« 岐路 | トップページ | 新クリッパーズ »

2008年9月29日 (月)

JBL開幕戦取材

 また少し、間があいてしまいました。9月半ばからきのうまで約2週間、日本に一時帰国していました。
(私信:今回は時間に余裕がない帰国だったため、帰国の連絡すらできなかった友人、知人も多数。ここを見て「なんだ、帰っていたのか」と思った方々、スミマセン!)

***

P1000013s_2   日本滞在中にちょうど田臥勇太選手が加わったリンク栃木ブレックスのJBL開幕2連戦(対東芝ブレイブサンダース)が行われたので、これだけは見なければと、宇都宮まで行ってきた。ブレックス2連敗という結果にも出ているように、まだチームは噛み合っていなくて、田臥だけでなく他の選手の持ち味も発揮できていなかった。走るチームのはずなのに、ほとんど走る機会がなかったり、パスがうまく繋がらなかったり、最後の詰めが甘かったり、見ていてもどかしい。今後、修正が必要なことがたくさん。いいように受け止めればこれからの伸びしろがあるとも言えるけれど、実際に伸びるかどうかは、田臥を含めた各選手の適応力次第といったところだろうかか。ブレックスが今ひとつの分、東芝の上手さばかりが目立つ試合だった。

P1000019s_4  さて、その東芝に昨季アメリカで何度か見た選手がいたので、開幕戦後に話を聞かせてもらった。
 その選手とは、東芝に新規加入したアメリカ人選手、コーリー・バイオレット。ゴンザガ大出身で、昨シーズンは、田臥が所属したDリーグで、アナハイム・アーセナルと同じディビジョンのアイダホ・スタンピードに所属していた。昨季のスタンピードはレギュラーシーズンで最高成績、最終的に優勝という強豪チーム。試合中大声を上げ続ける熱いコーチの元で、チームとしてまとまって戦う好チームだった。バイオレットはその中で特別ずば抜けたスタッツをあげていたわけではなかったけれど、それでも中心選手の一人で、頭がよく、器用で、しかも熱いプレイヤーだった(※)ので、かなり印象に残っていた。

※実際に話してみたらとても温和。昨シーズンの印象では審判に食ってかかるなど、けっこう短気なのかと思っていたけれど、コートを出て話した印象はまったく正反対だった。

 バイオレットと田臥、立場もポジションもプレースタイルも違うけれど、NBAから見ると共通点もある。二人ともポジションにしては少しサイズが足りないのだ。田臥のサイズ不足についてはよく言われるけれど、バイオレットの場合もNBAでPFをするには小さく、ずば抜けたジャンプ力を持っているわけでもない。かといってSFをするには少しスロー。こういった、「NBAに入るには何かが少し足りない選手」が世界中にはたくさんいるのだ。

 それにしても、Dリーグの優勝チームでそれなりのスタッツを残し、しかもDリーグ・オールスターにも出たバイオレットのような選手が日本でプレーすることを選んだということが少し意外だったのだけれど、本人いわく、これまで東芝でプレーした選手に話を聞いて好印象だったのと、実際に東芝からの勧誘がとてもプロフェッショナルだったことで、日本行きを決断したのだという。他にはベルギーとイタリアのチームからもオファーがあったけれど、東芝がオファーしてきたオファーほど条件がよくなかったらしい。これまでにミネソタやユタでサマーリーグに出たり、トレーニングキャンプに参加したりしてきて、今年もNBAチームからキャンプの招待があったほか、望めば再びスタンピードに戻ることもできたのだという。でも彼としては、NBAに向けてのアピールは去年したので、今はバスケットボールができる間に稼いでおきたいということらしい。

P1240183s_2  昨季、何度か対戦したアナハイムにいた田臥を覚えているかどうかバイオレットに聞いてみたところ、「よく覚えている。(田臥はプレータイムが少なかったけれど)先発の選手(ウィル・ブレイロック)よりも彼が出てきたときのほうがボールがよく動いていて、僕らのチームにとっては戦いにくかった。あのチームのコーチがなぜ田臥をもっと使わなのか理解できなかった」とのこと。まぁ、今、日本でプレーしているのだから、日本人選手の田臥に対するリップサービスも多少はあったのかもしれないけれど、実際に話を聞いた印象では、心にもないことを言ったわけでもないと思う。
(写真左は今年2月のスタンピード@アーセナル戦での田臥とバイオレット)

 JBLデビュー戦でのバイオレットは26点・12リバウンド、2戦目でも19点・13リバウンドと大活躍。東芝にも、日本のスタイルにもあっているし、本人も「日本はとても気に入っている。ここはみんな親切だし、日本食、特に寿司が大好きだ。東芝はとてもプロフェッショナルで、望むものはすべて与えてもらっている」と言っているので、この先、何年も日本でプレーし続けるような選手になるかもしれない。

***

 田臥選手やブレックスについては、田臥選手本人のほか多くの方に取材させていただいたのですが、ナンバー(10/16発売 714号)に記事を書く予定なので、まずはそちらに集中します。記事を書いたあとで書ききれない話が残っていたときには、あとからここにも書くかも。

|

« 岐路 | トップページ | 新クリッパーズ »

コメント

興味深い、タイムリーな話題ありがとうございます。

一般紙のスポーツ面でも、普段はコメントが無い「JBL」欄にて、”JBL6年振りのプレーだった田臥だったが、苦い敗戦”みたいな2行が入ってました。
勝っていれば、小さな囲み記事にでもなりそうな注目度ではないでしょうか。 (^^)


「あのチームのコーチがなぜ田臥をもっと使わなのか」を勝手に解釈すると、田臥にとってコーチとの相性がいかに重要かという事を物語っている気がします。


栃木の最初の相手が東芝というのは、不利な組み合わせでした。加藤ヘッドは、開幕前の練習ではあまり指示をせずに、自分達で考えさせていたそうですので、あと3試合くらいはこの調子で過ごすのかも知れません。
まるでPhill J.のようなプロ選手の扱いで、あとあとチームの結束力を生む期待が持てます。


しかし、バイオレットは、ダブルダブルダブル(2連戦)ですか。堅実なプレーをしそうな"顔"ですので、緻密なバスケをする東芝にはフィットしそうな気がします。

投稿: kawashiman | 2008年9月30日 (火) 04時52分

>まるでPhill J.のようなプロ選手の扱いで

そういえば、「コーチはコート上で戦えないから」と何度も口にしていました。その意味でも、自分のやりたいことを理解してくれている田臥が入ったことは、加藤監督にとっても大きなプラスだったようです。

加藤監督には、開幕戦前に練習の取材に行ったときにお話をうかがったのですが、相変わらずの熱い語りをたっぷり聞かせていただきました。加藤監督の後に川村選手の取材が入っていたのですが、あまりの長さに川村選手、しびれを切らして部屋に入ってきちゃいまいたから。そしたら、加藤監督、「あ、悪い、悪い。じゃ、俺が中断するから」と自ら退席。川村選手に話を聞いたあとで事務所に場所を移して再開、さらに熱く語ってくださいました。

投稿: 陽子 | 2008年9月30日 (火) 16時12分

あ、陽子さん宇都宮の試合にきてらっしゃったんですね。僕も2戦目は観戦していましたから、ご挨拶できず残念です。お忙しいみたいですが、今後もブログや記事を楽しみにしていますね!

投稿: ひーろー | 2008年9月30日 (火) 22時16分

>ひーろーさん
はい、2試合とも行ってました。ひーろーさんも日本に戻られていたんですね。

宇都宮、もっと東京から遠いのではないかと覚悟して金曜の夜は一泊したのですけれど、湘南新宿ラインだと新宿や池袋から乗り換えなしの1本だし、もっと急いでいるときは新幹線という手もあるし、思っていたよりは近かったです。ブレックスの某選手(田臥選手ではない)は、よく新幹線を使って東京方面に出ると言ってました。

今回の記事は10/16発売のナンバー714号掲載の予定です。

投稿: 陽子 | 2008年10月 1日 (水) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/42641352

この記事へのトラックバック一覧です: JBL開幕戦取材:

« 岐路 | トップページ | 新クリッパーズ »