« Zoom Kobe II 記者会見 | トップページ | NBAオールスター 2007 »

2007年1月31日 (水)

スラムダンク奨学金(2)

 スラムダンク奨学金(1)の続き。今回は、この奨学金を私が個人的に応援する理由を書いてみようと思う。

 たとえば田臥勇太がアメリカ留学を考えたときにこの奨学金があって、1年間英語を学ぶ期間に奨学金をもらうことができていたらどうなっていただろうか。
 実は田臥のところにもD1の大学からのオファーはあった。しかし、最終的にはそのD1の大学では英語を学ぶ最初の年の奨学金が出ないということが決め手となり、田臥はD2の学校(BYUH)を選んだ。
 もし、その一年の準備期間をプレップスクールで過ごすことができていたら、そのための奨学金を出してもらうことができていたら、その間に英語力をつけることができ、アメリカの生活にも慣れ、さらにバスケットボール面でもD1の多くのチームにアピールし、さらに多くのオファーを得ることもできたのではないだろうか。

 思えば、田臥勇太、北郷謙二郎がアメリカのD2の大学に留学したのはすでに8年も前のことだ。当時、「これで日本の高校トッププレイヤーたちがアメリカの大学を目指す流れができるかも」と思ったのだが、実際にはあとに続く選手はいなかった。
 おととしの秋にKJこと松井啓十郎がD1のコロンビア大に入り、去年秋には伊藤大司もD1のポートランド大に入ったが、彼らは高校からの留学組。彼らは彼らで日本の人たちに道を示してくれているが、「日本の高校トッププレイヤーの留学」ではない。
 女子選手では中村学園の中山明日実選手が今シーズンからユタバレーステイト大でプレーしているが、男子選手で日本の高校からD1に入った選手は、私が知る限りではいない。

 この数年、大学を出たあとにアメリカ挑戦をする日本人選手たちを見てきて、出てくるなら大学後ではなく大学で出てきてほしいと常々思っていた。アメリカのマイナーリーグは日本にいては想像がつかないほど厳しい世界だ。レベルの問題だけではない。いろいろな面での不安定さ。日本人選手にとっての一番の問題である就労ビザの問題。ビザなしだとサラリーもあてにできないし、アルバイトもできないのだから、プロになって儲けるどころか、日本から持ってきた資金は減るばかり。そして最終的にチームに所属できなかったときの行き場のなさもつらい。

 それに比べて、大学ならアメリカ中に様々なレベルの大学があり、様々なスタイルのチームがある。選択肢が広いのだ。しかも奨学金をもらうことができれば、大学の授業料もかからずにすむ。もちろん、遠征の費用や、遠征中の食費もチームから出る。下手するとマイナーリーグ選手よりもお金をかけずに生活できる。

 ただ、日本人選手にとって壁となるのが英語。成績が一定以上でないと大学ではプレーもできないのだから、英語力をつけることは大学選手となることの前提条件でもある。さらに、自分のレベルやスタイルにあったチームを探すことも、日本にいながらではなかなか難しい。それを解決するためには高校から出て、早いうちに英語やアメリカの環境に慣れたほうがいいということになるのだが、実際に日本の強豪高校でプレーしている選手だとなかなか高校の途中でアメリカ留学というわけにもいかない。

 そんな意見交換の末に、スラムダンク奨学金の対象としてプレップスクール案が出たのだった。プレップスクールの説明はスラムダンク奨学金の公式サイトを見てもらうとして、実はこのプレップスクールはどこも私立だけに授業料は高く、一個人でこの選択肢を選ぶのは難しい。しかも、多くあるプレップスクールの中には大学に入る点数を取れなかったバスケ能力の高い選手を集め、実際に授業で成績を伸ばすのではなく、単に成績に下駄を履かせて大学の入学資格を与えるという、まるでプロ予備軍のようなプレップスクールもある。何も知識がない一個人がそれを見分けるのは難しい。

 スラムダンク奨学金のすばらしいところは、「ただお金を出すだけ」という姿勢ではないこと。その一年間で最高の経験ができるように、かなりの下調べがされている。井上さんの思い描いている奨学金を実行に移しているのは集英社で雑誌の編集長や副編集長という立場にあり、そちらの本職のほうでも忙しい人たちばかりである。そんな彼らが、時間を作り出して奨学金の設立に時間をかけたのは、ひとつは井上さんの情熱に応えるため。そして、彼ら自身が持つバスケットボールへの思い入れのため。彼らが2年間以上かけて調べた知識は、選手にとっては奨学金の金銭的な援助と同じくらい、ことによるとそれ以上に大きな援助となるはずだ。 

スラムダンク奨学金公式サイト
井上雄彦、スラムダンク奨学金を語る

|

« Zoom Kobe II 記者会見 | トップページ | NBAオールスター 2007 »

コメント

スラムダンク奨学金素晴らしいっすね !!
日本の高校生トッププレイヤーがD1でプレイする姿を見れるかもしれないんっすもん!(個人的に湊谷と並里に是非!!!)

田臥さんがD1の大学からオファーがあったとありましたが、オファーがあったD1の大学ってどこですか?言っていいもの??
あと、10日間契約の噂なんかは入ってないですか? 個人的にはクリッパーズが好きなんですが、、、、 シーズン前、ダンリービーが自ら出向いてワークアウトをしていたみたいですし。。。。

投稿: 新潟事変 | 2007年2月 2日 (金) 09時48分

D1の大学で田臥選手に奨学金オファーをしたのは、ハワイ大、サンフランシスコ大、セントジョセフ大です。これは別に秘密でも何でもなく、当時の月刊バスケットボールなどの記事にも書いていますし、田臥選手の本、Never Too Lateにも書かれていますよ。

10日間契約、今のところは噂も聞いていません。今の時期よりも、プレイオフのチームが決まったシーズン終盤のほうが可能性があるかも。クリッパーズは、ダンリビーのワークアウトだけでなく、実際にトレーニングキャンプにも招待しているんですよ(去年秋の時点で月刊バスケットボールやHOOPに記事として書いてます)。でも、実際には今はポイントガードはカセルとリビンストン、万がいちのときのユーイングで足りていますからね…。誰かが怪我すれば可能性が出てくるかもしれませんが。

投稿: 陽子 | 2007年2月 3日 (土) 11時54分

そうなんですよね。 クリッパーズのPGには、リビングストン キャセール ユーイングが居るんっすよね、、、3人とも強烈ですからねぇ


余談ですが、この間bjのオールスターがあって、長谷川誠が3ポイント3本連続決めてEASTチームの最初の9得点一人で荒稼ぎして、ベンチに下がり残り観戦って事がありました(怪我がちだったみたいです)すごかったです!

投稿: 新潟事変 | 2007年2月 3日 (土) 17時55分

初めてコメントします。
実は私はICUの2006年の6月卒業(4月生ですが)で、女子バスケットボール部で一昨年までマネージャーをやっていました。
一昨年は、少しばかりリーグ戦の観戦記も書かせていただいていて、管理人の方のご厚意で、ホームページでも公開していただいていました。

スラムダンク奨学金制度、凄いですよね。
詳しくは知らないけど、やっぱりもっとバスケットボールも海外でやれるチャンスを広げるべきという点では私も賛成です。
野球のメジャーリーグのように、どんどん優秀な選手が大学からプレーできれば良いのにな、と思うのですが、やはり英語の壁は高いものですよね。
やはりバスケットボールのプロリーグがまだきちんと整備されていない(JBLスーパーリーグなどは実業団リーグですよね?)ことが原因なのでしょうか。

語学面に関しては、年齢が上がれば上がるほど、習得に苦労するということもよく耳にします。
徹底したフォローのある制度のあるプレップスクールを、早く分かりやすい形で作られていくことを望むばかりです。

投稿: じゅんこ | 2007年2月12日 (月) 21時29分

すっかり遅い、コメントになってしまってごめんなさい>じゅんこさん、初コメント、ありがとう! ICUの後輩の方ですネ。

日本のバスケ界はプロリーグが整備されていません(bjリーグはプロですがJBLと分裂している状態で、完全に整備されているとは言い難いので)が、そのことと選手が海外に出てこないこととは別の問題かなと思います。むしろプロリーグが整備されていないからこそ、大学のときから海外に出て欲しいな~と思います。

あと、プレップは今回の奨学金にとっては最適な手段でしたが、プレップがすべてでもありません。中山明日実選手や、かつての北郷謙二郎選手のように、行く予定の大学で春~夏に勉強して成績を習得してきた選手もいますから。

投稿: 陽子 | 2007年3月 3日 (土) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/13732343

この記事へのトラックバック一覧です: スラムダンク奨学金(2):

« Zoom Kobe II 記者会見 | トップページ | NBAオールスター 2007 »