« sayonara | トップページ | 「日本風味」 »

2006年9月 3日 (日)

Pau Tambien Juega

P1160224s  世界選手権最終日から、少し前に戻りました。長くて濃い2週間で、札幌のことはすでに遠い昔のことのよう。埼玉に移ってからは毎日やることが詰まっていて、このブログも札幌最終日以降まったくアップできず…(スミマセン)。このあと1週間、今度は締め切りでかなり厳しい毎日になりそうですが、自分の記憶を呼び起こすためにも、少しずつ振り返っての話をアップしていきたいと思ってます。

 さて、きょうの決勝戦からのトピックはこれしかないでしょう。このTシャツ、何だかわかりますか? きょうのタイトルにも使ったこのスペイン語、「パウも僕らといっしょにプレーする」という意味だそうです(Tambien=「も」、Juega=「プレーする」)。このTシャツ、スペイン選手たちがコートに入ってきたときにユニフォームの上に着ていたもの。2日前のアルゼンチン戦で右足小指を骨折したパウ・ガソルがきょうの決勝に出られないとわかってから作ったものなのでしょう。まさにこの言葉の通り、スペインの選手たちはパウの分もハッスルして決勝戦に圧勝。世界選手権金メダルを獲得しました。松葉杖のパウは、片足でピョンピョンと跳び上がったり、チームメイトと抱き合ったり大忙し。彼が跳び上がるたびに、メンフィスでは心配でしかたなかったはず。

P1160311s_1 (右の写真は弟のマルクに肩を借りてメダル授与を受けた直後。このマルクが、きょうは勝利に貢献する活躍で、言って見れば、出来すぎの人情モノのような試合でした)

 ちなみに、スペインではこの世界バスケが大盛り上がりだそうで、準決勝の視聴率はW杯に次ぐ高視聴率(29%)だったとのこと。決勝は日曜の昼だったし、おそらく、さらに高い視聴率だったのではないでしょうか。スペイン国内4ヶ所でパブリック・ビューイングが行われていたとも聞きました(このあたりのスペイン情報は、すべて大会中にスペインのテレビ局のお手伝いをしていたSさんからの情報です。多謝!)

|

« sayonara | トップページ | 「日本風味」 »

コメント

とうとう終わってしまいました。
なんだか早かったな・・・そんな気持ちで表彰式を見ました。
ガソルは骨折だったのですね。
決勝戦は出たかったでしょう。でも、立派なMVP。
涙が印象的でした。
再放送もあります。また、DVDがたくさん増えそうです。

選手のみなさんは、日本を楽しんでいただけたのかな・・・
いまは、そんな思いでいます。
取材、お疲れさまでした。書かれる記事を楽しみにしています。

投稿: クニー | 2006年9月 3日 (日) 22時42分

今回は山ほど記事書きました。HOOPに少しと、あとは月刊バスケットボールの臨時増刊にたくさん。私の担当はアメリカ中心でしたが、他の方が他国についてもたくさん書いてくれています。再放送のオトモにぜひどうぞ。どちらも25日発売です。

投稿: 陽子 | 2006年9月23日 (土) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/11753114

この記事へのトラックバック一覧です: Pau Tambien Juega:

« sayonara | トップページ | 「日本風味」 »