« 中国、崖っぷち | トップページ | Pau Tambien Juega »

2006年8月24日 (木)

sayonara

 D組予選ラウンドの間、きたえーるの両エンドライン側に取り付けられた大スクリーンで、試合の合間に世界バスケのプロモーションビデオが流されていたのだが、そのクリップの最後でプエルトリコのカルロス・アローヨが「サヨナラ。See you in Japan」と言っているのが気になってしかたなかった。どう考えても「サヨナラ」という言い方はオカシイ。おそらく英語の“See you”を日本語で何と言うか聞かれた人が、「またね」のほうではなく「サヨナラ」選んでしまったのだろうけれど、これじゃ、日本に来る前から別れを告げられているようだ。…なんて言っていたら、プエルトリコは本当に「サヨナラ」になってしまった。

 波乱の最終日@D組は、中国が大逆転ブザービーター3ポイントでスロベニアを下した試合から始まった。そこまで不発だったガードのワン・シペングの3ポイントがゴールに吸い込まれると、中国の選手たちは歓喜で抱き合い、中国人メディア応援団も狂喜乱舞だった。対するスロベニアはお葬式のよう。ミックスゾーンでコーチの一人がスロベニアの記者たちの取材を受けてはいたけれど、それ以外は記者会見もコーチ、選手ともに行かず、ミックスゾーンでもほとんど誰も話していなかったと思う。ガード選手2人を除いて、全員がさっさとバスに乗ってホテルに引き上げていったらしい。

 とはいえ、スロベニアにはまだチャンスが残されていた。細かい説明は省くが、要はプエルトリコ対イタリアでプエルトリコが勝てばプエルトリコがグループ3位、負ければスロベニアがグループ3位で決勝トーナメント進出。中国はどちらにしても4位決定なので、スロベニアやプエルトリコにとっては3位(決勝トーナメント進出)か5位(予選敗退)のどちらか、だったのだ。
 イタリア対プエルトリコ戦、実力的に見ればイタリアのほうが上。とはいえ、イタリアは勝っても負けても順位が変わらないのに対して、プエルトリコにとってはがけっぷちの1戦で、当然気合が入っている。そんなわけで、試合は最初から最後まで接戦。しかし、残り1分余り、イタリア3点リードの場面で速攻に飛び出したアロヨはトラベリングを取られてしまった(試合後のアロヨいわく、「あれはファウルだった」とのこと)。最後ブザービーターで狙ったアロヨの3ポイントが外れて、プエルトリコの予選敗退が決まった。
 試合後に知ったのだが、実はこの世界選手権はプエルトリコのトロHCにとって最後の代表監督大会だった。私がこれまで見てきたプエルトリコはいつもトロHCとアロヨがセットだっただけに感慨深い。プエルトリコにとってひとつの時代が終わった。

 

|

« 中国、崖っぷち | トップページ | Pau Tambien Juega »

コメント

僕は22日、D組の予選ラウンドを観戦しにいきました。
今回、生まれて初めてNBAレベルの選手のプレイを見ることができて本当に感動しました。
ヤオ・ミンは今まで反則的な高さという印象しかなかったんですが、ポストでボールを貰ってからのターンの早さには驚きました。さすがNBAのトップセンターといった感じでした。

そしてアメリカチームはやっぱり派手でした!!
レブロン、ウェイド、カーメロのスターだけでなく、クリスポールのパスや、エルトンブランドのパワフルなプレー、そしてハワードのブロックショットなどのオンパレード。
また、ディフェンスも激しく、シェーン・バティエーは素晴らしい働きをしていた気がします。
ただ、オフェンスはチームオフェンスというよりも、個々の力で局面を打開する場面が多かった気がしました。

明日からの決勝ラウンドが楽しみです!!

投稿: しゃみ | 2006年8月25日 (金) 00時34分

初コメントさせていただきます。

今回の世界選手権、アメリカでも注目度はイマイチ上がってきていないのですが、実際日本での盛り上がりや注目度はどうなんですか?日本でのプロモーションがどんな感じなのかも、気になります。

ちなみに今日のESPN SportsCenterのTop10PlayのNo1は、バスケ世界選手権から中国のブザービーター3ポイントでした。

投稿: usadream | 2006年8月25日 (金) 04時06分

>usadreamさん
いち日本国民としての印象ですが、盛り上がりは薄いと思います。
NBAファンや外国人の友人は注目していますが、その他の友人は開催していることもあまり知らないです。
これは日本のチームが早々に敗退したことも原因だと思いますが。
スポーツニュースでも序盤で扱う話題ではなく、後半にちょろっとハイライトと結果を流すといった感じですね。

投稿: しゃみ | 2006年8月26日 (土) 16時52分

お久し振りです

あの「サヨナラ」が、アローヨを決勝リーグ進出から遠避けたのですかね・・・会場で中学生の息子に自慢げに「さよなら、って変じゃなぃ?」と説明しました。f^^)

27日、ドイツvs.ナイジェリアのラスト2秒を生で観ました。アルゼンチンvs.スペインの準決勝の次に手に汗握る試合だと自分の中では思ってます。

ただ、ドイツはグループラウンドの最終戦:アンゴラとの3OTで勝つ必要があったのか、不思議に思っています。決勝リーグの組み合わせがおよそ見えていただろうからアメリカとの対戦を「避ける」策もあったのではないかと・・・

投稿: kawashiman | 2006年9月 9日 (土) 21時05分

皆さん、書き込みどうもありがとう。お返事が遅くなってすみません。

日本での世界選手権、確かに期待していたほどの一般の盛り上がりはなかったかもしれませんが、それでも新聞のスポーツ欄には毎日記事が載っていたし(テレビのことばかりが話題になりますが、紙媒体(新聞・雑誌)に書いている私としては、もっと紙媒体にも注目して~という思いもあったりします(笑))、会場で世界のバスケを堪能したファンが大勢いたし、日本のバスケットボール界にとっては大きなイベントだったと思います。大会で広められなかった分は、この大会でそれぞれの人たちの心に残ったものを育て、広めていくことで補えればな~と思う私はちょっと楽観的すぎでしょうか。

>ドイツはグループラウンドの最終戦:アンゴラとの3OTで勝つ必要があったのか、不思議に思っています

広島での予選は取材していないのでまったくの想像ですが、今年のドイツにはそこまで先を考える余裕はなく、まずはフランスを避けることが優先だったのかも。

投稿: 陽子 | 2006年9月23日 (土) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/11594905

この記事へのトラックバック一覧です: sayonara:

» スロヴェニア!!歴史を創る…札幌の戦い… [黄金の国の戦士達…]
綴っておきたいことが余りにも多い…“運営ボランティア”ということでスロヴェニアチーム関係のことを担当させていただき、彼らの様子を、札幌に居た―彼らは14日に札幌に着いて練習やミーティングを重ねていたが、私は19日から24日まで…―期間の殆どを見守っていたことに....... [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 06時31分

« 中国、崖っぷち | トップページ | Pau Tambien Juega »