« dragon tail | トップページ | An exciting day »

2006年4月21日 (金)

"Inside Man"

P1080729s  レイカーズの練習を取材。レイカーズはたっぷり2時間を超える練習とフィルム・セッションで日曜からのフェニックス・サンズ戦に備えた。
 レイカーズのこのシリーズのテーマは「インサイド」。アスレティックなサンズと走り合いのゲームをするのではなく、全体にサイズが小さいサンズと対抗するためにインサイドにボールを集めて攻めようというわけだ。レイカーズのインサイド一番手に成長したクワミ・ブラウン(写真)だけでなく、ラマー・オドムもコービー・ブライアントも、とにかく徹底してインサイドから攻める作戦。
 そのメッセージをチームに伝えるために、ジャクソンはレイカーズのプレーの合間にスパイク・リーの新作映画"Inside Man"のクリップを挟み込んだ映像を用意、選手に見せた。"Inside Man"は、銀行強盗を扱ったサスペンス映画。大事なのは内容よりもとにかくそのタイトルなのだろうけれど、オドムは、「シリーズを盗むことができればいいよね。どうせ誰も僕らが勝つとは予想していないんだろう?」と、きっちり銀行強盗にも結びつけたコメント。こういった使えるコメントを頻繁にしてくれるオドムは、地元メディアの間でも人気者である。

|

« dragon tail | トップページ | An exciting day »

コメント

見た映像をすぐにコメントに反映するところを見ると、オドムって賢い人なのかな。とっさにそう思いました。
NBAもプレイオフがスタートしましたが、bjリーグも週末2日間ですがプレイオフです。
何もかもが初めてのことで、どんなことになるのか。
とにかく大阪に初代チャンピオンを。と、みんなで応援しています。

投稿: クニー | 2006年4月26日 (水) 17時38分

オドムは頭の回転、速いと思います。話し方は、どちらかというとのんび~りとしていて、とてもNY育ちには思えないんですけれど。

ちなみに、現在上映中で、入手しにくいはずのInside Manの映像はフィル・ジャクソンの恋人でもあるジニー・バスがハリウッド筋に頼んで手に入れたようです。

投稿: 陽子 | 2006年4月29日 (土) 14時20分

第3戦をBSで見たのですが、ブラウンを筆頭に
レイカーズはインサイドをうまく使ってるなあと思いました
あとガードのパーカーが目立ってましたねwとにかく元気がよかった笑)彼はもともと2番のプレイヤーなのかな?

投稿: シャチ | 2006年4月30日 (日) 03時46分

サンズはアマレはもちろんのこと、カート・トーマスが故障でプレーできないのが痛いですね。あのインサイドだと、たとえ1回戦を勝ち抜いても、クリッパーズのフロントに圧倒されそうです。

パーカーは、私が見てきた中ではいつも1番をプレーしてました。もともとがNYのストリート系の選手なので、2番っぽいように見えるのかも。

投稿: 陽子 | 2006年5月 4日 (木) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/9708583

この記事へのトラックバック一覧です: "Inside Man":

« dragon tail | トップページ | An exciting day »