« レブロンの母校 | トップページ | プロの世界 »

2007年11月17日 (土)

背番号7

P1220875s

 田臥勇太、ようやく始動!

 ビザ手続きの都合でチーム合流が遅れていた田臥勇太がようやくベイカーズフィールド・ジャム(NBAディベロップメントリーグ)に合流した。
 日本から帰国して2日目=チームに合流した翌日にいきなり試合(表向きは「スクリメージ」、つまり練習ということになっていたけれど)だったため、ゲーム・コンディションを取り戻すのに苦労していた。前半は足が動かなくなり、自らベンチに下がるリクエストを入れたほど。

 それにしても、ヘッドコーチのジム・ハリックは相変わらず田臥のサイズ不足を気にしていて、そのこと&チーム合流遅れがロスター決定の際にどう影響してくるのやら。

 昨シーズンから感じていることなのだが、正直言ってハリックの元では田臥は持ち味を発揮できそうにもない。いっそのことカットされて他のチームに入ることができれば、そのほうがいいような気もするが、かといって他のチームに入れる保証もないわけで、難しいところ。まぁ、本人としては、全力でプレーし、結果を出すことで道が開けると信じて努力し続けるしかないのだろうけれど。

|

« レブロンの母校 | トップページ | プロの世界 »

コメント

確か、プロテクトされたんですよね? ヘッドコーチの意向は関係なくプロテクトされたんですかねぇ ???

投稿: 新潟事変 | 2007年11月18日 (日) 03時42分

次のエントリーに書きましたが、結局、昨夜カットされてしまいました。

選手選択は、プロテクトもドラフトも、すべてコーチの判断で決めているとは思います。

ただ、これがDリーグのプロテクトの特殊なところでもあり(「プロテクト」と呼ばないで「リターニングプレイヤー」と呼ぶようになったのも、保証されている立場であるような誤解を与えないようにという配慮なのではないかとも思います)、結局は昨シーズンのジャム・ロスター選手のなかでDリーグと再契約した選手がそれほど多くなかったために、ハリックにとってもそれほど選択肢がなかったのでしょう。

田臥選手はまじめに練習するし、ハリックのやりたいことはわかっているからキャンプの邪魔にはならないという判断もあったかもしれません。ビザの関係で合流が遅れたのはどちらにとっても計算外でした。

投稿: 陽子 | 2007年11月18日 (日) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/17100242

この記事へのトラックバック一覧です: 背番号7:

» NBA生観戦 [NBAマニアの戯言:NBA選手等、バスケットボールの話題]
ついに観て来ました! 長年の夢だったNBA生観戦。 試合はレイカーズvsピストンズ戦です。 (国歌斉唱の様子) 試合の経過、結果についてはサラっと書こうと思います。 第1Qはレイカーズのペースで進んだのですが 中盤以降ピストンズに追いつかれ、一進一退の試合に。 コービーの得点もなかなか伸びず、焦れる展開でした。 しかし第4Qに入ってから突如コービーが爆発、 さら... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 08時02分

« レブロンの母校 | トップページ | プロの世界 »