« トライアウト | トップページ | マツザカ »

2006年10月29日 (日)

レイカーズに日本人選手!?

P1170119s_2  レイカーズのプレシーズン試合で、黄色のレイカーズ・ホーム・ユニフォームを着た日本人選手を発見。スタンドで応援する一ファンではなく、ステープルズセンターのフロアで、観客の前でプレーしてました。エイプリルフールではなく、本当の話。

 ?????

 この日本人選手、名前は廣瀬昌之。ユニフォームの背中にも、ちゃんと「MASAYUKI」と入ってます。チームのポイントガードで、背番号はなんと24番! ん? 24はコービーの新しい番号のハズ。

 ?????

P1170110s_2  種明かしをしましょう。廣瀬さんのチームの正式名称はFast Breakin' Lakers Wheelchair Team。レイカーズがスポンサーとなっている車椅子バスケットボール・チームです。レイカーズ戦のハーフタイムで、チーム内のスクリメージを見せていました。最近、レイカーズに入ったという廣瀬さん、通いやすいチームに申し込んだところ、たまたまそれがレイカーズだったのだとか。シーズン中も何度かハーフタイムにスクリメージが見られると思うので、レイカーズの試合を見に行って、ハーフタイムにFast Breakin' Lakersが出てきたら、背番号24の廣瀬さんをお見逃しなく。

|

« トライアウト | トップページ | マツザカ »

コメント

NBAチームがスポンサーとなる車椅子バスケットボール・チームは複数あると、日本のイスバス選手から聞いていました。ナゲッツやマジックなど色々とあるようですね。アメリカでは、イスバスは【スポーツ】として認知されていて、D1、D2と存在し、D1は狭き門だとも聞いています。

あと、チェアウォーカー(車椅子使用者)はプライドを持っていて、映画館などで「障害者割引」などをされていると「逆・差別だ」と言って、正規の値段を支払って入場するとか。「障害者扱いするな」と。全員が全員では無いにしても、当事者に そういった意識が有る事と、国の障害者スポーツの位置づけとは、何か関連性があるような気がします。

日本は、プレイする側は意識改革が進んでいるものの、観る側とメディア側の大半は まだまだ偏見が多いのが実情で残念です。

話かわりますが、本日(11月19日)のレイカーズvs.ブルズ戦で、ジャックニコルソンなどに並んで、60億円プレーヤーの松坂投手がピンで抜かれていて紹介されていましたね。「だいすけ」とは言いにくいようで「ダイスキ・マツザカ」と、たどたどしい日本語でテレビにて紹介されていました(笑)。

投稿: vinko | 2006年11月19日 (日) 20時49分

vinkoさん。ちょうど今、そのマツザカ選手の話をアップしたところです。

投稿: 陽子 | 2006年11月19日 (日) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/12469664

この記事へのトラックバック一覧です: レイカーズに日本人選手!?:

« トライアウト | トップページ | マツザカ »