« スラムダンク奨学金(1) | トップページ | スラムダンク奨学金(2) »

2007年1月28日 (日)

Zoom Kobe II 記者会見

P1180564s  LA某所で、コービーの新シューズ、Zoom Kobe IIのメディア発表記者会見があったので行ってきた。

 前からあちこちで公言してしまっているので、すでにご存知の方もいるかもしれないけれど、実は私にとってシューズは苦手分野。選手が新しいシューズを履いていても全く気付かないし、新しいシューズが発売になったと聞いても、いつもは「ふーん、そうなの」程度の反応なのだ(メーカーさん、ゴメンナサイ!)。
 そんな私でもシューズ関連の取材は何度かしたことがある。ナイキの本社まで行って、エアジョーダンのデザイナー、ティンカー・ハットフィールドに話を聞いたこともある。実を言うと、この取材が面白かったのだ。ジョーダンのシューズに対するこだわり。ティンカー・ハットフィールドのジョーダンのテーストに対する理解の高さ。そんな話を聞いてシューズに対する認識を新たにした、目からウロコの取材だった。

 今回のコービーのシューズ取材、実を言うと付け焼刃の知識を仕入れただけ、ほとんど前知識なく行ったのだけれど、しかも記者会見では思っていた以上にシューズ関連のトピックばかりで、用意していったシューズからかけ離れた質問は聞くこともできずに終わってしまったけれど、でも、結論から言うと面白かった。シューズがシューズ話で終わらず、コービー自身のバスケットボールに対する取り組み方が別の面から見えてきた。もう少し深く掘り下げて記事にできるかもしれないというヒントも得ることができた。

 その肝心の話はどこかに書くときまでちょっと待ってもらうとして、記者会見でのコービーのコメントで印象に残った言葉のひとつ。

「デザイナー(写真右)には、“できるだけクリエイティブにやってほしい”と言っているんだ。僕もコートの上でクリエイトしている。同じように、彼らにも(彼らの分野で)クリエイティブになってほしい」

 この姿勢、言葉。比べたらいけないと思いながらも、ジョーダンが言いそうな言葉だと思ってしまった。やっぱりコービーは基本的なところでジョーダンに影響を受けている人なのだと思う。単にまねをしているのではなく、そういう考え方、そういう姿勢が自分のものになっているのが、他の選手とは違うところなのかもしれない。

 あ、ひとつだけコービーとジョーダンが違うところがあった。ジョーダンは(ウィザーズでの復帰後は別にして)、滅多に他の選手がエアジョーダンをNBAの試合で履くことを許さなかった。でも、コービーは他の選手が自分のシューズを履くことは「構わない」のだそうだ。

 ちなみに、このZoom Kobe II、アジア地区では晩春発売、とのことでした。ついでにアメリカでは白・紫・ゴールドのレイカーズカラー仕様は西海岸限定で4/1発売。黒・ゴールドは全米で4/1発売。白・白は6/1発売。紫・白は7/1発売だそうです。

|

« スラムダンク奨学金(1) | トップページ | スラムダンク奨学金(2) »

コメント

スニーカー・シューズが好きな俺としては、羨ましい限りです。
たまに試合前練習の時にフロア横で仕事をする時は、いつも選手のシューズがどんなモノを履いているか、ついチェックしてしまいます。

でも、シューズの取材で選手のプレイへの取り組み方や考えが分かると言うのは面白いですね。
コービーとジョーダン、シューズに対する考えが似ているのが、バスケに対する考えに影響・類似していると言うのも興味深いです。

投稿: usadream | 2007年1月28日 (日) 05時15分

初めまして。日本でバスケットボールのフリーペーパー「Free Bas.」を発行している会社の一社員です。(ブログも書いてます)

この度、Free Bas.2月号が発行されましたので、先ほどTBをお送りさせて頂きました。2月号の中では、KJ松井選手のインタビューや井上雄彦氏のインタビューなどが掲載されております。

先日、弊社の社員から連絡を取らせて頂いたかと存じますが、今後何かしらの形でFree Bas.とお付き合いを頂ければと思っております。

今後も是非海外からの情報発信をよろしくお願いします!

投稿: でいり | 2007年1月30日 (火) 16時54分

usadreamさん
シューズはバスケ選手にとっては、自分で選べる唯一の道具ですから、ここでこだわりを見せる人は、他でもいろいろこだわっている人なのかもしれません。そう考えると、私ももっとシューズのことも勉強しないといけないですね(汗)

でいりさん
トラックバック、ありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: 陽子 | 2007年1月31日 (水) 09時33分

初めて書込みさせていただきます。
僕もバスケットボールシューズが好きなので、いまだに夏のジョーダンのキャンプレポートなどではまだ発表されていない靴をジョーダンが履いていたりするとわくわくします。
確かに選手にとって唯一自分で選べる道具ですね。それと同時にバスケ下手な僕としては唯一選手とまったく同じマネができる部分・・・でもあります。
ただし、これをコレクションするのは場所も取るしお金もかかるしで大変なんですけどね

投稿: Masahiro | 2007年2月14日 (水) 19時31分

Masahiroさん
初コメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってしまって、ごめんなさい。

今年もオールスターで選手がいろんなシューズを履いてましたネ。これも、Masahiroさんのようなシューズファンの方々にとってはワクワクする時期でしょうか。

そうそう、少し間があいてしまいましたが、コービーのシューズの話は今月発売のHOOPに書く予定です。

投稿: 陽子 | 2007年3月 3日 (土) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/13691434

この記事へのトラックバック一覧です: Zoom Kobe II 記者会見:

» 本日発刊!Free Bas.2月号! [Free Bas.ができるまで。]
Free Bas.2月号が本日発行されました!!皆様のお手元にはもうFree B [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 16時50分

« スラムダンク奨学金(1) | トップページ | スラムダンク奨学金(2) »