« SPL(1) きょうの田臥(7/9) | トップページ | SPL(3) きょうの田臥(7/10) »

2006年7月10日 (月)

SPL(2) Japan connection

 2年くらい前から、SPL(Summer Pro League)でプレーする日本人選手が増えてきた。今年もエージェントチームでプレーした日本人が5人いた。そのほかにSPLのトライアウトを受けた日本人も何人かいたらしい。
 そういえば、今年SPLでプレーしている5人は偶然ながら、全員がそれぞれチームのトライアウトを受けるなど、SPLトライアウトを受けずに直接チームに入っていた。SPLトライアウトは300ドルだか350ドルだかの料金がかかるだけに、こうやって直接チームに入れれば金銭的には節約できる。ただしこれまでのアメリカでの経験などによるツテがなければ、直接チームに入るのも簡単ではない。


(注) 同じSPLで試合をしているが、エージェントチームとNBAチームはまったく別。今年NBAチームでプレーしている日本人は田臥、日本でプレーしていたアメリカ人もパーキンズだけ。そのほかの選手はエージェント・チームのメンバーとしての出場だ。同じ会場で、しかも続けて試合が行われているので混乱しがちだが、NBAチームとエージェントチームははまったく別のリーグの扱いで、NBAチームとエージェントチームが対戦することはなく、レベルも違う。エージェントチームのほうに、ボー・アウトローやペニー・ハーダウェイのようなNBAのベテラン選手が、夏のお楽しみで出場することはある。エージェントチームも決してレベルが低いわけではないが、NBAのサマーリーグに比べて組織プレーはあまり期待できず、選手個々の能力による試合の場と考えていたほうがいい。組織プレーで実力を発揮する日本人選手は、このSPLでアメリカ・バスケットボールの洗礼を受ける。

 このSPLはまた、日本のチーム(JBL, bjリーグ)が外国人選手をスカウトする場ともなっており、期間中は多くのコーチがここを訪れている。日本だけでなく、アジアでは韓国のスカウトもかなり熱心に毎日訪れていた。ヨーロッパのトップクラスはNBAサマーリーグのスカウティングをしているが、少し下のほうのリーグはエージェントチームのスカウトもしている。さらに、そういったチームに自分の契約選手を売り込むエージェントも大勢いる。さらに、審判にとってもトレーニングの場となっているので、審判のディレクターも審判の一挙一動をじっと見て、採点したりアドバイスしたりしている。エージェントチームの試合のとき、会場を見渡すと観客の8割くらいはそういった関係者だったりする。

◎今年のSPL(エージェントチーム)に参加した日本人選手と、昨季日本でプレーした選手(( )内は昨季の所属チーム)
Carson Buzz
栗原祐太、倉澤健二
P1130867s


Team Game

澤岻直人(アイシン)、ウィリアム・ピッペン(東京アパッチ)

    (ただしピッペンは途中でチームを離脱)
P1130920s_1


Hoosier Daddy

ジャック・ハートマン(大分ヒートデビルズ)
P1130869s_1
マット・ギャリソン、アントニ・ワイチ、佐藤公威(新潟アルビレックス)
P1140572s P1140583s

LA Stars
マット・ギャリソン、アントニ・ワイチ、佐藤公威(新潟アルビレックス)

(ギャリソンとワイチは二チーム掛け持ち。佐藤は終盤の数試合で両チームに合流)

Next Level Atheletes
岩佐潤
P1140452s_1

審判
大河原則人(bjリーグ)

 (一番上の写真の左側にも写ってます)
P1130836s

(7/18、写真を加え、文章を追加しました)

|

« SPL(1) きょうの田臥(7/9) | トップページ | SPL(3) きょうの田臥(7/10) »

コメント

アルビの3人もいますね! 特に佐藤がどんなプレイをしたのか気になります。活躍しましたか? 数試合だけだったけど何かを掴んでbj2シーズン目に活かして欲しいです !

投稿: 新潟事変 | 2006年7月18日 (火) 21時49分

bjリーグでプレイした選手も頑張っているのですね。
この経験を日本国内のバスケ人気拡大に繋げて欲しい!

*Yokoさん、ジャック・ハートマンは大分ヒート「デビルズ」ですよ^^
このように一般メディアでは知ることのできない情報がとても嬉しいです。

投稿: なおゆき | 2006年7月18日 (火) 23時52分

佐藤選手、私が見た17日の試合では積極的にいいプレーの連続でした。実はこれには裏話があって、澤岻選手が観客席から「そうだ、そこでシュートだ!」「行け!」「笑顔、笑顔!」などと、盛り上げるような野次を飛ばしていたんです。試合に出てきたときにはかなり硬い表情だった佐藤選手でしたが、この野次に乗せられるように積極的なプレーをして、それがいい結果を生み出していました。盛り上げたほうの澤岻選手は、「ヤバッ! 俺より活躍している」と苦笑していましたが。

なおゆきさん
ご指摘、ありがとうございます。早速直しておきました。ヒートウェイブは、フレズノにあるABAチームの名前でした(苦笑)

投稿: 陽子 | 2006年7月19日 (水) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/10872904

この記事へのトラックバック一覧です: SPL(2) Japan connection:

» アメリカで活躍する日本人 [世界NO.1バスケ世界選手権・Street Pride / vinko]
サマーリーグの試合開始のジャンプボール 【世界バスケ選手権】が日本で開催されるまで、あと30日!各国のバスケ・チームが一堂に会す【バスケの祭典】!日本には日本のバスケ事情、他国には それぞれの国のバスケ事情があり、それを背負って、この世界バスケに臨んで来ま... [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 05時54分

« SPL(1) きょうの田臥(7/9) | トップページ | SPL(3) きょうの田臥(7/10) »