« Team USA (4) 一次合宿終了 | トップページ | Team USA (6) 15人決定 »

2006年7月25日 (火)

Team USA (5) 赤丸急上昇中

P1140639s_2   レブロンやウェイドが活躍するのは当然として、それ以外に一次合宿でコーチや選手の間での評価が意外と高かった選手のひとりが、昨季の新人王、クリス・ポール。きょうの最終スクリメージでも、レブロン、カメロといっしょに白チームでプレーしていたが、堂々としたもの。まだ21歳、チームでも下から二番目の若手だが、この世界選手権で鍵となる活躍をしそうな予感。

 そのポール、実は生まれてこのかた、まだアメリカ大陸から出たことがないらしい。2年前にヤングメンの米代表としてプレーしたというのでてっきり海外遠征の経験があるだろうと思っていたら、2年前(ヤングメン・アメリカ大陸予選)はカナダが開催地。NBAの試合でもトロント(カナダ)に行くからパスポートは持っていたらしいが、アメリカ人にとってカナダは外国というほどの異国でもないから、言ってみれば今回が初の海外旅行。かな~り楽しみにしているようだ。

 ポールのエピソードをもうひとつ。この一次合宿中、選手たちは夜な夜な、カジノにはいかず、かわりに誰かの部屋に集まってカードをしたり、ビデオゲームをしたりして遊んでいたらしい。ポールもその中に混じっているのだが、カード(トランプ)になると「一抜けた!」になるのだという。その理由はといえば、「だって、彼らが賭けているお金はルーキー契約の僕には高すぎるからね。家でもカード(トランプ)はよくやっていたけれど、いつも一手10ドルだったよ」とポール。それを聞いたアリーナス、「ロイ(ROY=Rookie of the Year=新人王)は最高額の契約確実なんだゼ」と茶々。そんな誘惑にも負けず、今夜もカードゲームになると、堅実に見学にまわるポールなのだった(たぶん)。

----
P1140778s  カメロ・アンソニーも、一次合宿でのコーチの評価が高かった。最初に23人が発表になったときには当落線上ギリギリと言われていたけれど、この合宿の間に当確に急上昇だ。
 Team USA (3)ではカメロ・ファンを少し不安にさせる(?)ようなことを書いたけれど、きょうの練習後にはウェイドとカメロで楽しそうに&真剣にシューティングゲームをしている姿を目撃。上に書いたカードゲームにも参加しているようだし(逆にウェイドはこういう集まりには顔を出さないらしい)、決して仲間はずれというわけではないようだ。最初からチーム当確でリラックスしていたウェイドやレブロンに対して、チーム入りのためにコート上で証明しなくてはいけなかったカメロは、二人といっしょになってリラックスしている余裕がなかったのかも?

|

« Team USA (4) 一次合宿終了 | トップページ | Team USA (6) 15人決定 »

コメント

クリス・ポール、ルーキー時に受ける【NBA新人研修】の効果があったようですね(笑)。とても堅実です。確か、「誘惑に乗ってはいけない」「むやみに夜の街をウロつかない」など、色々な問題を引き起こす前に研修があったハズ。

そしてアリーナスのオチャメっぷりも、アリゾナ大以来 変わらず…のエピソードですね。

カーメロの件、安心しました(笑)。プライベートがプレイ面に影響あるのは嫌ですし、代表に選ばれる選手達は、それなりのプロ意識を持って、仲間にいれてコミュニケーションを取っていく…くらいの気持ちであって欲しいです。

そういう立場のことは、「シェーン・バティエ」が巧そうですね。彼には最後の12人に入ってもらいたいです。コーチKですし…。

投稿: vinko | 2006年7月27日 (木) 10時02分

ポールと話していると、彼にはずっとこのまま変わらないでほしいな~と思います。キラキラした目で、こっちの質問も真剣に聞いてくれるんですよ。アリーナスやウェイドなど、年上の選手たちのお気に入りなのも納得です。

カーメロの件はまわりが仲間に入れないというより、カメロの気持ちの問題だったのでしょう。と言っても深刻なことではなく、何しろ、彼、かなり気合が入ってますから。

投稿: 陽子 | 2006年7月30日 (日) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/11094260

この記事へのトラックバック一覧です: Team USA (5) 赤丸急上昇中:

« Team USA (4) 一次合宿終了 | トップページ | Team USA (6) 15人決定 »