« Mirror Match | トップページ | アリーナ名 »

2006年5月25日 (木)

幻のホールウェイシリーズ

P1120658s_1 P1120664s

 NBAプレイオフはすでに四強の争い(カンファレンス・ファイナル)に突入しているけれど、先に進む前に、LA在住ライターとしてはこのことを書いておかなくては。

 タイトルにあるホールウェイ(Hallway)とは廊下のこと。つまり、ホールウェイシリーズとは「廊下シリーズ」だ。1回戦でレイカーズが敗れてしまったために幻と終わってしまったLAチーム同士の対戦が実現していたらつけられていたはずの名称だが、サブウェイ・シリーズやフリーウェイ・シリーズに比べると、なんともカッコ悪く、笑える名前である。何しろ、レイカーズとクリッパーズは同じステープルズ・センターをホームにしているから、両チームの間にはサブウェイ(地下鉄)もフリーウェイ(高速道路)もなく、両チームのロッカールームの間にあるのは廊下だけなのだ。
 プレイオフの1回戦、クリッパーズがナゲッツを簡単に片付け、レイカーズがサンズ相手に3勝1敗と王手をかけたころから、LAでは一気にこの「ホールウェイシリーズ」実現に対する期待感が高まり、噂ではすでに「ホールウェイシリーズ」Tシャツまで作られていたらしい。
 結局、レイカーズがサンズに5、6、7戦と3連敗してホールウェイシリーズは実現せず。でも、今シーズンのように両チーム揃ってプレイオフに出て入れば、いつか実現するだろうし、今年作られていたというTシャツもそのときにお蔵から取り出されて日の目を見ることもあるかも!?

 ところで、もしホールウェイシリーズが実現していたとしたら、どうでもいいけれど気になることが2つほどあった。

(1) ホームコート・アドバンテージ?
 今シーズンの対戦となったら、ホームコートアドバンテージはクリッパーズにあった。とはいえ、どちらも同じステープルズセンターがホームコートなわけで、両チーム選手ともにホームゲームの感覚で自宅から通える。ロッカールームも、両チームともにホームチーム仕様の、いつも使っているロッカールーム。違うことといえば、フロアのデザインと、シーズンチケットホルダーのファンと、PAアナウンサーくらい。クリッパーズのエルトン・ブランドは「ホームフロア・アドバンテージ」なんて言っていたけれど、シーズンチケット・ホルダー以外の席は両チームのファンが入り混じって買っただろうし(※)、いつものプレイオフほどホームコート・アドバンテージがないシリーズになったかもしれない。

(※ちなみに、先に1回戦を勝ち抜いたクリッパーズは、対戦相手が決まる前にカンファレンス・セミファイナルのホームゲーム・チケットを発売したのだが、なんと10分で全部売り切れたらしい。この中にはレイカーズ・ファンもたくさんいたはず。クリッパーズ・ホームのチケットを買うほうが、同じ席でもチケット代は安くてすむしね)

(2) 遠征手当(食費)
 NBA選手はふだん遠征に出たときには、チームから食費手当が支給される。この額は労使協定によって決められていて、2005-06シーズンは1日102ドルだ。ちなみに内訳は朝食が18ドル、昼食が29ドル、夕食が55ドル。
 それでは「ホーム」にいながら「アウェイ」のホームウェイシリーズでも、ロードゲーム扱いの試合ではこの手当が支給されるのだろうか? そう聞かれたエルトン・ブランドは"I hope so"と、希望的観測のコメントをしていたけれど、実はこの答えはNO。
 食費手当がもらえるのには条件があり、遠征先のアリーナが、ホームアリーナから75マイル(120km)以上離れていること。当然ながら、同じアリーナを使っているこの2チームの場合は×というわけだ。(ちなみに、この条件だと、ニックスとネッツの間の試合も食費手当はなしである) ま、日本円にして億単位の年俸をもらっているNBA選手からしたら、たいした違いではないかもしれないけれど、でも、生活が苦しくなくても、こういう手当が欲しいのが人情というもの、のようだ。

 でもよく考えたら、こういったことはレギュラーシーズン中の両チームの対戦でもわかっていることなわけで、食費手当が出ないということはブランドもわかっていたと思うのだけれど…。

|

« Mirror Match | トップページ | アリーナ名 »

コメント

いつもはレイカーズの応援に必ず顔を見せるあの人ジャック・ニコルソンが、
今回はクリッパーズの応援に来ていたのがおもしろかったです。
L.A.が好きなのかな・・・そんな気さえしました。

クリッパーズはいいチームになりましたね。
HOOPの記事・・・キャセールを見て、笑っちゃいました。
いつも笑顔の彼。バスケが楽しくって仕方ないのでしょうね。
私は、リビングストーンが気になりました。

投稿: クニー | 2006年5月26日 (金) 03時52分

HOOPのクリッパーズ記事、はやしさんのイラストがかわいいですよね。当のクリッパーズ選手たちも、あのイラストはけっこうお気に入りで喜んでいたそうです。

リビンストンは才能ある選手で、クリッパーズの将来のスターなのですが、最大の問題は怪我。怪我なくシーズンを送ることが来シーズンの課題だと思います。

ニコルソンは、LAではなくわざわざフェニックスまで行っての観戦ですからね>ニコルソン。映画監督でクリッパーズ・ファンのジェイムス・ブルックスに誘われて行ったのだそうです。「彼のおかげでオスカーを2回もらえたのだから、彼のためなら何でもやる」と言ってました。

投稿: 陽子 | 2006年5月26日 (金) 20時58分

も少し線を太くしてペネトレイトできるようになってアウトサイドのジャンパーも磨けばスターの仲間入りできそうです。
センスはほんと抜群ですよね。
彼のマークマンは本当に守りずらそうにしてます。
ただ体がまだまだNBAレベルじゃないし、シェシェフスキーの元でPGとしてゲームを学びつつ体を造ったほうがよかった気もしないでもないです。
ダンリビーもキャセールもリビングストンが気に入ってるみたいだしうまく育つといいですね。

リビングストンの長身のパスセンスはマジックにレブロンがピストンズ時代のヒルのアスレチックバージョンだMJ二世だの言われますが、個人的には早くオラジュワン二世をみたいです。
ドリームシェイクは芸術品だったなぁ。

投稿: 歩歩 | 2006年6月 4日 (日) 05時47分

歩歩さん
お返事が遅くなってしまいました。オラジュワン2世(という言い方はあまり好きではないのですが)は、個人的にはドワイト・ハワードあたりかな~と思ってます。ハワード、ファイナルの3戦、4戦ではNBA TVに雇われてレポーター役もしてまがまだ初々しい…! ファイナルの場を目の当たりで見て、試合後に選手にインタビューもして、きっといろいろと感じて吸収しているはず。

投稿: 陽子 | 2006年6月17日 (土) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/10244729

この記事へのトラックバック一覧です: 幻のホールウェイシリーズ:

« Mirror Match | トップページ | アリーナ名 »