« ユニフォーム | トップページ | PHILosophy(フィルの哲学) »

2007年4月20日 (金)

ウ・ワ・サ

P1190690s Dリーグは現在、NBAより一足早くプレイオフの真っ最中。NBAとは違い、1試合勝ち抜きのトーナメントなので、どこが勝ち上がるかわからない。オマケに、レギュラーシーズンでいくら成績がよくても、プレイオフ直前になって中心選手がNBAチームからコールアップされたら戦力はがた落ち。そのあたりがマイナーリーグらしいというか…。

 残念ながら、今年も田臥勇太はプレイオフの戦いには参戦できなかった。去年は優勝チームに所属していたのに、シーズン終盤に故障でチームを離れることになり、今年は所属していたチームがプレイオフ出場権を勝ち取れず。そんなわけで、田臥の今シーズンは先週末で終了した(左の写真はシーズン最終戦。隣は元シラキュース大のジェリー・マクナマラ)

 田臥にとって今シーズンは、NBA挑戦のために4年前に渡米して以来、一番苦悩したシーズンだった。これまで何だかんだいって田臥は、彼のサイズを気にすることなく、むしろ持ち味を生かそうとしてくれるコーチに恵まれてきた。しかし、今シーズンのヘッドコーチ、ジム・ハリックは少し違った。最初から最後まで田臥のサイズ不足を気にしていた。

 シーズン中、田臥のプレータイムが極端に減ったとき、ハリックに田臥を出しやすいのはどういう状況なのか聞いたことがあった。すると、ハリックの答えは「チームがリードした場面」だった。田臥の持ち味は、リードを守るようなプレーよりも、試合の流れを変えるようなプレーだと思っていたから、かなり意外だった。彼の持ち味を理解していなかったのか、それともまったく信頼していなかったのか。両方かもしれない。長年大学のコーチだったからなのか、ミスに対して神経質だったのも影響していたかもしれない。

 田臥もそんな中でかなり悩んでいた。マイナーリーグでプレータイムがもらえないほど厳しいことはない。いろいろ気にしすぎていたのか、田臥らしいプレーが見られない試合もたくさんあった。

 しかしシーズン最後でふっきれたように攻めのバスケットボールをするようになって(このあたりの気持ちの変化は彼自身のブログにも書かれてます)、ようやく、彼らしい試合を見ることができた。ハリックがそうやってアグレッシブになった田臥のプレーについてどう思っていたかはわからないけれど、でも、田臥がNBAに上がるためにはああいうプレーをするしかない。昨シーズン、クリッパーズのトレーニングキャンプに参加したときだって、キャンプ終盤になればなるほどそういった思い切りのいいプレーをしていたから、クリッパーズは最後まで田臥を残すかどうか悩んだのだ。

 ところで、去年くらいから日本の人たちから「田臥はもう日本に帰ってくるんでしょう?」と言われることが増えた。田臥のNBA挑戦もそろそろ限界、諦めて日本に帰ってくるだろうと決め付けている人もいるようだ。そろそろ日本でプレーが見たいと願っている人もいるのだろう。実際に、田臥を勧誘したがっている日本のチームが複数あるという話も聞いた。

 シーズンを取材しているとまだ田臥の視線は日本に向いていないというのは感じた。日本代表を辞退したのもそのためだと理解していた。とはいえ、やはり本人の気持ちには本人にしかわからない。シーズン最終戦の翌日の取材で、そのことをズバリと田臥に聞いてみた(インタビューのうち、その部分だけを抜粋)。

──そろそろ日本に視線が向いたりということは?
「全然ないです」
──いくらお金を積まれても今は日本には行きたくない?

「行きたいとは思わないですね。お金じゃないですね、今は。というのは、(シーズン)最後は特になんですけれど、充実してできているっていうのもあって。あとは本当にメンタルの面もプレイの面も経験できていることがたくさんあって、それが自分にとってプラスになっていることなので。本当に成長しているなというのを感じるんですよね。それはこっちにいるからこそだと思う。だから、自然とこっちでやり続けるっていうメンタル(気持ち)になっています」
──噂では、いくつかのbjのチームやJBLのチームが(田臥選手を)欲しがっていると聞くのだけれど。
「欲しいと言ってくれていることは嬉しい」
──特に、今は日本のバスケ界が変わろうとしているときだから、余計にそういった期待があるのだと思うけれど…。
「まあ、でもこっちでやり続けて、そういう違ったやり方、違った形で貢献したいと思いますね」

 というわけで、田臥が来シーズンは日本でプレーするという噂は、単なるウワサ。まだ来シーズンもNBA挑戦が続きます。

--------
補足(4・27)
 このインタビューや、日本代表を今回も辞退したことだけ読むと、日本のバスケットボールにまったく興味ないように感じる人もいるかと思い、少しばかり補足。
 上のインタビューをしたのとはまた別の日、日本代表を辞退したことについて聞いたときに、田臥は「毎日のように代表のことは考えていますし、チャンスがあればと思うんですけれど…」と言っていた。日本から離れて暮らしたことがある人はわかるかと思うけれど、海外に住んでいても、いや、海外に住んでいるからこそ、日本のことは気になる。代表を辞退しているからといって、日本のリーグでプレーしていないからといって、日本のバスケットボールに関心がないわけではないのだ。

 田臥選手が日本代表辞退に至った心情については、25日に発売になった月刊バスケットボール6月号で取り上げていますので、興味がある方はそちらも読んでくださいね。

|

« ユニフォーム | トップページ | PHILosophy(フィルの哲学) »

コメント

日本でのプレイが見たいと思う人がいる以上に、NBAでのプレイが見たいと思っている人がたくさん居るはず。やっぱり納得するまで挑戦してもらいたいですね。

Dリーグ終盤ではスコアも増えていましたね。数字の上でのアピールとして、スコアとアシストでダブルダブルくらい取らないとダメなんでしょうか。

投稿: usadream | 2007年4月21日 (土) 02時39分

少し前のブログから、自分をもっとアピールしたいというコメントが増えて、見ていてほんとに嬉しかった。どんどん前にプレイする。田臥選手の姿が見えるよう。
日本に帰ってくるという話は昨年も出ていて宮地さんの記事でも田臥選手のコメントが載っていましたよね。NBAで活躍できないから、もうだめだろうって思ってしまうんでしょう。私はクリッパーズでのトレーニングキャンプはかなりすごいなーって思っていたけど、あのシーズン後ももう日本に帰ってくるんでしょ?って言われてましたよね。
田臥選手が言っていた、シュート力のアップができればチャンスが近づくと思うんですけど。
生で見たいです。田臥選手のゲーム!!

投稿: nao | 2007年4月21日 (土) 05時48分

usa dreamさん、naoさん、コメントありがとう。

去年の今ごろからそういう噂は出てましたよね。噂以外にも「帰ってきたほうがいいんじゃないか」という意見もありました。あの頃はまだ田臥選手自身にはそういう声は届いていなかったようで、去年4月、シーズン最後の取材でそういう話をしたら驚いていました。…というより、この時点では本当にそういう声があるのか、私がでたらめ言ったのか、半信半疑だったらしい(笑)。夏に日本に戻り、実際に先輩の選手などから「そろそろ戻ってくるの?」と聞かれたりして、ああ、本当にそう思っている人たちがいるんだ、とわかったのだとか。

実際にプレーが見られない人がほとんどだから、そういう意見が出るのもしかたないのかもしれません。ファンとしては、やはり本音ではプレーが見たいですものね。

投稿: 陽子 | 2007年4月27日 (金) 16時20分

田臥選手のプレイは見たいけれど、その舞台が日本ではもったいないですよね? ブログで「ゲームメイクより得点」と書かれてから、JAMでのラスト4試合では得点が急激に上がったし、スティールも3本4本も決めた試合もあって、意識を変えればスタッツを残せる選手だと証明しましたよね。
来シーズンはキャンプに呼ばれてスタッツを残せる事を証明すれば、十二分にNBAでやっていけるスキルがある選手だと単純に思うんですが 、、、

投稿: 新潟事変 | 2007年4月27日 (金) 18時11分

シーズン終盤の活躍は、苦しい中でつかんだことだけに価値があるのではないかと思います。中途半端が嫌いな田臥選手だけに、今はまだ諦めるときではない、もっととことんやりたいのでしょう。その意味でも、来シーズンは勝負の年ではないかとも思います(本人に聞けば、「毎年が勝負です」と言うかもしれませんが…)。

投稿: 陽子 | 2007年4月30日 (月) 01時59分

シーズン終盤の活躍は、苦しい中でつかんだことだけに価値があるのではないかと思います。中途半端が嫌いな田臥選手だけに、今はまだ諦めるときではない、もっととことんやりたいのでしょう。その意味でも、来シーズンは勝負の年ではないかとも思います(本人に聞けば、「毎年が勝負です」と言うかもしれませんが…)。

投稿: 陽子 | 2007年4月30日 (月) 01時59分

来年が勝負の時なのはなぜですか?
年齢ですか?

投稿: nao | 2007年4月30日 (月) 02時23分

naoさん
年齢ももちろんあるのですが(本人もそのことは言ってました)、最後になってつかみ、シーズン終盤にやれたことを、今度は新しいチーム(たぶん)でシーズン通してできることを証明しなくてはいけないので、そういう意味で、勝負の年だと思ってます。数試合だけで活躍することは簡単…とは言わないけれど、できる選手は大勢います。やはり、シーズン通して結果を出してこそ、そのレベルにあると言えると思うのです。

投稿: 陽子 | 2007年4月30日 (月) 19時48分

シーズンを通してですか・・
それってケガもかなり関係しますよね。
また、求められるものも変わりますよね。以前はチームの流れを変えるという形で起用されていたことも田臥選手にとってはプラスだったように思いました。そこで、流れを変えることができると、インパクトありますもんね。
田臥選手のブログをずっと見ていて、チームのために自分ができることを大切にやてきたことはすばらしいと思ってみていたのですが、私が持っている田臥選手の印象って、彼が、ゲームをコントロールして引っ張っていくような、そういう印象があったので、おとなしすぎるんじゃないかって思っていたのです。(私が言える立場ではないんですけどね・・)
田臥選手がゲームをコントロールしているということは、シュートの数も増えてくると思いますし。
ガンガンやってほしいなって思います。
支離滅裂ですいません。

投稿: nao | 2007年5月 7日 (月) 05時33分

naoさん&田臥ファンの皆さま
5/25に発売になった月刊バスケットボール7月号で田臥選手のシーズンを総括する原稿を書いてますので、よかったらそちらも見てみてくださいね。

投稿: 陽子 | 2007年5月29日 (火) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/14783844

この記事へのトラックバック一覧です: ウ・ワ・サ:

« ユニフォーム | トップページ | PHILosophy(フィルの哲学) »