« 続・準備期間 | トップページ | JBL開幕戦取材 »

2008年9月 2日 (火)

岐路

P1250155s  田臥勇太選手が7月のNBAサマーリーグ@オーランドに参加したときのことをブログで書きそびれていたので振り返って書こうと思っていたのだけど、その前に、本人が日本に帰国&JBLのリンク栃木ブレックスと契約というビッグニュースが出てしまった。なので、今回の帰国のことをサマーリーグの取材話を交えながら書いてみようと思う。

 今回の田臥の帰国がNBAを諦めての帰国ではなく、挑戦を続けるための帰国だということは本人もブログに書いているし、きょうの記者会見でも語られたことだとは思うのだけど、それに関して、アメリカで取材してきたことを交えて少し書いておこうと思う。帰国の決断をした後は本人とは話をしていないので、その部分に関しては私の想像も交えてあるけれど、たぶん、それほど見当違いなことはないとは思う。

 4月、シーズン終了のときにも書いたけれど(4/18シーズン終了(2))、昨シーズンは田臥にとってはかなり厳しい、それでいて充実感もあるシーズンだった。去年秋、NBAのトレーニングキャンプにも呼ばれず、所属するはずだったDリーグのチーム(ベイカーズフィールド・ジャム)からはシーズン前にいきなり解雇され、バスケットボール・シーズンが始まってからもしばらくは一人で練習するしかない日々だった。その後、別のDリーグ・チーム(アナハイム・アーセナル)から声をかけてもらい、ローテーション外でプレータイムがもらえない試合もあったりする中で、あくまで控えとはいえ、少しずつコーチの信頼を勝ち取って試合に出られるようになった。一番の目標だった成績という結果だけ見ると、決して成功といえるシーズンではなかったかもしれないが、アーセナルではチームメイトとの関係もマイナーリーグとは思えないほどよく、Dリーグのレベル自体もやりがいがあるものだったので、4月にシーズンを終えたときには「今までで一番充実したシーズンだった」とも言っていた。

 そんなこともあってか、実はシーズンが終わった時点では彼は日本でプレーすることはまだ考えていなかった。Dリーグでは3年間やってみて、思ったような結果(個人成績、NBA昇格)には繋がらなかったので、別の道を考えるかもしれないなとは思ったし、実際に本人もヨーロッパのリーグは視野に入れるとは言っていたけれど、あの時点では日本に戻ることはまだ選択肢ではなかった。日本のバスケ界のことは気にかけていたけれど、海外でチャレンジを続けることで外から刺激を与えるという形で貢献していきたいと言っていた。「それが今の自分のできる貢献の仕方」と言っていた。

 それじゃ、そのときから4ヶ月で気持ちが変わり、日本帰国という道を取ったのはなぜなのだろうか。それは、7月のサマーリーグでの経験があったからなのだと思う。

P1270883s  これまでNBAサマーリーグは田臥にとってはNBAに認めてもらう場というだけでなく、プレーするのが楽しい場だった(これは、NBAのトレーニングキャンプも、そしてDリーグも同じく)。高いレベルでプレーできることが楽しいと何度も言っていた。だからこそ、前もってネッツから3番手、場合によっては4番手のポイントガードという立場になるかもしれないと聞いていても、サマーリーグに参加することを選んだのだった。プレーで証明すればプレータイムも増えるだろうと思っていたところもあるかもしれない。

 でも、結局、プレータイムはあまりもらえなかった。特に2試合目の前半に出たときにターンオーバーやシュートミスからチームの流れが悪くなってしまってからは、ほとんど出番がなくなってしまった。もちろん、ミスをしたからプレータイムが減るというのは当然だし、ここでもう少し活躍できていたら、もう少しプレータイムがもらえていたかもしれない。でも、若手選手なら同じようなミスをしても使い続けてもらえる。むしろ、サマーリーグは若手にそういう経験をさせるための場なのだ。ベテラン(中堅)の選手の場合は違う。いつの間にかベテランになっていた田臥にとってサマーリーグは自己証明でプレータイムを勝ち取る場でもなくなっていたのだ。
 これまでと同じ考え方でやっていてはいけない。いろいろ根本から考え直さなくてもいけない。そういうことを肌で感じたサマーリーグだったのだ。そしてそれを肌で感じられただけでも、このサマーリーグに来てよかったと言っていた。「そうでなかったら、またずっとここにしがみついていたかもしれない」と言っていた(このあたりのことは7月に発売された月刊バスケットボールとHOOPの9月号に詳しいレポートを書いてます)。
 これは、サマーリーグについて言っていたことだけれど、それだけでなく、今までしがみついていたことを見直す時期だと感じたのだと思う。年齢。プレータイム。プレーする場所。契約金。そういった、今まで自分自身の中での常識、こだわり(年を重ねてきてもこれまでと何も変わらないと思っていた。プレータイムは自分の力で勝ち取ればいいと思っていた。プレーする場はアメリカにこだわっていた。マイナーリーグのように契約金が低い場でも構わないと思ってきた)に対して、田臥は「今までとは少し違う。しっかり考えていかなきゃいけない」と言っていた。

 このサマーリーグのときに、次の進路を選ぶときにいくつかの選択肢があったら何を基準に選ぶか聞いたところ、こう言っていた。
「(チームの)状況を見て、どれだけ出られるかというのをまずしっかり確認して、どういう(プレー)スタイルかっていうのを確認していきたいですね。それで、どっちが自分にとってベターなのかっていうところで判断していきたいなと思います」
 言い換えると、自分にどれだけあったスタイルで、どれだけプレータイムを得ることができるのか、チームのほかの選手などの状況はどうなのかを判断するということ。
 ただ単により高いレベルでやりたいのならDリーグで続けることを選んだと思う。あるいはヨーロッパを選んだかもしれない。でも、そういう場ではシーズンが始まって一から自分を証明し、コーチの信頼を勝ち取るということをまた繰り返さなくてはいけない。それによってプレータイムを勝ち取ることができたとして、確かにそれは自分のレベルアップに繋がるかもしれないが、シーズンを通しての数字という結果として残すのは難しい。
 そういうやり方を3年繰り返してきただけに、今回は最初から確実にプレータイムが得られるとわかっているチーム、自分に信頼をおいてくれているとわかっているコーチのもと、自分にあっているスタイルのチームでプレーすることを最優先にしたのだと思う。そしてそれが、高校時代のコーチ、加藤三彦コーチがいるブレックスだったのだろう。そう考えると、今なぜ日本なのか、その中でもなぜブレックスという選択をしたのかがわかると思う。

 NBAへの挑戦を続けるといくら本人が言っても、日本に帰ったことで一歩後退だと思う人もいるかもしれない。実際のところ、日本のリーグでいくら活躍しても、どれだけ数字をあげても、それだけでNBAやヨーロッパからチャンスをもらえるわけではないと思うし、プレータイムなどプラスになる部分がある一方で、別の面で苦労すること、考えなくてはいけないことが出てくると思う。本気で挑戦を続けるつもりなら、そういった足りない部分をどうやって補うのかを考えていかなくてはいけないだろう。年齢的にも30に近づき、すでに将来性は売りにならなくなっている。その中でチャレンジを続けるためには意思を強く持ち続けることも必要だろう。日本に帰ったから簡単なのではなく、日本に帰ってもチャレンジを続けることは、これまでよりさらに大変な道だと思う。

 それでも、それが田臥選手本人が、この道が前に進むための道だと思って決めたことなら、海の反対側から応援したいと思う。そういえば、前にも同じようなことがあったな~。6年前、BYUHを辞めて帰国し、トヨタに入ったとき。まわりではいろいろ言う人はいたけれど、本人は「日本に帰ったからって、逃げて帰ってきたわけでも、終わったわけでもない」と主張していたっけ。
 
 最後に、4月のブログ記事でも掲載したことの再掲になるが、シーズン終了時点での田臥選手の言葉をあらためて紹介しようと思う。まだ帰国を決める前のインタビューでの言葉だけど、今の彼の気持ちをよく言い表しているのではないかと思う。

「NBAでやりたいという気持ちはいつでも持っていて、当たり前のこととして置いてある。僕はNBAに近づいたか近づいていないかっていう言い方はしたくないんです。どこでどんなチャンスがあるかわからないし、誰が見てくれているかもわからない。そのためにアメリカに来てDリーグでやっているわけですから。今やるべきことをやっていって、NBAにより近づけるためにこれからどのステージ(舞台)を選んで、どこのチームを選んでやっていくかっていうのを探りながらやっていくことが必要だなって思います」

|

« 続・準備期間 | トップページ | JBL開幕戦取材 »

コメント

宮地さ~ん、ついに田臥選手のプレーが生で観られるときがきました。
今回帰国するにあたっていろいろなことを耳にしていますが。現実に生きていていろいろない人はいませんから、田臥選手も例外ではないと思います。でも、そのプレーを見られることが、本当に嬉しいし、楽しみ。それだけです。
頑張ってください。北海道に来たときに必ず、観にいきます。

投稿: nao@札幌 | 2008年9月 5日 (金) 21時20分

>nao@札幌さん

>そのプレーを見られることが、本当に嬉しいし、楽しみ。

選手にとっても、ファンにこう言ってもらえるのが一番嬉しいことなんだろうな~と思います。

それにしても、田臥選手の試合を見たい、プレーを見たいというファンの人が多いことにビックリ。まぁ、でも、よく考えたらそれも当然ですよね。アメリカで試合を見てきた私でも、日本でどれだけのプレーを見せてくれるのか楽しみなんですから。

投稿: 陽子 | 2008年9月 7日 (日) 17時56分

ShaqがSUNSのプレースタイルに合わないとして移籍時に話題となりました。結果も出ませんでした。
それはShaqの力が無くなったからではないと思います。

今回、どういうプレースタイルかを確認することを優先したのは正しい選択だと思い、安心しました。
なんと言っても、彼のトリッキーなプレーを100%許してくれるのは加藤さんでしょうし、時には点を取りに行けと言えるのも加藤さんだと思います。

今回サマーキャンプに若手がこぞって参加した経緯や、得たものを記事で読み、今思うと田臥の「外から刺激を与える」効果がやっと成果となり、若手が外へ刺激を受けに出たのだと思います。

今度は、中で刺激を与えて欲しい。
田臥らしいプレーが日本のバスケを盛り上げること、間違いありませんョ。


※「田臥勇太を解く!」として以前ブログに書いたURLを蛇足で載せました。↓

投稿: kawashiman | 2008年9月 8日 (月) 00時59分

でしょうね。私は田臥選手がアメリカでやっていくと決めから注目しましたから、日本のその姿を見たのは1回だけです。その前からファンの人はもっと切望していたでしょうね~~~~
私は職場のバスケット好きのメンバーで観にいくことになると思います。来年の1月に北海道に来る予定ですから。まだまだ先だなぁー

投稿: nao@札幌 | 2008年9月 8日 (月) 04時37分

正直bjleagueの某チームのホームタウンの住人としては複雑ですね・・・
日本にいるのにリーグが違うし、対戦相手として来る訳でもないし、毎回テレビでやる訳でもないと思うし・・・(..)
早くみんなが納得する形でリーグ統一して欲しいっす

投稿: 橙 | 2008年9月 8日 (月) 16時20分

>kawashimanさん

>今回、どういうプレースタイルかを確認することを優先したのは正しい選択だと思い、安心しました。

どんな選択をしても絶対正解ということはないと思うのですが、それでも、今の自分に何が必要かを考え、その上で導き出した結論だということだけでも、betterな選択だったとは言えるのではないかと思います。

>今思うと田臥の「外から刺激を与える」効果がやっと成果となり、若手が外へ刺激を受けに出たのだと思います。

そうなのかもしれませんね。実は、田臥選手とはこのトピックについては何度か話していて、そのたびに、他の選手にももっと外に出てきて、自分で経験してほしいって言っていたんですよ。

>「田臥勇太を解く!」として以前ブログに書いたURLを蛇足で載せました。

アルバカーキ時代ですね。懐かしい。Dリーグにいた3シーズンを振り返ると、あのときのヘッドコーチ、マイケル・クーパーが一番、田臥選手にはあっていたコーチだったと思います。


>nao@札幌さん
>橙さん

>来年の1月に北海道に来る予定ですから。まだまだ先だなぁー
>毎回テレビでやる訳でもないと思うし・・・(..)

お二人の待ち遠しい気持ちや、もどかしい気持ちを解消するためにも、まずはもう少しテレビ放映の試合が増えるといいですね。そのうち、どこか名乗り出そうな気もしますけれど(何の根拠も内部情報もなく書いてますので、期待はしないでね)。

>早くみんなが納得する形でリーグ統一して欲しいっす

細かいことですが、「みんなが納得」というのを求めると、たぶんいつまでたっても統一できないと思うんです。何を優先するのか、この先、日本バスケ界がどういう方向に向かえばいいのかをとことん話し合い、その上で、誰か行動力、決断力、実行力がある人に一任するしかないかなと思ってます。決断する際には、多少の不満や外野の声は無視できるくらいの人。そして、できればどちらのリーグとも利害関係がない人。その人選が一番難しそうですけれど…。だいぶ前から、私は日本に必要なのはジョーダンよりもデビッド・スターンって言っているんですけれど、本当に、今こそ日本のデビッド・スターンに出てきてほしいものです。

つい、トピックとは関係なく語ってしまいました(苦笑)

投稿: 陽子 | 2008年9月 9日 (火) 20時41分

マイケル・クーパーとは、あのクーパーだったでしたかね。LALのShowTimeに近いプレーを能代工で創造していた田臥ですから、通ずる何かがあったのでしょうねぇ。ゲームメークに必要なタレントとして求めるものが違うというか・・・

そう捉えると、やはり加藤さんの胸に飛び込んだ成果の高さを期待できそうな気がします!

投稿: kawashiman | 2008年9月15日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/42363818

この記事へのトラックバック一覧です: 岐路:

» 田臥勇太の判断 [REMOVE BEFORE FLIGHT]
宮地陽子さんのブログに田臥勇太が日本に戻ってくることに当たっての背景が書かれていた。 宮地さんの記事はいつも冷静な視点が興味深い。 日本人初のNBA経験者である田臥勇太はアメリカでNBAを目指して下部リーグのD-Leagueでキャリアを積んできたわけだが、来シーズンから日本のチームでプレイすることになった。 彼はあくまでNBAでプレイすることを目標に置いているわけだが、アメリカから帰ってくるということを「後退」と捉える人は多いようだ。 本人のブログによると、あくまで今彼にとって必要なのはプレイタイ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 07時48分

« 続・準備期間 | トップページ | JBL開幕戦取材 »