« コービー・バスケットボールアカデミー | トップページ | オリンピック&世界選手権の出場枠 »

2008年8月18日 (月)

オリンピック雑感

 お久しぶりです! 1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。
そうこうしているうちに、北京オリンピックもすでに半ば。バスケは男女ともに予選ラウンドが終わりました。といっても、私は北京には行っていませんが…。
(オリンピック取材は取材証が取りにくいうえ、チケットでの取材だと制限も多く、進んで行きたいという気持ちにならないんです)

 バスケの試合は毎日テレビで見てます。アメリカではNBCがオリンピックの放映権を持っていて、関連チャンネルをめいっぱい使って放映しています。メインのNBCで放映する試合は限られているけれど、NBCで放映しないアメリカの試合はUSAチャンネルで生放送し、さらにこの期間限定の"Basketball Channel"というチャンネルを設けて(うちのケーブル会社ではMOJOというHDチャンネルを振替)、男女とも全試合を放映しています。一部録画だけど、生放送で見たければNBCのサイトでライブ配信もしているし、バスケットボールの放映に関してはかなり満足(他の面では、NBCで放映している番組が、東海岸はリアルタイム放映なのになぜ西海岸では3時間遅れなのかとか、不満がないわけではないのだけれど、バスケの試合を全部放映してくれている分でその不満はほぼ帳消し)。

 予選ラウンドが終わり、アメリカは男女ともに圧倒的な強さで全勝。男子代表が"Redeem Team"(名誉挽回のチーム)と呼ばれ、挑戦者として王者復活を狙っているということが注目されているけれど、実は女子も2年前の世界選手権の準決勝でロシアに敗れて3位に終わっているので、ミニ・リディーム・チーム。決勝トーナメントでアメリカとロシアが順当に勝ち進めば、再び準決勝でアメリカ対ロシアのマッチアップになるけれど、今回のロシアは強いのだか脆いのだか…。そういえばロシアの202cmのセンターは、かつてWNBAマーキュリーで萩原美樹子選手のチームメイトだったマリア・ステパノバ。当時19歳だった彼女も今は29歳です。

 アジアの国も頑張ってますね。イラン男子は予選ラウンドで脱落したものの、中国は男女ともに決勝ラウンド進出。特にヤオ・ミン今回のオリンピックにかける思いがとても強かったので、ドイツに勝って喜んでいる姿は見ていてこちらまで嬉しくなりました。さらに、緒戦でロシアに金星をあげそこねた韓国女子も、最終戦でラトビアに勝って決勝ラウンド進出。毎試合、リバウンドの数では圧倒的に負けながらも、ターンオーバーを最小限にして、3ポイントで効率よく得点することで勝機を得ている韓国に対して、アメリカの解説(現・元WNBA選手)は「コーチがすばらしい」と賞賛してました。アトランタのときの日本女子も似たような戦いぶりで決勝ラウンドに進出し、地元ファンの間で人気だったのを思い出しました。
 【追記】ところで、今回、アジアの国が決勝トーナメントに進んだことで2年後の世界選手権でのアジア枠が増えると思っている方も多いようですが、残念ながらこれはまったく直接的には影響ありません。アジアからは男女ともに3枠。これについては、別記事で詳しくアップします。

 きょうは思い浮かぶままに記しただけの文章になってしまいましたが、次から数回は、7月末の男子アメリカ代表のキャンプなど、更新をサボっていた間の取材ネタも織り交ぜて書いていこうと思います。

|

« コービー・バスケットボールアカデミー | トップページ | オリンピック&世界選手権の出場枠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/42208120

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック雑感:

» もはやNo-TV? [the 3rd line]
だからって、ラジオじゃないfrom NBC オリンピック観戦、NBCがオンラインで生放送始めたのでまさにこれ 「NBC's online Olympics ambitious, but not TV」 (August 17, 2008、Louisville Courier-Journal) 今回、マイナーなスポーツのTV放送が少ないなぁと思ったら、 オンライン放送がメインになっていた。 4分割の画面があったり、ビデオで国ごとで簡単にサーチ出来たり。 そして、変な実況、解... [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 12時31分

« コービー・バスケットボールアカデミー | トップページ | オリンピック&世界選手権の出場枠 »