« NBAファイナル・レポート(8) アロンゾの想い | トップページ | SPL(1) きょうの田臥(7/9) »

2006年6月28日 (水)

NBAファイナル・レポート(9) 18年ぶりの優勝

P1130663s  左は優勝が決まったファイナル第6戦前のパット・ライリー。このとき、ライリーは「7戦のことは考えていない。スーツは1着しか持ってこなかったし、ネクタイもこの一本しか持ってこなかった」と言っていた。もし今夜の試合に負けたら7戦の服はどうするのか、と聞かれ、「そのことは考えてもいない」ときっぱり。…というわけで、証拠写真として左の写真を撮ったわけなのだけれど、結局、ライリーの言葉通りにヒートはこの日で優勝を決め、ライリーが同じスーツを2回続けて着るところは見られなかった(第6戦に負けたら、たぶんダラスのアルマーニを扱う店が喜んで新しいスーツを提供したと思うけれど)。
P1130715s  そのかわりに見ることができたのはシャンパンで頭からずぶぬれのライリー(右の写真)。記者会見場に入ってくるなり、ネクタイを取ると、「もうこのネクタイは外そう。これ、e-bayで高く売れそうだな」とひとしきりネクタイを眺めていた。
 ライリーが前回優勝したのは、まだレイカーズのHCだった88年。その次のシーズンがヒートのNBA一年目だったのだから、ヒートが存続している間、ライリーはずっと優勝できなかったわけだ。実に18年。簡単なことのように思えた優勝が、実は簡単なことではなかったということに気づいた18年だったという。「優勝を追いかけ、追いかけ、疲れてしまった」とライリー。それだけに今回の優勝は、その前までのすべての優勝と交換しても手に入れたいくらい思いいれがあるという。表情も、本当に嬉しそうだった。

 それにしても、今回のファイナルは、依然としてライリー・マジックが健在だということを思い知らされたファイナルだった。ファイナル緒戦に負けたあと、ライリーは選手たちに、「6月20日に我々は優勝を決める」と宣言したのだという。ライリーの言葉通り6月20日に優勝。ほかにも、ライリーが選手をいかにまとめ、チームに自信を与えたかというエピソードは次々と出てくる。そういう話を聞けば聞くほど、この能力は、やはりコーチとして生かさなくてはもったいない。シーズン頭のコーチ交代のいきさつがどんなだったとしても、やはりライリーはコーチとしてサイドラインにいるべき人なのだと感じた。

 この下の写真も、そんなライリー・マジックのひとつ。これに関連した話は雑誌(7/5発売ナンバーW杯増刊4号)掲載のコラムで書いているので、ここでは省略。

P1130752sP1130745s

|

« NBAファイナル・レポート(8) アロンゾの想い | トップページ | SPL(1) きょうの田臥(7/9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/10712095

この記事へのトラックバック一覧です: NBAファイナル・レポート(9) 18年ぶりの優勝:

« NBAファイナル・レポート(8) アロンゾの想い | トップページ | SPL(1) きょうの田臥(7/9) »