« シーズン終了 (2) | トップページ | レイシー&シカゴの記者たち »

2008年4月20日 (日)

キャンプイン!

 レイカーズ対ナゲッツのプレイオフに盛り上がるロサンゼルスを後にして、フェニックスにやってきた。フェニックス対スパーズの取材のため…ではなく(残念ながら、このシリーズの最初の2試合は@サンアントニオなのだ)、大神雄子選手のWNBAフェニックス・マーキュリーのトレーニングキャンプ取材である。

P1250171s  大神選手は数日前にフェニックスに到着、きのうまでもコーチやチームメイトたちと自主練習はしていたのだが、それでもきょうが正式なトレーニングキャンプ開始日。ウェアも、きのうまでのTシャツではなく、マーキュリーの正式な練習ウェアになった。
 ところが、練習中のコートを見ると、キャンプ開始日の割に選手の数が少ない。全部で11人。ベテランのメンバーはほとんどが海外のリーグでプレーしているため、キャンプへの合流が遅れるのだとか。WNBAはリーグのサラリーはNBAと比べると桁違いに低いのだが(新協定で決められた今季のベテラン選手の最大サラリーが9万5千ドル=約1000万円)、そのかわりに冬のオフシーズンの間に選手が海外リーグでプレーすることを許可している。だから、大神選手も、そしてかつての萩原選手もJOMOに所属したままでWNBAに挑戦できるというわけだ。

 ちなみに、きょうのキャンプインに来ていた日本の取材陣は私のほか、共同通信、読売新聞と、テレビ局(どこの局か聞き忘れた)のクルー。田臥が最初にNBA(ナゲッツ)のキャンプに参加したときに比べると少ないけれど、でも現地フェニックスのメディアは記者が一人来ていただけという状況だから、多く見えたことだろう。昨シーズンのチャンピオン・チームなのに。まぁ、まだダイアナ・タラシなどのスター選手を欠いたチームだし、サンズがプレイオフで宿敵スパーズと敵地で戦っているときだし、地元テレビはそれどころじゃなかったのだろうけれど。

(写真はクリックすると、もう少し大きくなります。大神選手がどこにいるかわかりますか?)

|

« シーズン終了 (2) | トップページ | レイシー&シカゴの記者たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/40947588

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプイン!:

« シーズン終了 (2) | トップページ | レイシー&シカゴの記者たち »