« ヒド… | トップページ | 感情を表に出す、ということ »

2006年3月 2日 (木)

ミステリー・マン

 スポイラ(Sports Illustrated)のサイトに、クリス・ケーマンの記事が出ていた。タイトルが"Mystery Man"。ケーマンの、つかみどころがない雰囲気がよく出ていて、面白い記事だった。…と思ったら、きのうはSLAMもケーマンの取材に来ていて、なんだか、いきなり人気者。確かにあの髪型といい、かつてのランビスのようにカルト的な人気者になる要素はあるかも。

 そのケーマンがきのうの試合の途中、私の隣の席にやってきた。クリッパーズの試合では、私はラジオ放送席のすぐ隣に座ることが多いのだが、きのうもその定位置だった(ちなみに席はクリッパーズが指定してくる)。現在足首の捻挫で欠場中のケーマンが、2Qにラジオのゲスト解説をすることになって隣の席にやってきたのだ。手に持っていたのは茶色のビン。「まさか、欠場中とはいえ試合中にビール?彼ならやりかねない…」と思ったのだけれど、あとから空瓶(飲み終えた空瓶をケイマンは目の前のカップホルダーに逆さに立てて残していったのだ)をじっと見たら、ルートビアだった(ルートビアを知らない人のために念のため、ノンアルコールの飲み物です)。「一瞬でも疑ってごめんよ~」と、あとから心の中で謝っておいた。

 しかし、ケーマンは背は高く、ちょっと風変わりではあるけれど、それ以外は本当に隣のお兄ちゃん風。彼がやってきたとき、私はパソコンを広げて急ぎのメールの返信を書いていたのだけど、それを横から覗き込んで、「日本語で打ち込んでいるの? ワオ!」と素の反応。
 クリッパはケーマンに限らず、こういった隣の兄ちゃん風の選手が多いというのが魅力のひとつだと思うのだけど、実は、とある若手クリッパの選手が本当にうちのご近所さんだという事実が判明。同じコンドミニアムに2ヶ月くらい前に引っ越してきたのだそうだ。確かに来季からできる専用練習場にはかなり近いし、街としてはクリッパーズ選手が何人か住んでいるという話は聞いていた。しかし、このコンドに住んでいる選手がいるとはね。

|

« ヒド… | トップページ | 感情を表に出す、ということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/8918821

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリー・マン:

« ヒド… | トップページ | 感情を表に出す、ということ »