« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の記事

2007年7月28日 (土)

サンドリン兄弟

 アメリカ代表については、8月の直前合宿が始まったらまた書く機会もあると思うので、ミニ合宿については(2)で終わりとし、きょうは別のトピックを。

 日本(徳島)では、今、アジア選手権(北京五輪予選)が行われている。参加国のひとつ、韓国に「ダニエル・サンドリン」という選手がいる。去年6月に韓国籍に帰化したものの、延世大では過去にヨーロッパのプロリーグでプレーしていたこともあって大学でのキャリアが続けられず。今年KBLドラフトで上位指名されて、オリオンスに入ったばかりの選手だ。韓国名を李ドンジュンといい、お母さんが韓国人、お父さんはイタリア系アメリカ人。
 彼と彼のお兄さんのエリックのサンドリン兄弟については、前にも何度か書いたような気がしていたのだが、どうやら掲示板や知人へのメールどまりだったようで、過去のブログやscrapbookでは見つけられなかったので、あらためて書いておこうと思う。

 ダニエルのプレーは5年くらい前、彼がシアトル・パシフィック大というNCAAディビジョンIIの大学でプレーしていたときに一度だけ見たことがある。当時BYUHに所属していた田臥勇太がNCAA(Div2)トーナメント1回戦で対戦した相手だったのだ。お兄さんのエリックと2人で長身でよく走るツインタワーを組んでいて、チームの中心選手の一人だった。正直言ってシアトル・パシフィックはBYUHよりもずっといいチームで、BYUHは実力も出し切れないままに完敗、これが田臥の大学最終戦となった。
 試合でも目立っていたこの兄弟、どうもアジア人っぽい顔をしているなと思ったら、試合後に、どうやら日系人の双子らしいという噂を聞いた。実際は、日系ではなく韓国人系で、双子ではなく2歳違いの兄弟だったので、噂の情報は微妙に違っていたのだが。

 ダニエルを見かけたのはこの1回だけだったのだが、お兄さんのエリックはその後、しばらくしてから何度か見かけ、話す機会があった。日系ではなく、お母さんが韓国人なのだということを確認できたのも、エリックに聞いたからだった。
 エリックと再び会ったのは2005年1月、ABAのベルビュー・ブラックホークスがロングビーチ・ジャムを訪れて試合をしたときだった。田臥もフェニックス・サンズを解雇された直後ですでにジャムに合流していたのだが、この日は体調がすぐれずに欠場。エリックは30分出て、14点、9リバウンドをあげている。
P1070560s_2  この試合の少しあとにエリックはブラックホークスを離れ、ハーレム・グローブトロッターズ入り。そのグローブトロッターズが3月NCAAファイナルフォーのときに、NCAAオールスターチームとエキジビション試合をしたのだが、そこでレイカーズのスカウトに目をつけられ、夏にはレイカーズの一員としてサマーリーグに出場。さらにそこでのプレーが認められたのか、秋にはサクラメント・キングスのトレーニングキャンプに参加していた。結局、レギュラーシーズンが始まる前にキングスのロスターからはカットされてしまい、その後はCBAやABAなど、マイナーリーグを転々としているようだ。
(写真は2005年NBAサマーリーグの試合にて。レイカーズ(紫)の20番がエリック・サンドリン)

 2005年1月の段階では、ダニエルはすでにバスケットボールは引退して働いているということだったのだが、まだバスケットボール選手として続けたいという思いは持っていたようだ。エリックも、母の国である韓国はもちろん、日本でもオファーがあれば喜んでプレーすると言っていたので、国籍制限のないbjリーグは彼ら兄弟にぴったりだと思っていたのだが、それより前に韓国KBLに彼らを発見されてしまった(笑)。
 今のところまだエリックは韓国籍は取っていないようだが、ダニエルよりも数センチ(大学時代は2インチ=約5cm差だった)長身で、運動能力が高いだけに、もしこの先エリックも韓国籍を取ったら、日本にとってはさらに強敵となりそうだ(彼らの場合は母親が韓国人なので、現FIBAルールなら、帰化さえすれば揃って代表入りも可能のはず)。
【訂正】 7/29記
 FIBAの規則をあらためて確認したところ、たとえ親が韓国人であっても、いったん放棄した韓国籍を再取得した場合には帰化選手とみなされる。現在、FIBAのルールでは帰化選手は各国一人だけに制限されているため、サンドリン兄弟が揃って韓国代表としてプレーすることはできないようだ。
 サンドリン兄弟の場合は、様々な状況からおそらく韓国籍はすでに放棄していた可能性が高いと推測されるが、もしも韓国籍を放棄していず(アメリカ他の国との重国籍であったとしても)韓国籍を持ち続けていたのなら、帰化選手としての数には入らない。
 (参) FIBA Internal Regulations 2006 (PDFファイル)  H.2.3

***

 ひとつ書き忘れていたことがあった。エリックもダニエルも、シアトル・パシフィック大に行く前にポートランド大に在籍していたことがある。伊藤大司の先輩、というわけだ。二人とも、どうやら、ポートランド大(Div1)ではあまりプレータイムがもらえなかったようで、エリックは1999年に、ダニエルは兄を追うように2000年に、Div.2のシアトル・パシフィック大に転校(transfer)している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

チームUSAミニ合宿(2) 一年前

P1200717s 今回のUSA代表チーム最年少、ケビン・デュラント(18歳)。サマーリーグ序盤の頃よりも環境に慣れて余裕がでてきたのか、一度に集まるメディアの数が少なく落ち着いて話ができたからか、ミニ合宿中のほうが取材の受け答えも人間味があって面白かった。

 以下、そのやり取りの一例。
記者「一年前の今ごろは何をしていた?」
デュラント「一年前の夏はもうテキサス大で寮に入って、サマースクールのクラスを取っていました。一年後にこんなところにいるなんて思ってもいませんでした」
記者「何のクラスだったの?」
デュラント「性教育です」
記者「セ・イ・キョ・ウ・イ・ク…性教育? 本当に?(笑)」
(囲んでいた記者たちの目がキラっと輝き、いい取っ掛かりのエピソードになりそうだと、次々に突っ込み始める)
記者「そのクラスでいったい何を学んだの?」
デュラント「何を学んだかは言わないでおきます」
記者「成績は?」
デュラント「Bでした」
記者「Aは取れなかった?(笑)」
デュラント「すごく難しいクラスなんですよ。いろんな部分の名前を覚えなくてはいけないし…。あなたが取ったらCだったと思いますよ」
記者「性教育のクラスで一番難しかったのは何?」
デュラント、一瞬、真剣に答えを考えていたが、ふと我に返って少し恥ずかしくなったのか、「性教育の話はこれくらいにしておきます」で、この話題は打ち切り。
 何ともいえず、微笑ましいやり取りだった。

 コート上では、先輩選手たちの中で怖気づくことなく、のびのびとプレー。きのうの青白戦でも、後半に入ってシュートを狙うようになり、19本中14本のシュートを決めて22点。トランジションや外からのシュートがほとんどだったけれど、3Q終盤はスティール、3ポイント、トランジションでディフェンスをかわしてのシュートにと、多才なところを見せてくれた。この活躍はNBAシーズンに向けて自信になったはずだ。
 …と、USA合宿もこれで終了ではなく、デュラントも含めた全選手(-家庭の都合で抜ける2人?)が8/15に再び合宿に入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

チームUSAミニ合宿(1) 人気者

P1200882s_1

 金曜からきょう(日曜)にかけてチームUSAのミニ合宿。まずは選手がお互いに知り合い、コーチ陣が選手のことを知る場として、3日間のミニ合宿。もちろん、これで合宿が終わりというわけではなく、来月、大会前にさらに1週間の合宿が行われる。他国に比べるとまだ短い日程だが、それでも去年のメンバー+ベテランという布陣、コーチも去年と同じで、多少なりとも去年と継続性があるのがこれまでのUSAチームとは違うところ。

 3日間の最終日、きょうは一般公開で紅白戦ならぬ、青白戦が行われた。簡単なゾーンを試したりしたこともあって、途中で少しばかりだれる感じもあったのだが、終盤は逆転シュートの応酬で、最後は会場で一番人気のコービーが最後の決勝シュートを決めるというファンも大満足の試合だった。

 上の写真は、試合で活躍した3人の記者会見。勝った青チームのコービーと、負けた白チームのキッド、そしてレブロン。
 今回のミニキャンプで、選手たちが口を揃えて絶賛しているのがキッドのパス。コービーは、練習で同じチームになったときに、自分のことが見えているとは思わなかった場所からキッドにアリーウープ・パスを投げてもらって感激した話を何度も繰り返ししていたし、レブロンなんて、スクリメージ後のこの記者会見で、「チーム(キャブス)に戻ったらジェイソンがいなくてがっかりしてしまいそうだ」と、それはあまりに正直すぎてかえって問題発言なのでは…という発言までしていた。

 まぁ、二人がそこまで絶賛する気持ちはとってもよくわかる。このスクリメージでもキッドのパスは冴えていて、そこにそうだすか、と感心させらえることしきり。コービーはコービーで、さすがの勝負強さだったし、この二人が加わっただけでも米代表は去年のチームよりもかなりパワーアップとなること間違いなし。今さらの話で、禁句かもしれないけれど、日本でもこの2人が入ったUSAチームを見たかったな~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

NBA サマーリーグ @Las Vegas (3) チーム・チャイナ

P1200467s 今回のサマーリーグ@ラスベガスには、中国代表チームが参戦していた。ヤオ・ミンこそいないものの、そのほかはベストメンバーが揃った正代表だった。

 先発センターは、久々にアメP1200544s_1 リカの地でユニフォームを着たワン・ジジー。彼もナショナルチームでは大御所、のびのびとプレーしている。一度、3ポイントを決めたときには、スタンドに元チームメイトのQ・リチャードソン(右)がいたからか、両手でゲンコツ作って頭でポンポンと、Qちゃん得意のポーズの真似までしていた。

P1200488sP1200500s

 そして、こちらは今年のドラフトで指名された2人(左が6位指名のイー・ジャンリャン、右が40位指名のスン・ユエ)。

 イーは、大勢いた中国のメディアの取材は受けるのだけれど(たぶん、代表に関することしか聞かないから?)、アメリカ人メディアに対しては中国チームのスタッフからダメだし。
 そんな中、NBA.comの中国人スタッフが、やっとの思いでイーとスンのインタビューの約束を取り付けていた(許可を得なくてはいけないところがたくさんあって大変らしい)。ちょうど私の隣の席にNBA.comのスタッフが座っていて、そこにインタビュアーの中国人スタッフがインタビューの了解を取り付けたという報告をしに来ていたのだけれど、「ただしミルウォーキーに関する質問は一切だめだという条件付なんです。インタビュー中はエージェントが同室するらしいので」と困りきったように言っているのが聞こえてきた。
 今月の原稿を入れたあとに、イーの中国での所属チーム(広東タイガース)が、イーはミルウォーキーに行かない発言をしたというニュースが流れてきたが、これも、その後のニュースで見る限りは確定の話というわけでもなく交渉のひとつのようだ。でも、バックスも譲るとは思わないので、シーズンが始まる前にはバックスに収まるのではないかと思う。

 スンのほうは確かにフィル・ジャクソン好みのビッグ・ポイントガードだが、最初のシーズンからプレータイムをもらうのは難しそうだ。契約しても、シーズンの大半はDリーグ行きになるかもしれない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

NBA サマーリーグ @Las Vegas (2) 親子

P1200508s サマーリーグには、こんな選手もいました。

 レイカーズのサマーリーグ・チームのメンバーだったコービー・カール。ボイジ州大出身のガード。シュートが上手く、頭のいい選手です。
 大学3年のときに甲状腺癌が見つかり、手術。4年の途中で、今度はリンパ腺に腫瘍が見つかって取り除く手術。よく見ると、この写真でも首のところに2本の長い手術跡が見える。
 とりあえず、今のところ癌細胞はすべて取り去ることができたようで、選手として再びトレーニングをし、ドラフト外選手としてNBAを目指している。

P1200509s  こちらは、お父さんのジョージ・カール(現デンバー・ナゲッツ・ヘッドコーチ)。ちょっとピンぼけだけど、息子と同じ横顔の写真のほうが、そっくりなのがわかりやすいかと思ってあえてこの写真。息子の試合を嬉しそうに見守っていたのが印象的だった。
 父カールも、現役の頃はサンアントニオ・スパーズ(ABA&NBA)で5シーズン、プレーしている。さすがに、私もまだ知らない時代なのだが、息子カールのプレーを見て、お父さんも昔はこんな感じでプレーしていたのだろうか、若いころはあんなに跳んでいたのだろうかと想像するのも楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NBA サマーリーグ @Las Vegas (1) 注目の二人

 気付いている方もいると思うけれど、このブログは月の前半の更新が少ない。ホームページを始めた頃から、無理して更新するよりも自分のペースで長く続けたいと思ってやってきているので、忙しい時期はどうしても更新の頻度も落ちてしまうのだ。
 なぜ月の前半が忙しいかというと、月刊誌2誌の原稿締め切りが集中している時期だから。特にHOOPは最近、長めの原稿が増えて、これは書き手としては書きがいがあって嬉しい悲鳴なのだけれど、それだけ準備と執筆に時間もかかってしまう。
 今月はさらに、ちょうど締め切りが重なっている時期に、サマーリーグの取材で行ったラスベガスの灼熱の気候にやられてしまった。何しろ外気の最高気温45度(摂氏)。それが、いったん屋内に入ると10度くらい? とにかくどこに行 っても冷房がガンガンきいている。あんな気温の変化を毎日経験していたら、寿命が縮まること間違いなしだ。

 …と、ここまでは今ごろラスベガスのサマーリーグについて更新する言い訳。

                                                      ***

 さて、今年のサマーリーグの目玉は何といってもこの二人(左がドラフト2位指名のケビン・デュラント。右がドラフト1位のグレッグ・オーデン)。

P1200538s_1P1200496s_2

 プレー写真はあちこちに出ているので、プレー中ではない写真を。ドラフトからまだ1週間余りだけど、すでに持ち物がプロ選手らしくなってきている。

 二人ともサマーリーグのデビュー戦はいまひとつの出来。ドラフトでは選手は将来性をこめて評価されるので、ガーネットだ、ロビンソンだと言われてきたけれど、実際には彼らはまだ10代の若者なのだと、当たり前のことを思い出させられる。
 二人とも、ドラフトから取材続きで少しお疲れの様子。ドラフトの頃にはインタビューでウィットをきかせた受け答えをしていたオーデンも、鼻炎もあってか、ごくふつうの受け答え。デュラントのほうは、ちょっとマジメな答えすぎて、囲んだ記者たちはみんな少し拍子抜けといった感じだった。ま、まだこれから先は長いので、ゆっくりと素の表情を取材していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »