« 日本人選手のマーチマッドネス | トップページ | 3ポイント王 »

2008年3月22日 (土)

元チームメイト

 この更新ではコロンビア大の松井選手のことを書こうと思っていたのだけれど、それは週明けに回して、きょうはポートランド大の伊藤大司選手について書こうと思う。というのも、きのう取材に行ったレイカーズの対戦相手がソニックスで、試合前にケビン・デュラントと伊藤選手についていろいろ話したので。 ちょうどその前日に伊藤選手に電話で取材、今シーズンの話を聞いたのを受けて、伊藤選手の高校時代のチームメイトのデュラントにも話を聞いてみたのだ。

P1110333s_2  まず、デュラントがきのう言っていた言葉から。
「タイシにはとても影響を受けた。僕が彼からどれだけ影響を受け、どれだけ助けられたか、彼も知らないと思う」

 前から書いてきたようにデュラントは、高校最終学年を前に、伊藤がいたモントロスに転校してきた。当時のデュラントは基本的には家から通っていたのだが、学校まで約1時間半と少し遠かったこともあって、よく伊藤選手のホームステイ先に泊まったのだという。そして伊藤といっしょに朝早く起きて授業が始まる前に早朝練習をするようになったのだという。伊藤の練習熱心なところ、努力の姿勢に、デュラントもかなり刺激を受けたようだ。きのうも、何度も何度も、「彼はすごく努力する人」「僕がいっしょにいたことがある中で、タイシは一番努力、ハードワークをする」と言っていた。

P1240861s_5  伊藤選手にとって今シーズンは、私生活でもバスケットボールの面でも、とても厳しいシーズンだった。私生活では、長年闘病していたお父さんが11月に亡くなった。このため、シーズン途中に一時帰国して4試合を欠場(実は、その前のシーズンも病状が悪化という報を受けて一時帰国するなど、この2年は日本とアメリカを行ったり来たりだった)。バスケットボールの面でも、若いチームだけに好不調の波が激しく、なかなか勝ち星に繋がらず、キャプテンの伊藤自身もシュートが入らずに苦戦した。
 実際に私が会場やテレビで見た試合では、たとえシュートが入らなくても十分にチームに貢献していたと思うのだが、本人、シーズンの途中には、シュートが入らないことでかなり自信を失ってしまったらしい。しかも、シュートに対する自信だけでなく、プレー面で全体的に自信を失っていたという。

 結局、チームはカンファレンス成績3勝11敗(計9勝21敗)の成績でWCC8チーム中7位、3月頭に行われたWCCトーナメントでも1回戦で敗退した。この試合も、大差をつけられていたところを追い上げ、オーバータイムまで持ち込んでの接戦となったのだが、最後のシュートを伊藤選手が外してゲームオーバー。 デュラントにその話をしたところ、「それは選手としてすごくきつい終わり方だ。今年の彼は選手としても人間としても、あまりに多くの(つらい)ことを経験しすぎた」と。さらに「でも彼は絶対にこれを乗り越える。大丈夫」とも言っていた。

 デュラントと伊藤の二人の今シーズンに共通しているのは、勝つより負ける試合のほうがずっと多いということ(デュラントのソニックスは現在16勝53敗)。強豪モントロス時代に、ほぼ毎試合勝って当たり前、シーズン最後には当時全米ナンバーワンのランキングだったオークヒルに勝ったときとは大違いだ。
 でも、負けて初めてわかることもある。試合に勝つということがどれくらい嬉しいことなのか。先日も、デュラントがポートランドに遠征に行ったときに、久しぶりで二人でいっしょに時間を過ごしていろいろな話をしたらしいが、そのときに、「試合に勝てると嬉しいんだよね」「そう、本当にそうなんだ」と言い合ったという。

 伊藤選手はすでに次のシーズンに向けての練習を始めている。チームも今年卒業の4年生は1人だけで、主力が1、2年生ばかりという若いチームなので、来シーズンの成長に期待したい。
 デュラントのほうは、シーズン残りあと13試合。負けてばかりで落ち込んでいるかと思ったら、「負けるのはつらいけれど、毎日、最高のレベルの選手たちを相手に戦えるのは楽しい」と前向き。こちらも若いチームだから、来シーズン以降が楽しみだ。

(伊藤選手のシーズンについてのさらに詳しい記事は、4/25発売、月刊バスケットボール6月号のCrossover USAに書く予定です)

|

« 日本人選手のマーチマッドネス | トップページ | 3ポイント王 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/40604784

この記事へのトラックバック一覧です: 元チームメイト:

« 日本人選手のマーチマッドネス | トップページ | 3ポイント王 »