析をしているコービーのコメントを聞きながら、その場とは不釣合いなお姫様シールが気になって気になってしょうがなかった。囲みが終わったあとに聞いてみたら、やはり3歳の娘、ナタリアがくれたのだとか。カッコつけ(?)のコービーも、目の中に入れても痛くないほどかわいがっている娘(この子が、また本当にカワイイのだ)からもらったシールとなれば、たとえそれがお姫さまシールでも取るわけにはいかないようだ。

|

« 感情を表に出す、ということ | トップページ | dragon tail »

コメント

大学選手権は、ライブでは見ることは出来ませんが、3回戦から放送があるので楽しみにしています。
NBAに来る選手もいるので、NBAをもっと楽しめますから。

コービーのお父さんがHCをしているbjリーグの東京アパッチと大阪エヴェッサの試合を週末2日間観に行ってきます。
新規参入のチームもきまって、ますます盛り上がってきました。
エヴェッサは初代王者に向けて頑張っています。
波多野“J”選手も頑張っています。ご存知ですか?
確か、トライアウトを受けたと思うのですが。

投稿: クニー | 2006年3月30日 (木) 07時52分

3回戦からということは熱い戦いが見られますね。

波多野選手、知ってますよ。サマーリーグのトライアウトのときに取材しました。

投稿: 陽子 | 2006年3月30日 (木) 10時30分

今日(4/2)日本でもFAINAL FOURがオンエアされていましたよ。

UNCもDUKEもU-Connも居ないFAINAL FOURですが、久し振りに強いUCLAを観ることが出来ました。

UCLAは、監督が変わってから強くなったのでしょうか。リクルートも、うまくいっているようで、かつてのファブ・ファイブのようだと1年生の事を解説されていましたよ。

CHAMPION SHIPは日本でも生放送があるので、今から楽しみです。

バトラーやコービーのエピソード、面白いですね~。
全米だけでなく、バトラーの中でも、NBAよりNCAAの方が人気あるンですね(笑)。まあ母校ですものネ。

コービーとジョーの関係も、安心しました。81得点とった時も、アパッチの選手達に「俺の息子すげーだろ!」と、かなり ご機嫌で自慢しまくっていたと、アパッチの選手が話していました。

東京アパッチは、昨日 僅差で負けた大阪に、今日は86-76で頑張って勝てたようです。懸念のリバウンドも、チーム全体で取るようにして、高さの大阪に勝てたのは嬉しい限りです。

またアパッチは、4/8・9がホームコート有明での最終戦。
対する埼玉ブロンコスとは、ヤンキース対メッツのサブウェイ・シリーズのように、【関東ダービー戦】として熱い闘いになりそうです。

あの日、陽子さんが ご覧になったアパッチ戦より、今は会場のムードもプレイスタイルも、格段に向上しましたよ。問題点を直しつつ、試行錯誤を繰り返しながら、成長して来た…という感じです。

投稿: vinko | 2006年4月 2日 (日) 00時31分

昨日、今日と大阪エヴェッサvs東京アパッチの試合を見てきました。
昨日は2点差でエヴェッサ。今日は大差でアパッチが勝ちました。
開幕した頃よりも、観客の方も得点すると席から立ち上がったりして、盛り上がっています。

陽子さんが取材した波多野選手は、病み上がりで疲れが見えましたが、頑張っていました。
トライアウトを受けたとき取材されたそうですが、そのときの記事などを読めることが出来るのなら教えていただけませんか?

投稿: クニー | 2006年4月 2日 (日) 05時45分

2006年9月中旬から下旬頃にアメリカ ロサンゼルス旅行に行こうと考えていますが、9月にバスケットを見れるところはありますでしょうか?NBAはシーズン前ですし難しいと思いますが・・・大学のバスケット、D-リーグでもいいのですが情報を教えてください。宜しくお願いいたします。

投稿: 教えてください。 | 2006年4月 5日 (水) 05時13分

お返事が遅くなってすみません。

>vinkoさん
アパッチも成長しているとのこと。それが大事ですよね。新しいことを始めるのに、最初からすべてがうまくいくということはなかなかありませんから。大事なのはリーグとして、チームとして継続すること。アメリカのマイナーリーグを見ていると、そのことを強く感じます。
※アメリカのマイナーリーグも今は変遷期。それだけに、日本のバスケ界の変化と重ねて思うことも多いです。

コービー父といえば、プレイオフもアパッチの指揮をするのでしょうか? そろそろWNBAのキャンプも始まるので、それがちょっと心配ではあります。

>クニーさん
波多野選手のサマーリーグ・トライアウト記事は、月刊バスケットボール2004年10月号のCrossover USAに掲載しました。ただし、メイン記事はトライアウト合格した宮田選手で、波多野選手はコメント&写真のみです。この時期は忙しくて更新をサボっていた時期だったから、scrapbookにも掲載してなかったですね。スミマセン。

>教えてください さん
残念ながら、9月中旬は一番何もない時期のように思います。Dリーグなどマイナーリーグも大学バスケも、シーズンスタートはNBAより後ですし、サマーリーグは7月、遅いところでも8月上旬です。あとはストリートの大会が何かその時期にあれば…ですが、夏休みが終わった後なので、そういったイベント系も可能性は低い気がします。

#ブログの内容と関係ないことは、次からは掲示板(この書き込みの私の名前のところにリンクしておきます)にお願いしますね。上の「Yoko's Locker Room Talk(ホームページ)」をクリック→BBSをクリック、でもいけます。

投稿: 陽子 | 2006年4月13日 (木) 00時26分

>コービー父といえば、プレイオフもアパッチの指揮をするのでしょうか?
>そろそろWNBAのキャンプも始まるので、それがちょっと心配ではあります。

追加情報です。
今週月曜にコービー父のLAスパークス正ヘッドコーチ就任が発表になりました(昨季最後は代行ヘッドコーチの肩書きだった)。そのときの情報によると、スパークスのキャンプ(来週スタート)にはアパッチのプレイオフが終わってから、約1週間遅れで合流するとのことでした。

投稿: 陽子 | 2006年4月20日 (木) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/9252378

この記事へのトラックバック一覧です: March Madness:

« 感情を表に出す、ということ | トップページ | dragon tail »