« NBA All-Star Weekend 2008 (3) | トップページ | 日本人選手のマーチマッドネス »

2008年2月20日 (水)

デビュー戦

P1240443s_3   トレードから半月以上たって、やっとパウ・ガソルがホームデビュー。トレードが成立したのが9試合の長期遠征が始まった直後で、遠征後にはオールスター・ウィークエンドをはさんでいたからだ。
 地元デビュー戦ということもあって、メディアからもファンからもかなり注目された1戦。クリス・ロックやキャメロン・ディアスなど、有名人も大勢来ていた。
 試合前には、記者会見場が特別に用意されて会見。スペインのメディアや地元ヒスパニック系のメディアもあわせて10人程来ていたので、まずはスペイン語で5、6分、さらに英語で5、6分。
 試合後は、ロッカールームでの囲みだったので、英語とスペイン語の質問が交互に飛び交っていたのだが、パウは躊躇することなく、瞬時に切り替えてスペイン語にはスペイン語、英語には英語で受け答え。英語の発音もネイティブ並で、アメリカ人も「訛りがない」と感心するほど流暢だった。
 トレードからお預けをくらった状態だったレイカーズ・ファンは、試合前のスクリーンでパウの映像が映るだけで大喝采。試合も大勝で、タコスのクーポン券ももらい(相手チームが100点未満でレイカーズが勝つとファン全員に配られる)、詰め掛けたレイカーズ・ファンは大満足だったことでしょう。

P1240472s_4 この人もきのうがデビュー戦。キングス→ホークスにトレードになったばかりのマイク・ビビー、ホークスのユニフォームでの初試合だった。レイカーズの仇敵キングスの選手だったからか、選手紹介のときだけでなく、試合中もボール持つたびにブーイングの嵐。最後には足を痛めてロッカールームに下がるし(かかとを痛めたそうで、シューズを履き替えてベンチに戻ってきていた)、試合はホークスの大敗だし、パウとは対照的に散々なデビュー戦だった。
 ホークスの次の試合(今夜)は@サクラメント。いきなりトレード後2試合目にして古巣での試合だ。いったい、サクラメントのファンはどんな反応をするのだろうか。
 そして、そのあとさらに3試合も遠征での試合が続く。きっと、ホームに戻ったら、待たされているファンからその分大きな喝采を受けることでしょう。

|

« NBA All-Star Weekend 2008 (3) | トップページ | 日本人選手のマーチマッドネス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/40202774

この記事へのトラックバック一覧です: デビュー戦:

« NBA All-Star Weekend 2008 (3) | トップページ | 日本人選手のマーチマッドネス »