« An exciting day | トップページ | Mirror Match »

2006年5月 4日 (木)

Heat up!

P1120625s_1 P1120655s_1  写真は、サンズ対レイカーズ第3戦後(左)と第4戦後(右)のスティーブ・ナッシュ。よーく見ると、ジーンズは2日とも同じ。上に着ているシャツも、とっても庶民風。ドレスコード(服装規定)ができて、襟付きのシャツを着なくてはいけなくなってTシャツ姿というわけにはいかず、苦肉の策といったところ? ま、無理してスーツやジャケットを着るよりはこういうカジュアルな服のほうがナッシュらしい。

 さて、シリーズはレイカーズが3勝1敗と王手をかけたあと、あとがないサンズがホームで意地を見せて勝ち、現在レイカーズ3勝、サンズ2勝。これまでライバル関係とほどの出来事もなかった両チームということもあってか、コート上では熱い戦いで、選手同士がにらみ合ったり、怒鳴りあったりの場面はあるものの、いったん試合が終わってしまうとコメントなどにはあまり緊迫感がなかった。負けたあとも相手チームのプレーを褒めたりして、スポーツマンシップ的には優等生だけど、かつてのブルズ対ピストンズ、ブルズ対ニックス、さらにはブルズ対ペイサーズあたりのやりあいを見てきた私には少々物足りない感じ。
 何しろ、第4戦であれだけの熱戦に負けたあとの記者会見で、サンズのダントーニHCは「この負けはキツイ」と言いながらも、記者会見中笑顔で、「ディフェンスもできたし、ビッグショットも決めていた」と、チームとしてやるべきことができたことをあげたあと、「だからきょうは勝てた」とポロリ。言ったあとにすぐに自分で間違いに気づき、「おっと…。勝ったんじゃなくて、あと少しで勝てるところだった、だね」と、苦笑いをしながら言い直しするという場面もあった。

 そんな和やか(?)な両チームの間も、5戦目でラジャ・ベルが、ドライブインしてきたコービーの首のところに手をかけて投げ飛ばし、フレグラント・ファウルを取られたあたりをきっかけにヒートアップしてきた。コービーいわく、「あれはバスケットボールではなく、オクタゴンの中でやること」。格闘技に疎い私は最初、何のことかわからなかったのだけれど、UFCのリンクのことをオクタゴンって言うんですね。こういうコメントが出るところを見ると、コービーはプロレスファン?

 ま、この第5戦のあとも、記者会見にやってきたラジャが「肘鉄を何度も顔に受けて、つい過剰反応してしまった。その点では僕がいけなかった」と自ら非を認めたり、レイカーズのフィル・ジャクソンHCとコービーが「彼が第6戦、出場停止にならないことを願っている」と口を揃えて言ったり(理由は、全戦力が揃ったチームと戦って倒したいから)、やっぱりまだ、かつてのライリー対ジャクソンとは違って、感情むき出しのコメントまではいっていなかった。
 しかし、その空気を変えたのはTNTが3日、サンズの練習後にとってきたラジャのコメント。
「彼(コービー)のことは憎んではいないけれど、全然敬意は感じない。彼は気取った、傲慢な人間だからね」
 カメラがないところでのコメントだったらしく、どういう質問に対してこういうコメントが出てきたのかわからないのだが、とにかくLAでのレイカーズの練習場ではTNTのプロデューサーによって、このコメントがコービーに伝えられた。それまで、ラジャ・ベルのことを「彼はいいディフェンダーだし、ただお互いハードにプレーしているだけ」と言い、ラジャのフロップについても「それもゲームのうち」と言ってていたコービーだが、このコメントを聞くと一転。
「本当にそんなことを言っていたの? 過剰反応しすぎなんじゃないか? 僕は彼のことを考えたこともない。試合で対戦するだけの関係だ。彼のことは知らないし、知る必要もない。もしかして子供の頃にあまりハグしてもらえなかったんじゃないか? あまり自分に自信がないように思えるね」と皮肉っぽいコメント。

 取材を終えて、家に帰ってからTNTを見たら、やっぱり、この二人のコメントを交互に流し、対決ムードを盛り上げていた。テレビに仕掛けられた対決という感じがしなくもないけれど、サンズが追い込まれたこともあって、さすがに和やかムードは消えて、ヒートアップしてきた。問題は、そのヒートアップした雰囲気の中、どちらのチームがアグレッシブさを保ちながらも冷静でいられるか。中心選手以外はプレイオフ経験がない両チームだけに、そのあたりが勝負を分けることになりそうだ。

 ちなみに、ラジャ・ベルはチームといっしょにLAまで来ているものの、リーグから一試合(第6戦)の出場停止処分が発表されたため、第6戦の試合中はホテルで待機。ステープズセンターに来ることもできない。というわけで、このシリーズ中に再び二人のマッチアップを見るためにはサンズが6戦目に勝たなくてはいけないわけだ。

|

« An exciting day | トップページ | Mirror Match »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/9898270

この記事へのトラックバック一覧です: Heat up!:

« An exciting day | トップページ | Mirror Match »