« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

2007年12月31日 (月)

仕事納め

P1230907s  大晦日、今年の仕事納めはバスケットボールとはまったく関係なく、23歳の若手ショコラティエの取材でした。チョコレートは昔から大好きなので、仕事の話をいただいて、一も二もなくお引き受けしました。

 今後もバスケットボールが仕事の中心という方向性は変えるつもりはないのですが、夏の「24」ロケ地や今回のショコラティエ取材のように、たまにスポーツ界とはまた別のところで活躍している方に話をうかがうのは、気P1230895s_2 分転換になるだけでなく、いい刺激になりますね。今回取材したジョナサン @ compartesも、チョコレート自体の味やデザインはもちろん、お店のパンフレットまで自分でデザインしてしまう才能豊かな青年。話も上手で、あっという間の2時間でした。
 お店で取材しながら、チョコレートもいろいろ試食させてもらいました。「アメリカのチョコレートは甘すぎ!」という既成観念を変えてくれるチョコレートばかり。バレンタインに向けて、1月末から日本の高島屋にも出店するそうなので、お楽しみに。
 記事は、1月26日発売のTitle3月号に掲載になります。

 ここ、ロサンゼルスでもあと6時間で2007年が終わります。いろいろな場面で、健康が一番の財産だと感じた一年でした。こうして元気に仕事をし、すばらしい才能に感嘆し、美味しいものを食べ、家族や友人と楽しい時間を過ごせることに感謝しつつ、2008年を迎えようと思います。
 2008年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトロナイト

P1230855s  きょう(12/30)のセルティックス@レイカーズは、かつてのライバル対戦にあわせたのか、throwback night、つまり、レトロナイト。セルティックスもレイカーズも、あまりユニフォームの変化がないチームなのでわかりにくいけれど、両チームとも昔のユニフォームを着て登場した。レイカーガールも一昔前の衣装。そして、何より衝撃だったのは、レイカーズの選手たちのショーツの短さ!(写真を見るとわかるが、コービーのショーツはピアスのショーツの約半分の長さだった) 最近ではNBA各地でレトロ・ユニフォームの日があるけれど、ここまで徹底してレトロにすることは珍しい。
 とはいえ、前半からシュートが入らず絶不調のレイカーズ、ハーフタイムには全員、いつもの長さのショーツに履き替えてきた。それでも調子は戻らず(セルティックスのディフェンスによる部分も大)、試合も惨敗したことで、短いショーツは永遠に(?)お蔵入りとなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

9ターンオバーで得たもの

P1230673s なぜデュークに行ったかというと、このチーム、この選手。ユタバレーステイト大(UVS)の中山明日実選手だ。今季のスケジュールが決まった直後、「デュークと試合をすることになりました!」という連絡をくれた。
 昨シーズン、松井啓十郎選手のコロンビア大がデュークと対戦したことがあって、NCAAは(日本人選手がいるチーム以外)あまり取材することがないだけに、「これはデュークをホームで見ることができるチャンス!」と、ぜひ行きたかったのだが、別取材と重なって行くことができなかった。そんなわけで、中山選手から連絡をもらって以来、「今度こそデュークに行こう!」と思っていたのだった。

P1230700s P1230712s_2

P1230791s_3  試合は61対95でユタバレーの完敗。とはいえ、ユタバレーにとっては、この試合は、自分たちがどこまで通用するのか、この先、前進するために何が必要なのかを測る試合だったので、勝ち負けも得点も関係ない。
 中山選手も、なんと、自己最多記録という9ターンオーバーをしてしまったけれど、それも、これからを考えると決して悪いことではないと思う。無難に、安全にプレーしたら、ターンオーバーはもっと減らせたかもしれないが、挑んで、向かっていっての9ターンオーバーだったのだから。ちなみに、左の写真でマッチアップしているのが、デューク#4のアビー・ワナー。この日、彼女は10スティール(デューク新記録で、ACCの歴代記録タイ)をあげている(うち中山選手が4本を献上…(苦笑))。

 この試合で何より印象的だったのは、終わったあとの中山選手の第一声。大敗で、ミスも多かった試合だから、どんなコメントになるかなと思ったら、第一声、満面笑顔で「楽しかった~!」 
 強いところとの対戦を楽しいと思える気持ち、もっとやりたいと思う気持ち。それって、前に進むためには一番大事なものだと思う。次にランク校と対戦するときには前半だけでも競ることができるようになるかもしれない。そしてその次に対戦するときには試合を通して競ることができるかもしれない。先が楽しみになる一言だった。

 試合について、今シーズンのUVSについては、月刊バスケットボール3月号(1/25発売)の"Crossover USA"のページで取り上げる予定。月刊バスケットボールでは、中山選手のアメリカ挑戦日記、Bear Fruit in Utahも連載中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

キャメロン・クレイジー体験

 17日の"Crazyな人たち"の続報を「数日のうち」にアップする予定が「クリスマス明け」になり、さらに「クリスマス明け」も通り越してすでに年末…。続報を楽しみにしてくれていた方、スミマセン。きょうが年内最後の、取材の予定がない日なので、年を越さないように、大掃除も年末の買い物も後回しにして、慌てて書いてます(苦笑)。

さて、まずはこの前のクイズ?の答えから。

P1230602s_3 P1230608s      

 これは自チームのフリースローのときのポーズ。右の写真で親指同士をつけて「Z」を作っているのは、頭文字が「Z」の選手(Brian Zoubeck)のフリースローだから。こういう遊び心がいかにも大学の応援という感じで楽しい。

P1230694s_5 P1230595s_3

P1230652s_3  これでわかるかな。答えはNCAAの名門、デューク大のホームコート、キャメロン・インドア・スタジアム。ここで熱狂的に応援する学生たちは"キャメロン・クレイジー"と呼ばれていて、とにかく熱い! 試合の1時間以上前、相手チームが練習を始めると、12/17の写真にあるように手を前に出して、相手チームに呪いをかけるポーズで威嚇。試合中も、座るのはタイムアウトとハーフタイムのときだけで、あとは立ちっぱなしなだけでなく、跳んだりはねたり、大声出したり。応援自体がスポーツのようなもの。

 そんなキャメロン・クレイジーのセクションはサイドラインの記者席のすぐうしろにある。今回、私の席はセンターラインに近かったので、席に到達するのに、キャメロン・クレイジーな人たちの間を掻き分けるように進まなくてはならず、かなり苦労した(その後見ていたら、慣れた記者の人たちは後ろから回るのではなく、テーブルをまたいで席についていた)。それだけの近さだから、試合中も、耳のすぐ近くで叫び声が響いているし、跳びはねている振動はビシバシ伝わってくるし、呪いの手は私たちの頭の上に突き出されている状態。まるで私自身がキャメロン・クレイジーの一員になったような気分を味わうことができた。

P1230516s  キャメロンは外観も石造りで古い建物だが(12/17の写真参照)、中の雰囲気はまるで教会。エンドライン2階席のあたりなど、その部分だけみたら教会そのものだ。サイズは近代的なアリーナと比べるとそれほど大きくなく、収容人数は9314人。大きく、近代的にするよりは、伝統をそのまま残すことを選んでいるようだ。近代的なディーン・ドームを建てたノースカロライナ大に対する対抗意識もあるのかも?

P1230537s  サイドラインの席は木製の長椅子。席番号が彫ってあるのが、また味があっていい。クリックして拡大にすると読めるかもしれないけれど、左下の席はGuest、上と右の席にはBufferとある。どう違うんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

Crazyな人たち

また東のほうに遠征してきています。今回来ているのはこんなところ。かなりクレイジーな人たちがいるところです。さて、どこでしょう? (ヒントはこのエントリーのタイトルとカテゴリー)

P1230576s P1230590s

なぜここに来ているのかなど、詳しくは数日のうちにアップします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »