« NBA Finals 2008 (3) 感涙 | トップページ | USAキャンプ »

2008年6月19日 (木)

NBA Finals 2008 (4) 歓喜

 優勝決定の第6戦から2日がたったけれど、まだボストンにいる。

P1270315s_5  きのうは、朝までかかって最後の原稿を書いたあと、夕方から学生時代にサマースクールで1ヶ月過ごしたハーバード界隈を散策。立ち並ぶ店はだいぶ変わっていたけれど、寮や図書館など、大学の建物は今も当時のまま。
 変わり行くものと、変わらないものと。そういえば、セルティックスも選手が入れ替わり、ガーデンも新しくなったけれど、伝統、セルティックス魂は変わらず。

P1270379s  そして、きょうは昼前の優勝ラリーを見に行ってきた。ガーデン前のラリー出発の様子を見て、少し先のルートまで歩いて(ファンが一斉に移動して、まるで民族大移動のようだった)、選手たちが乗った車(ダックツアーで使う水陸両用の車)が通るのを再び見る。そして、最後にセルティックス・ファン貸切状態の地下鉄に乗ってラリー終点のコップレースクエアへ。到着したときは、すでにラリーは終わった後だったけれど、まだ大勢のセルティックス・ファンで沸きかえっていた。久しぶりの優勝だけに、ファンの盛り上がり、エネルギーがすごい。平日の昼間とは思えないほどの人、人。みんなセルティック・グリーンに身を包み、歓喜の雄たけびを上げ、誰からともなく始まる"Let's Go Celtics!"や"Defense"の合唱に口をあわせていた。アウアバックに敬意を示すかのように葉巻を吸っていたファンも何人もいた。

P1270346s_2 P1270366s

P1270362s   P1270463s_2 P1270347s_2

|

« NBA Finals 2008 (3) 感涙 | トップページ | USAキャンプ »

コメント

2、3回目のコメントですが、ご無沙汰しておりました。

地域密着スポーツの姿ですね。今回の記事は、Game6のビデオなんかまだ見たくないLakersファンでもグッときました。

バスケの基本である「ディフェンスから」大逆転したファイナルの戦いは評価され、今回カンファレンス準優勝の面々も来シーズンの戦い方を練ることになったシリーズだと思います。

もしバイナムを使えたら?とか、Kobeの小指骨折がここまで尾を引いたか?など思いを巡らすLakersファンでした。(^^)

投稿: kawashiman | 2008年6月20日 (金) 00時53分

コービーの小指(骨折ではなくて靭帯損傷)がどれだけ影響したかはわかりませんが、フィッシャーの故障といい、すっかり忘れるくらいのレイカーズのプレイオフ快進撃でしたよね。まぁ、そう考えると、コービーの不調の一番の理由はセルティックスのディフェンスだとは思います。久々にピストンズのジョーダン・ルールを思い出しました。

ボストンのこの盛り上がりは、ひとつには学生町だということとも関係があるのかもしれません。地下鉄の中でも、パレードでも、家族連れもいましたが、圧倒的に多かったのは仲間とともに繰り出してきていた大学生ファンで、学生ノリの盛り上がりでしたから。たぶん学生たちは全米各地から集まってきていると思うのですが、大学生のときに優勝を経験すると、この先、一生、どの街で暮らすようになってもセルティックス・ファンになりそうですね。そういえば、セルティックス・ファンって、どの街にもけっこうたくさんいます。

投稿: 陽子 | 2008年6月22日 (日) 16時08分

そう言えば、Walton親子の話題でもCeltics優位な感じでのTV報道だったせいか luke はあまり活躍できませんでしたね。反面、PJ, Powe, Eddie と日替わりヒーローが出たのはPlayoffの勝ちパターンでしたね。

1~4戦のKobeは、ゲーム前半はアシストに徹してしまったように見えたが、実は撃つすべが無かった位にディフェンスが凄かった。
その反発でフラストレーションを吹き飛ばしたいがために5,6戦目は1Qから飛ばし、むしろ一人で打ち過ぎのキライがありました。
全ては "Kobe Rule" の罠だった訳ですね。
戦前「入れたい時に入れるだけだから心配ない」みたいに豪語していたのが遠い昔のよう・・・

basketball

小指のせいかも、と思ったのはドライブインの多用です。そこからパスを狙いつつカットされる場面が多かったです(まぁ組織的ディフェンスが優っていた訳ですね)。
そんな繰り返しを見ていて、『外から撃っても入る可能性が低いから、突っ込むしかないのではないか?』と考えました。(CelticsのFoul troubleも6戦通して傷としては大勢に影響が無かったですし)
パスを貰って、その場でフェードアウェィする方が安全だし、体力も温存できるのに、何故?と追求したくなった次第でした。

#長文ですみません。

投稿: kawashiman | 2008年6月22日 (日) 18時43分

ルークは、シーズン最後のほう、あまり調子よくなかったです。本人もすごくよく自覚していて、自分のプレーには不満足、でもチームは勝っているから…と複雑な気分だったようです。他の脇役も、レイカーズの場合は若い選手が多いこともあって、ホームはまだよかったけれど、ボストンではまったくでしたね。あの雰囲気に飲み込まれてしまってました。

コービーは、今シーズンは(味方が頼りになるようになったこともあって)自分で攻めるときとアシストするときのバランスがとてもうまくなったのですが、セルティックスのディフェンスはさらに一枚上。1~4戦でアシストに徹していたように見えたのは、あのディフェンス相手に無理に攻撃しても自滅するだけだと判断したからなんじゃないかなと思います。ただ、それをやりすぎるとコービー自身のアグレッシブさがなくなってしまうので、5~6戦はそのあたりも考えて、最初のうちに打てるシュートを打ってチームに勢いを与えようという作戦だったのだと思います。

投稿: 陽子 | 2008年6月25日 (水) 17時42分

なるほど、ここぞのオフェンスリバウンドのチャンスがほとんど無かったですから、自滅を避けるのも重要でした。

フィルは来年のFinalのために、今回はチームに経験(だけ)をさせたのかも。

再コメントありがとうございました。

投稿: kawashiman | 2008年6月27日 (金) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/41589112

この記事へのトラックバック一覧です: NBA Finals 2008 (4) 歓喜:

« NBA Finals 2008 (3) 感涙 | トップページ | USAキャンプ »