« プロの世界 | トップページ | Crazyな人たち »

2007年11月30日 (金)

カメロの母校

P1230208s NBA選手の母校訪問シリーズ第2弾。今回訪れたのはバージニア州にあるオークヒル・アカデミー。
 タイトルにカメロの母校と書いたけれど&今回の取材はカメロのことがメインだったのだけれど、この高校、おそらくアメリカで(ということは世界で)最も多くNBA選手を輩出している高校なのだ。
 ざっと最近の選手をあげると、ジェリー・スタックハウスもここの卒業生だし、ジェフ・マギニス、ロン・マーサー、スティーブン・ジャクソン、サガナ・ジョップ、スティーブ・ブレイク、もっと最近ではジョッシュ・スミスやラジョン・ロンド、マーカス・ウィリアムスもオークヒル同窓生。ケビン・デュラントも、ジュニア(11年生)のとき(モントロス・クリスチャンに行く前の年)に一年だけオークヒルにいたことがある。
 もらってきたメディアガイド(高校でメディアガイドを作っていること自体がすごく珍しい)には、NBAにドラフトされた選手として20人の名前があげられている。その中にデュラントは入っていないから(今年のドラフトだったからなのか、それともオークヒルを卒業したわけではないからなのかは不明)、実際にはもっと多いことになる。

 そんな伝統が一目でわかるのが上の写真の奥の壁にかかっているユニフォーム。このサイズだとよくわからないかもしれないが、全部、オークヒル卒業生の大学でのユニフォームだ(カメロのシラキュースのユニフォームは下の段の一番左。その横6枚目はスタックハウスのノースカロライナのユニフォーム)。レプリカではなく、実際に着たものを各大学から(その選手が大学のキャリアを終えたあとに)もらったのだというからスゴイ。地元のコレクターから、全部まとめて7万5千ドル($1=110円で計算すると約825万円)で買い取りたいとオファーされたこともあるらしいが、今もユニフォームが壁にかかっていることからわかるように、このオファーは断ったのだという。かけられているユニフォームを数えると49枚あるが、当然、ディビジョンIに進んだ選手はもっといて、ジムを訪れた大学の関係者からも「うちにもオークヒルの卒業生がいたのに掛けられていない。送るからぜひ掛けてほしい」と言われるらしいのだが、すでに壁のスペースがなくなってこれ以上かけられない状態なのだとか。写真をクリック拡大したときのサイズをいつもより大きめにしているので、興味がある方はどうぞ(それでも、まだちょっとわかりにくいかな…)。

 オークヒルといえば、全米ランキングの上位常連チーム。数年前から何度か試合を生で見てきたが、印象としては緻密なバスケットボールをするわけではなく、大味でミスも多いのだが、力、能力差で相手をねじ伏せてしまうチーム。それだけ能力が高い選手が多いということでもある(勧誘しなくても、選手のほうから『入りたい』と言ってくるのだという)。今日の試合(相手はバスで7時間かけてオークヒルまでやってきたジョージアの高校)でも、出だしは競っていたのだけれど、2Qの終わり頃から少しずつ点差が開き始めて、最後には118対77と、41点差でオークヒルの勝利。

 ひとつ、今回の取材でこれまでに持っていたイメージを覆されたことがあった。オークヒルの選手は勉強をしないというイメージだ。いろんなところで聞いた噂話などからそう思っていたのだが、実際のオークヒルは全寮制で、少数精鋭の学校。規律も厳しく、実際に生徒の多くは学業面での向上を期待してオークヒルにやってくるらしい。バスケットボール選手も、大半の選手が大学に入れるだけの成績を取っているのだという。勝手な先入観を持っていてゴメンナサイ。

P1230267s  さて、この高校が他の高校に比べてとても特殊なのは、全寮制であることと、ど田舎(バージニアの山の中)にあること。今回、私も、まずはシャーロットまで飛行機で飛び、そこから車で宿泊した街まで約2時間弱。さらにそこから1時間余りかけて高校にたどり着いた(シャーロットからまっすぐ行けば2時間ほどらしいが、何しろ、近くにホテルを見つけられなかったのだ。実際にはもっと近くにあるらしいのだが)。
 そんな場所にあり、しかも大人のつきそいがなければキャンパス外にも出てはいけないなど厳格な規則がたくさんあるから、都会から来た生徒にとっては最初はかなりキツイようだ。カメロも、最初の頃は家に帰りたくて泣いてばかりいたのだとか。
…と、カメロがオークヒルに通っていた頃の話もいろいろ聞いてきたのだが、この続きは月刊バスケットボール2月号(12/25発売)で。

 とても楽しかったNBA選手の母校訪問取材なのだが、ウィンターカップ前のミニ特集だったので、残念なことに今回のオークヒル訪問で終わり。うーん、残念。また、そのうちこの続きの取材をする機会があるといいな~。

|

« プロの世界 | トップページ | Crazyな人たち »

コメント

This is my first time to put my comment in this bbs.

I was a japanese b-ball player who graduated class of
2001 OAK HILL ACADEMY.

I really appreciate that you came to visit OAK HILL ACADEMY

Desagana Diop was one of my good friend who had same
class with me.

Cliff Hawkins, Rashad Carruth, Desagana Diop,

they were my firends.


After Carmelo came out from OAK HILL, OAK HILL became
so popular in this world.


I am so proud of that I played b-ball at OAK HILL

and if you wanna know more about OAK HILL

will you write me back???

Thank you

投稿: Takashi Usui | 2007年12月17日 (月) 10時30分

Takashi Usuiさん

英語で書いていただいたけれど、ブログ記事は読んでいただいているようなので、きっと日本語は読めるのですよね?
If you have trouble reading Japanese on your computer, let me know.

オークヒルに日本人の留学生が在籍していたことがあったという話は聞いていたのですが(Dining Hallの天井から日本の国旗もぶらさがってますものね)、バスケ部に在籍してえいた日本人の方がいたとは、びっくりです。ジョップのときというと、レブロンのチームに勝った年ですね。ジョップには、次の取材の機会に話してみますね。

オークヒルの記事はすでに書きあげていて、今月25日発売の月刊バスケットボール2月号に掲載されます。でも、実際に経験された方の話はぜひ聞きたいので、またここでも掲示板でも、あるいはメールでもいいので、当時の話など聞かせてくださいね。

投稿: 陽子 | 2007年12月17日 (月) 21時13分

一応嘘じゃない事を証明するために

当時の 自分の 卒業アルバムがありますので☆


ちなみに 2000年の卒業アルバムのRED TEAM
のところに 僕の写真が 2つのっています(自慢)


レブロンのチームの前の年です!!

えっと Mcdonald High School All AMERICAN
は Desagana Diop と Rasshad Carruthでした!

サガナによろしくいっておいてください!!(><)

あいつ覚えてるかなぁ~ まだ卒業アルバムに
あいつのコメント残っていますよ(^^)

Dr Grovesには本当にお世話になりました。
いやいや よく バスケの話してましたよ(^^;)

投稿: Takashi Usui | 2007年12月17日 (月) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/17241399

この記事へのトラックバック一覧です: カメロの母校:

« プロの世界 | トップページ | Crazyな人たち »