« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008年8月24日 (日)

続・準備期間

 きのう(北京24日・LA23日深夜)の北京オリンピック男子決勝戦はお互いに気持ちがこもった、とてもいい試合だった。出だしの笛が厳しかったことで全体にオフェンシブな流れになったけれど、個人的にはミスによって決まる試合よりもプレーが決まって決着がつく試合のほうが好きなので大満足。
 スペインはさすが黄金世代のチーム。層も厚く、さらに下の世代も出てきているので、しばらく世界の頂点をアメリカと争うチームになりそうだ。アメリカ代表も、花の2003年ドラフト組(レブロン、カメロ、ウェイド、ボッシュ)を中心に、ベテランが要所を締め、若手も活躍するいいチームだった。これまでの即席チームだったら崩れてしまっていたところで、踏ん張れるだけのチームになっていた。

P1280160s_2 P1270495s

 さて、前回の記事で、アメリカ代表の練習日数自体は以前とそれほど変わっていなくて、あまり多くないという話を書いたけれど、だからといってアメリカが準備不足だったと言いたいわけではない。むしろ逆。選手の身体、疲労を考えて練習日程は最小限にとどめていたけれど(※)、準備自体にはものすごく多くの時間とエネルギーをかけていた。

 たとえば、米代表責任者のジェリー・コランジェロは、2005年4月にこの仕事を引き受けてすぐ、代表チーム作りの方向性を決めるために国際試合を経験した元コーチ、元選手らの経験者を集めてミーティングをし、国際試合ではどんな点が違うのか、向いている選手、コーチは誰なのかなど、彼らの意見を聞き、知恵を拝借した。選手を選ぶ際にも、コランジェロが選手たち(今回の12人だけでなく、候補に入った選手全員)一人一人と会って、チームの方針(3年のコミットメントなど)をきちんと伝え、それに同意するかどうかの確認を取った。ライバル国のスカウティングにも時間と人材を割いていた。

 さらに、ここまでやるのかと驚かされたのは、選手たちに国を代表することのプライドを植えつけるための数々の手段。

 たとえば、2年前のキャンプにはイラクの戦場で視力を失った兵士が来ていた。彼の話は、国のために戦うということがどういうことなのか、選手たちにかなり強い印象を残したようで、それ以来、選手の間から「兵士たちとは比べものにならないけれど、僕らは僕らのやり方で国を代表して戦う」といった表現が聞かれた。
 正直言って、個人的にはスポーツの場に戦争、兵士の話を持ち込むのは抵抗があるのだけれど、ウェストポイント(陸軍士官学校)出身のコーチKらしいやり方だと思うし、アメリカ的だとも思う。←アメリカにいると、いろいろな場面で、一般市民が兵士に対して深い感謝、敬意を抱いているのを感じるのだ。NBAの試合でもハーフタイムなどに招待されている兵士が紹介されると、観客みんなが自然とスタンディングオベーション。消防士に対してもそうなのだが、命を捧げて自分たちを守ってくれている彼らに心から感謝しているのだ。

 今年のキャンプでは、1972年、疑惑の判定でソ連に敗れたときの米代表の一員、ダグ・コリンズを呼んで、当時の経験談を聞いていた。この試合がどれくらい不思議な試合だったかは、ミュンヘン五輪、男子バスケ、決勝戦といったキーワードで検索すれば出てくると思うのでここでは省略するが、当時のアメリカは試合直後に抗議したものの3対2では認められず、自分たちは金メダルをもらうべきだという信念のもと、銀メダルを受け取らなかったのだ。
 当時の話、今でも忘れられない悔しさは、話を聞いた現代表選手たちの心に深く染み込んだようで、きのうの決勝で勝ったあと、試合の解説者としてコートサイドにいたダグ・コリンズのところに米代表の選手全員が近づいて握手をしていた。72年チームの分も"redeem"(名誉挽回)すると言う気持ちだったようだ。

 他にも、6月のミニキャンプのときに練習コートのコートサイドに大型モニターを持ち込んでマービン・ゲイが米国歌を歌い上げた場面(1983年のオールスター@LA)を流したり(チームのスポンサーでもあるナイキが、このときの練習風景の映像を使ってCMを作り上げていた)、チームのメディアお披露目も兼ねてニューヨークで船に乗り、自由の女神を見て、かつて移民だった自分たちの祖先が最初にアメリカの地を踏んだときを思い浮かべたり、コート上での練習とは違うけれど、これもチームが戦う準備だった。

 こういう過程を経てきたからなのかもしれないけれど、今回の代表の選手たちは国を代表する誇りということに関しては、他国の選手にもまったく負けていなかった。たとえばインディアナポリスでの世界選手権やアテネ五輪の頃は、アメリカ選手たちにとってはNBAの続きの試合のような感じで、あまり国の代表に対する熱い想いは感じられなかった。

 選手が揃っているアメリカでも(いや、アメリカだからこそ、かもしれないが)、そんなことにも時間や手間をかけるのかと驚いたけれど、決勝戦を見たあとで考えると、そういったことも今回の代表チーム作りの中でも重要なステップだったと思える。

※結果的には、決勝トーナメントに入ってからの対戦相手、オーストラリア(ボガット)、アルゼンチン(ジノビリ、ノシオニ)、スペイン(カルデロン)はすべて故障者が出て戦力ダウンしたのに対して、アメリカは大会中に故障者が一人も出ずフル戦力で戦えたわけで、作戦成功と言っていいと思う。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

準備期間

 北京オリンピックも終盤。女子は先ほど準決勝が終わり、男子も明日が準決勝。 "Redeem Team" こと男子アメリカ代表、ここまでは、予想通り、圧倒的な強さを見せて勝ち抜いている。

 ところで、今回のアメリカが強い理由のひとつとして、「4年前よりもずっと練習を積んできているから」と言われているけれど、それならいったいどれくらい練習したんだろうって思っている人もいるのでは? 読み進む前に推測してみてください。参考までに、4年前のアテネ五輪のときの準備期間は20日だった。

P1280279s P1280281s

P1280251s P1280206s_2 

  実は、アメリカ代表が今年に入ってから北京オリンピックまで準備に費やしたのは僅かに24日。そう、アテネ前とほとんど変わらないのだ。そして、これは正確には「練習期間」ではなく「チームとしての活動期間」の日数。つまり、6月のNYでの取材日や、中国への移動日、練習がオフになった日、そしてオリンピック前のエキジビションゲーム(5試合)の日も含まれているので、実際の練習日はこの半分強。他国の準備期間がどれくらいだったのか調べていないけれど、これが世界でも少ないほうであることは間違いない。

 たとえば、去年のアジア選手権前の日本男子が大会前に予定していた合宿(1次~12次)の日数を数えたら69日だった(あくまで予定からの計算なので、実際に何日練習したかは未確認)

 それでは、何で「今回は練習を積んでいる」といわれるのか。それは、3年連続して同じコーチ、同じ主力選手でチームを組んでいて、去年や2年前の練習や大会での活動期間も北京オリンピックに向けての準備期間という考えだから。今年だけだと24日間だけど、2年前の活動期間(キャンプ+世界選手権=42日)、去年の活動期間(キャンプ+アメリカ大陸予選=24日)を加えれば全部で90日間準備してきたことになるのだ。
 練習期間の短さを継続性で補っているわけで、当然ながらアルゼンチンやスペインのように大会前の練習期間も長く、さらに3年以上主力を変えずに戦っている国の準備期間とは比べものにならない。

 ちなみに、オリンピックのためにWNBAシーズンを中断している女子の場合は、大会直前の準備期間はさらに少なくて約10日間だった。WNBAシーズン前の3月と4月にも代表キャンプ+試合をしているけれど、ダイアナ・タラシらヨーロッパのリーグでプレーしていた選手たちは参加していないので、どちらかというと選手選考のための期間と考えたほうがいいだろう。

 とはいえ今後、少なくとも近い将来は、アメリカ代表が大会前に取る練習期間が極端に増えることはないと思う。NBA82試合+プレイオフという長いシーズンを戦った選手だけで構成されている米代表にとって、これ以上練習期間を増やすことは、むしろ大会に入ってから選手が疲れたり疲労から怪我が出たりといった原因になってしまう。実際に2年前の世界選手権のときは、米代表の上層部では練習不足よりも選手の疲労が問題視されていた。大会前に中国や韓国に寄ったときに、長い時間をかけてバスで米軍基地に行ったりという過密スケジュールで、大会前に疲労がたまってしまったらしい。
 NBA選手が数人というチームならシーズンが長いNBA選手だけあとから合流すればいいけれど(実際に途中から代表チームに参加している米国外のNBA選手も多い)、全員がNBA選手のアメリカではそういうわけにもいかない。選手に3年間の参加を求めるならなおさら。

 そういう状況だけに、限られた時間の中で何を優先的に練習するのかを見極め、実行するのもコーチの大事な役割であり、手腕の見せ所だ。コーチKはオフェンスでは選手のクリエイティビティ、能力に任せて、あまりガチガチのフォーメーションを取っていない。その分の時間をディフェンスの連携プレーや、対ゾーンの練習にあてていた。たとえば、7月後半のラスベガスでのキャンプ4日間のうち1日は、練習相手のセレクトチームに徹底的にピック&ロールのオフェンスをやるように指示し、そのディフェンスの練習。また、別の1日は同じくセレクトチーム相手に徹底して対ゾーンの練習をしていた。期間より効率重視というわけだ。

 今はまだ強さの陰に隠れていてあまり見えてこないが、アメリカに脆さが残っていることは間違いない。個々の能力は高く、そして3年継続することでFIBAルールの理解やチームメイトとの連携などの面で以前よりは前進しているとは言うものの、やはりまだチーム・オフェンスの緻密さには欠けるし、1対1に頼ってしまう場面も見られる。 それでも、無理して練習期間を長くしてプログラムが崩壊するよりは、3年継続のプログラムを持続させることをアメリカは選んだ。そのやり方が正しかったかどうかは、次の2試合ではっきりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

オリンピック&世界選手権の出場枠

(文末に訂正、追記を加筆しました(8/20))

 ひとつ前の投稿で触れましたが、現時点での世界選手権とオリンピックの出場枠の詳細を表にしてみました。

■世界選手権

Wcm_2  Wcw_2
 
 * 男女とも、直前のオリンピック優勝チームは自動的に出場権を獲得。
  その分、その国が所属する地区の枠が1つ減る。

■オリンピック

Om_2   Ow_2 

 ちなみに、2004年までは、世界選手権で上位6チームに入った国のゾーン(地区)は、次のオリンピックで枠がその数だけ増えるという規定でした(開催国+各ゾーン×1+世界選手権上位6チームのゾーンの国=12ヶ国)。今は、その各ゾーン上乗せ分が世界最終予選枠に当てられています(男子の場合はヨーロッパとアメリカにあらかじめ+1)。
 オリンピック直前の時点で力がある国に出場権を与えることになったわけで、客観的に考えればフェアだとは言うものの、アジア(日本)にとっては厳しい規定変更でした。まぁ、モノは考えよう。世界最終予選で戦うという新たな目標ができたと考えればいいとも思いますが。

 2年後の世界選手権は男女ともにヨーロッパが開催国(男子・トルコ、女子・チェコ)なのでアジアは開催国枠は関係なく、日本は男女とも、来年のアジア選手権で上位3位に入らないと世界選手権には出場できません(厳密に言うと、北京オリンピックでアジアの国が優勝すれば、その国を除いて上位3ヶ国に入ればいいわけですが、可能性はかなり低いので)←【訂正】自分でまとめておきながら、混乱していました。オリンピックでの優勝国は別枠で世界選手権の出場権を獲得するのではなく、その分、地区の枠から減らされるので、アジアの国が優勝した場合はその国+2チームでした。

【8/20 追記】
 とはいえ、アジアの国々が強くなり、世界で上位に入ることは、今後のアジアの枠にまった影響がないわけではありません。上位に入る国が多ければ、今後、FIBAアジアが枠の増加を求めたときにも説得力があり、通りやすくなりますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック雑感

 お久しぶりです! 1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。
そうこうしているうちに、北京オリンピックもすでに半ば。バスケは男女ともに予選ラウンドが終わりました。といっても、私は北京には行っていませんが…。
(オリンピック取材は取材証が取りにくいうえ、チケットでの取材だと制限も多く、進んで行きたいという気持ちにならないんです)

 バスケの試合は毎日テレビで見てます。アメリカではNBCがオリンピックの放映権を持っていて、関連チャンネルをめいっぱい使って放映しています。メインのNBCで放映する試合は限られているけれど、NBCで放映しないアメリカの試合はUSAチャンネルで生放送し、さらにこの期間限定の"Basketball Channel"というチャンネルを設けて(うちのケーブル会社ではMOJOというHDチャンネルを振替)、男女とも全試合を放映しています。一部録画だけど、生放送で見たければNBCのサイトでライブ配信もしているし、バスケットボールの放映に関してはかなり満足(他の面では、NBCで放映している番組が、東海岸はリアルタイム放映なのになぜ西海岸では3時間遅れなのかとか、不満がないわけではないのだけれど、バスケの試合を全部放映してくれている分でその不満はほぼ帳消し)。

 予選ラウンドが終わり、アメリカは男女ともに圧倒的な強さで全勝。男子代表が"Redeem Team"(名誉挽回のチーム)と呼ばれ、挑戦者として王者復活を狙っているということが注目されているけれど、実は女子も2年前の世界選手権の準決勝でロシアに敗れて3位に終わっているので、ミニ・リディーム・チーム。決勝トーナメントでアメリカとロシアが順当に勝ち進めば、再び準決勝でアメリカ対ロシアのマッチアップになるけれど、今回のロシアは強いのだか脆いのだか…。そういえばロシアの202cmのセンターは、かつてWNBAマーキュリーで萩原美樹子選手のチームメイトだったマリア・ステパノバ。当時19歳だった彼女も今は29歳です。

 アジアの国も頑張ってますね。イラン男子は予選ラウンドで脱落したものの、中国は男女ともに決勝ラウンド進出。特にヤオ・ミン今回のオリンピックにかける思いがとても強かったので、ドイツに勝って喜んでいる姿は見ていてこちらまで嬉しくなりました。さらに、緒戦でロシアに金星をあげそこねた韓国女子も、最終戦でラトビアに勝って決勝ラウンド進出。毎試合、リバウンドの数では圧倒的に負けながらも、ターンオーバーを最小限にして、3ポイントで効率よく得点することで勝機を得ている韓国に対して、アメリカの解説(現・元WNBA選手)は「コーチがすばらしい」と賞賛してました。アトランタのときの日本女子も似たような戦いぶりで決勝ラウンドに進出し、地元ファンの間で人気だったのを思い出しました。
 【追記】ところで、今回、アジアの国が決勝トーナメントに進んだことで2年後の世界選手権でのアジア枠が増えると思っている方も多いようですが、残念ながらこれはまったく直接的には影響ありません。アジアからは男女ともに3枠。これについては、別記事で詳しくアップします。

 きょうは思い浮かぶままに記しただけの文章になってしまいましたが、次から数回は、7月末の男子アメリカ代表のキャンプなど、更新をサボっていた間の取材ネタも織り交ぜて書いていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »