« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の記事

2008年4月26日 (土)

賭け (taxi driver その2)

 3年前にもタクシー運転手とNBA談義を交わしたときのエピソードを書いたが、きょうのタクシー運転手との会話もなかなか面白かった(これはシリーズにできるかも?)

 きょうは土曜で昼から夜まで4試合が行われる日なのだが、東海岸からLAに戻ってきたので、飛行機に乗っている間に最初の2試合(マジック@ラプターズ、レイカーズ@ナゲッツ)が終わってしまった。
 LAの空港に着いたのがレイカーズの試合が終わってから1時間余りたったころ。試合の結果はどうだったかなと思いながらタクシーに乗ったら、車内のラジオがレイカーズの放送をしているラジオ局になっていた。
「レイカーズはどうだったの?」と、60代くらいの黒人の運転手さんに聞いたところ、「勝った。楽勝さ」とニコニコ。「ナゲッツはアイバーソンもカメロも全然だめだったね。月曜はホウキ(sweeper。sweepは全勝で一掃する、の意)を持ってくるつもりだ」とも。かなり熱心なファンのようだ。

 聞いてみると、ファンという以上の興味もあるようだ。何でもレイカーズの優勝に1500ドル(日本円で15万円強)を賭けているのだとか。ラスベガスのカジノやオンラインのスポーツ賭博業者のところで賭けているのではなく、仲間内で、お互いに1チームを選び、そのチームが優勝するかどうかの1本勝負。だから、自分が押しているチームが優勝すれば差し引き3000ドル(30万円強)が入ってくるし、負けたら1500ドルがパー。
「レイカーズは好きだし勝ってほしいという気持ちと、賭けにも勝ちたいという二重の気持ちで、レイカーズ戦のたびにドキドキだよ。仕事にならないから、レイカーズの試合の間は仕事はしないんだ。その間に(働けば)100ドルくらい稼ぐことができるかもしれないけれど、それどころじゃないからね。1500ドルが払えないわけじゃないんだ。でも、とにかく負けたくないからね」
 どうやら、きょうも私が試合が終わってから始動して初めての客だったらしい。

 賭けをしている仲間の2人が賭けているのは、1人がスパーズで、もう1人がセルティックス。確かに、なかなかいいところを突いてきている。
「何がムカつくって、ヤツらもLAに住んでいるのだから地元チームを応援すればいいのに、他のチームに賭けてるってことさ。ヤツらは、自分たちのほうが俺よりも賢いと思っているんだ」とブツブツ。「まぁ、仲間だから、誰が勝っても飲みに行くことになると思うけれどね」

 そんな話をしている間に、あっという間に家に到着。なかなか味がある運転手さんだったな~。今年の優勝チームが決まったら、この運転手さんを思い出しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリジット

 フェニックスでの取材は週半ばに終えているのだが、この数日は別取材で忙しくて更新できなかったので、別の話に移る前にマーキュリー関連でもう1本追加。

P1250189s  マーキュリーのアシスタントコーチの一人、ブリジット・ペティスは、1998年、萩原美樹子がマーキュリーにいたときのチームメイト。2年前まで現役だったこともあって、アシスタントコーチとはいえ、人数が足りなくなるとチームに混じって練習にも参加している。
 そのブリジットに、「あなたが現役の頃にもマーキュリーの取材に来ましたよ。ミキコがいた頃に」と言ったら、嬉しそう。「ミキコとはよくいっしょにご飯を食べに行ったのよ。彼女はいいシューターだった。いっしょにプレーできたのが短い間だったのが残念だったわ(萩原はシーズンの途中で故障者リスト行きを告げられ、日本に帰ることを決めた)」とのこと。「ミキコも今はコーチをしている」と言ったら、驚いていた。
 そのことを萩原さんにもEメールで告げたところ、彼女も去年のWNBAファイナルの解説をしていて、ハーフタイムにアシスタントコーチとしてブリジットがレポーター相手に話しているのを見て、コーヒーを噴き出しそうになったとか。

 そのブリジット、大神選手の物まねが得意(?)。日本のテレビ局(キャンプの取材に来ていたのは日本テレビでした)のカメラの前でも物まねしていたので、どこかの番組(Sportsうるぐす?)で流れるかも。←すでに放送済みだったらスミマセン。

P1250302s_2  P1250253s_2

(写真上)ストレッチ中の大神に話しかけるアシスタントコーチのブリジット。後ろにいるのがヘッドコーチのコーリーともう一人のアシスタントコーチ、ジュリー。
(写真下左)大神と同じポジションを競う(つまりライバル)、ドラフト二巡目指名のレーラニ・ミッチェル。スピードがあるPG。
(写真下右)自炊もするという大神に、アパートのキッチンでそれっぽい(?)ポーズをとってもらってパチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

レイシー&シカゴの記者たち

 立て続けの更新で、しかも明るい話題のあとに少し悲しい話題ですが、どうしても書いておきたかったので。

 きょう(4/20)付のシカゴ・サンタイムスに、ベテランNBA記者、レイシー・バンクスが書いた文章が載っていました。といってもNBAの記事ではなく、心臓移植の話。

 現在64歳のレイシーは何年も前に心臓病の手術を受けているのですが(このときも大手術でした)、最近になって、担当医から心臓の弁が正常に機能していないので、心臓移植が必要だと言われたそうです。しかし、心臓移植準備のための検査の段階で、今度は前立腺癌が見つかってしまい、移植の対象から外れてしまったのだそうです。

 記者であるとともに牧師でもあるレイシーは、「癌が移転せず、心臓の不備を治すためには祈りと奇跡と、医者の技術だけが頼り」と書いてます。私には何もできることはなく、しかも神も信じていないのですが、それでもレイシーのために祈ろうと思います。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください(英語です)。
Columnist: I wish I could be on the transplant list

 ここを読んでいる人たちの大半はレイシーのことは知らないと思いますが、彼はマイケル・ジョーダンがNBAに入った当初から(実際にはそのもっと前から)、ブルズの番記者、そしてその後はNBAライターをしてきた人なので、90年代のブルズ・ファンなら彼の記事を読んだことがあるかもしれません。本は出していませんが(確か、サンタイムスの規則で出版ができなかったはず)、ブルズ全盛期の頃には、彼の記事も何本か日本の雑誌に掲載されました。ジョーダンが98年に引退したときにナンバーが出した特集号でも、レイシーのコラムが掲載になりました。ジョーダンと卓球で勝負した話…と言えば思い出す人もいるかな。

 レイシーよりは少し若いけれど、やはりベテランのシカゴ・トリビューン記者、サム・スミスは最近になって、早期退職の選択をして、トリビューンを去ってます。サムは、日本でも本が出版されているので有名ですね。彼の早期退職の意図は、しばらく前から聞いていたので驚きませんでしたが。
 それにしても、サムとレイシーといえば、ジョーダン時代のブルズの記者の中では古参で、私も駆け出しとして取材している頃にとてもお世話になったものです。月日の流れを感じます。

 そういえば、2回目の三連覇のときのブルズ番記者@シカゴ・トリビューンだったテリー・アーモアが心臓病で亡くなったという記事を少し前に読んだのを思い出しました。享年46歳だったそうです。いつもニコニコと笑っていて、明るい人だったなぁ。R.I.P.ご冥福をお祈りします。

■追記(5/6)
 レイシーが、病気との闘いをブログに綴ることにしたようです。5/5付の最初の投稿を読むと、上の2つの病気に加えて、脳腫瘍も患っているとか…。なんとか3つの病気を克服して、また元気なレイシーに会えることを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプイン!

 レイカーズ対ナゲッツのプレイオフに盛り上がるロサンゼルスを後にして、フェニックスにやってきた。フェニックス対スパーズの取材のため…ではなく(残念ながら、このシリーズの最初の2試合は@サンアントニオなのだ)、大神雄子選手のWNBAフェニックス・マーキュリーのトレーニングキャンプ取材である。

P1250171s  大神選手は数日前にフェニックスに到着、きのうまでもコーチやチームメイトたちと自主練習はしていたのだが、それでもきょうが正式なトレーニングキャンプ開始日。ウェアも、きのうまでのTシャツではなく、マーキュリーの正式な練習ウェアになった。
 ところが、練習中のコートを見ると、キャンプ開始日の割に選手の数が少ない。全部で11人。ベテランのメンバーはほとんどが海外のリーグでプレーしているため、キャンプへの合流が遅れるのだとか。WNBAはリーグのサラリーはNBAと比べると桁違いに低いのだが(新協定で決められた今季のベテラン選手の最大サラリーが9万5千ドル=約1000万円)、そのかわりに冬のオフシーズンの間に選手が海外リーグでプレーすることを許可している。だから、大神選手も、そしてかつての萩原選手もJOMOに所属したままでWNBAに挑戦できるというわけだ。

 ちなみに、きょうのキャンプインに来ていた日本の取材陣は私のほか、共同通信、読売新聞と、テレビ局(どこの局か聞き忘れた)のクルー。田臥が最初にNBA(ナゲッツ)のキャンプに参加したときに比べると少ないけれど、でも現地フェニックスのメディアは記者が一人来ていただけという状況だから、多く見えたことだろう。昨シーズンのチャンピオン・チームなのに。まぁ、まだダイアナ・タラシなどのスター選手を欠いたチームだし、サンズがプレイオフで宿敵スパーズと敵地で戦っているときだし、地元テレビはそれどころじゃなかったのだろうけれど。

(写真はクリックすると、もう少し大きくなります。大神選手がどこにいるかわかりますか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

シーズン終了 (2)

P1250150s_3   Dリーグも、NBAより一足早くレギュラーシーズン終了。田臥勇太のアナハイム・アーセナルは、終盤になって波に乗ったものの、残念ながらプレイオフ出場権は取れず。4/12の試合@ベイカーズフィールドで2007-08シーズン終了となった。そういえば、ベイカーズフィールドで始まり、ベイカーズフィールドで終わったシーズンだった。始まりのベイカーズフィールドのときと、終わりのベイカーズフィールドのときではチームも、状況も大きく変化。始まったときよりも、ずっといい顔でシーズンを終えたのは、収穫が多く、いいシーズンだった印だ。

 今年の田臥の成長はスタッツだけではわかりにくい。何しろ、プレータイムがDリーグでプレーするようになったこの3年で一番少ないのだから、その分スタッツも下がっている。48分換算にしても、得点もアシストも微増減はあるものの、これまでと比べて劇的に変わったわけでもない。
 スタッツ以上に、実際に試合を見たほうが変化はわかりやすい。プレースタイルが少しずつ変わってきているのだ。前よりずっとアグレッシブに、それでいて自然にドライブインを狙うようになったし、外からのシュートもチャンスでは躊躇することなく打ち、前より決めるようになった(FG成功率は下がっているが、3ポイント成功率は伸びている)。

 見ていて、ようやくアメリカのスタイルに慣れてきたと思う。これは、田臥自身も自分の課題としてあげていることなのだが、彼はどちらかというと環境に慣れて自分の力を発揮するまでに時間がかかるタイプ。正直、この3年を振り返ってみると、これまで2年はどちらかというと準備期間で、今シーズンがスタート地点のようにも思える。

P1250111s_4 田臥自身も自分のブログで、「今シーズンは楽しかった」と何度か書いているように、傍からみていても、今シーズン後半の田臥は、Dリーグの中、チームの中に自然に溶け込んでいた。もちろん、チームメイトに恵まれたということもあるだろう。田臥自身、アメリカ人選手と自然にコミュニケーションが取れるようになったということもある。アメリカのバスケットボール自体に慣れてきて、違和感がなくなってきたということもあるようだ。このあたりは、詳しく書きたいことがたくさんあるのだけど、どれも書き出すと長くなるので、また機会があるときに。

 さて、日本のファンにとって一番気になるのは、来シーズンどこでプレーするか、ではないだろうか。HOOP6月号(4/25発売)掲載のインタビューから、予告編として少し抜粋。

(2シーズン、NBAと縁がなかったことに関して)
「NBAでやりたいという気持ちはいつでも持っていて、当たり前のこととして置いてある。僕はNBAに近づいたか近づいていないかっていう言い方はしたくないんです。どこでどんなチャンスがあるかわからないし、誰が見てくれているかもわからない。そのためにアメリカに来てDリーグでやっているわけですから。今やるべきことをやっていって、NBAにより近づけるためにこれからどのステージ(舞台)を選んで、どこのチームを選んでやっていくかっていうのを探りながらやっていくことが必要だなって思います」

P1250136s_2  さらに詳しい話は4/25発売の月刊バスケットボール6月号とHOOP6月号にそれぞれ書いているので、興味ある方は、ぜひそちらを見てください。月刊バスケのほうは元能代工の加藤監督がJBL栃木の監督に転進した話、能代工の佐藤信長・新監督についても触れた記事。HOOPのほうはシーズン総括の長文インタビューで、シーズンを振り返っての話のほかにも、NBAの中で気になる選手について、日本のバスケにどう貢献するか、日本の選手の海外挑戦についてなどにも触れてます。実はインタビューはまだ掲載しきれていないので、未掲載分も近いうちにどこかで紹介できればと思ってます。

(写真説明)
1枚目:シーズン終了後のインタビュー時。ちょっとピントが甘いのだけど、いい笑顔だったので。もっとちゃんとした写真はHOOPに掲載されるはず。
2枚目:シーズン最後から2試合目、ロサンゼルス・Dフェンダーズ戦。会場はレイカーズの本拠地、ステープルズセンター。後ろに映っているエンドライン席の老夫婦は、テックス・ウィンター夫妻。Dフェンダーズの試合は、毎試合最初から最後までここで見てます。テックスを挟んで、田臥の後ろの位置にいる黄色のユニフォームは、レイカーズ(このときはDフェンダーズに派遣)のコービー・カール(ナゲッツHC、ジョージ・カール息子)。
3枚目:LAでの試合を見に来ていた日立の竹内譲次選手と、ハーフタイムに歓談(ポジショニングの悪い写真ですみません)。HOOP掲載のインタビューでは譲次選手についても触れてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

シーズン終了 (1)

P1250003s   きのうでNBAのレギュラーシーズンが終了。西カンファレンスは最後まで勝ち負けが重要な試合が続いて白熱していたので、すでに2、3週間前からプレイオフが始まっているような気分だけど。

 レイカーズは他のチームより一足早く、おとといレギュラーシーズン全82試合を終え、カンファレンス首位を勝ち取った。もちろん、選手たちはみんな喜んでいたし、選手が練習を気にせずに祝杯をあげられるようにとの配慮で(?)、翌日の練習は休みになったけれど、そのほかは特別なことはなし。試合後には会場にコンフェティが降ったけれど、シーズン中も勝ち試合後はいつも降っていたから、カンファレンス首位になったから特別というわけでもない。
 NBA.comには、同じ日にホームでクリッパーズに勝って、ディビジョン首位になったニューオリンズ・ホーネッツが、ディビジョン・チャンピオンのキャップとTシャツを着て喜んでいる写真がでていた。そういえば、レイカーズが2日前にディビジョン優勝を決めたとき、誰もディビジョン・チャンピンのキャップもTシャツも着てなかったな…。ロッカールームにはその影も形もなかった。

P1220474s_3  デレック・フィッシャーに、そのことについて聞いてみた。
「このチームではそういうことはしないんだ。ディビジョン・チャンピオンになるのは気分のいいことだし、内輪では話すけれど、でも、このチームのように過去に多くの優勝をしていると、外向けに祝うようなことではない。ディビジョンで優勝することは目標に向けての一歩に過ぎないからね。僕らがやったのは、トイレットペーパーのロールを半分使って、マジック・マーカーで、『2007-2008パシフィック・ディビジョン・チャンピオン』って書いて、ロッカールーム奥の冷蔵庫の扉に貼り付けたことくらい(笑)。それが、僕らのディビジョン・チャンピオン・バナーだ」

 若いホーネッツのチームが、ハリケーン・カトリーナ後にオクラホマを仮本拠地として2シーズン送らなくてはいけなかったり、今季、まだハリケーンの爪あとの残るニューオリンズに戻って、地元を勇気付けたりという波乱万丈の末にディビジョン・チャンピオンになって、それを心から喜ぶ姿も見ていて楽しい。その一方で、ディビジョン・チャンピオンを経験していない選手のほうが多いのに、それでも「ディビジョン・チャンピオンは祝うものではない」という伝統が引き継がれているレイカーズの姿勢も、なるほどと納得。

 いよいよ土曜からは、本当のプレイオフの戦いがスタート。ディビジョン・チャンピオンも、シード順も、伝統も関係なく、シリーズで力を出すことができたチームが勝者となる。

(最初の写真は3月頃、レイカーズの練習場にて。日本語が入ったこのパーカーは、日本に行ったときにナイキ・ジャパンからもらったらしい。2枚目の写真は去年10月、シーズン前のメディアデーで撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »