« 川村卓也から見た田臥勇太(2) | トップページ | パソコン、ローズ、BJにオバマ »

2008年10月27日 (月)

ブレックス取材こぼれ話

 すっかり間があいてしまいました。早いもので、明日はNBA開幕。完全にNBAモードになる前にリンク栃木ブレックスの話の続きとして、Number714号掲載の記事では書ききれなかったことを、書き留めておきます。

■田臥の勧誘(加藤HCと田臥の関係)
 田臥がブレックスに入るというニュースが流れたとき、たぶん多くの人が、能代工高校の恩師、加藤三彦監督からの勧誘があったからだろうと想像したと思う。でも、実は加藤HCはブレックスのHCに就任した後、一度も直接、田臥には連絡を取っていなかった。実際、ブレックスHCに就任した少し後に田臥に取材したときも、「(加藤監督からは)連絡も何もないです」と言っていた。

 実は、ブレックスが田臥の代理人に契約オファーを出したときに、代理人から「本人とは直接コンタクトを取らないこと」と言われていたのだという。それでも、先生と教え子なわけで、直接的な勧誘でないにしても連絡取るくらいはしても不思議なような気もするのだけれど、それさえなかったという。最初から欲しくてしかたない選手だったのに、なぜ、直接連絡を取ろうともしなかったのだろうか。そう聞くと、加藤HCはこう言った。
「僕はけっこうルールを守るほうですね。彼(田臥)もルールを守るほうだから、たぶん、お互いにルールを守るから(直接)連絡を取れなかったんだと思います」

※余談だけど、長年アメリカで取材してきた中で田臥から加藤HCの名前が出ることはほとんどなくて、密かに「実は仲が悪かったりして」なんて勘ぐったこともあった(スミマセン!)。
 今回、田臥本人にそう言ったら、「そんなこと(仲が悪いなんていうことは)、ないですよ」ときっぱり否定されてしまった。「今までは先生と生徒という立場のほうが強かったので、正直、あまりコミュニケーションを取る機会もあまりなかった。新年の挨拶をメールでさせてもらったり、節目節目で挨拶させてもらうくらい」とのこと。
 高校生のときの先生(コーチ)と生徒って、そういうものかもしれないけれど、先生(加藤)が言うことを、生徒(田臥)が「はい、はい」と言って聞くような、言ってみれば一方的な関係だったのだという。
 それが、今回、こうい形でプロチームのプロコーチとプロ選手という関係になったことで二人の関係もだいぶ変化し、より対等な関係で、双方向の話ができる関係に発展しているのだそうだ。かつての教え子とこういう関係になれるのって、先生(HC)にとってはすごく嬉しいことなんじゃないかなと思う。

 P9210001s ■チーム経営の側面から見た田臥獲得
 シーズン直前にいきなり田臥を獲得することになって、金銭的にブレックスは大丈夫なのだろうかと心配する人もいたのではないだろうか。あるいは、最初から田臥獲得を考えて資金繰りをしていたのかと想像した人もいるかもしれない。それを、山谷GMに聞いてみた。そのときの山谷GMの言葉。
「我々はプロのチームなので、企業のチームのように、『今年いくら使います』ということを決めて、それをどう分配していくかっていうか、割り振っていくかっていう考え方ではないです。先行投資をすれば、そこでどれぐらい回収できるんだろうとかということを考えていくわけなので。だから、よく『お金がすごくあったんですか?』みたいな話をされますけれど、いや、ないからこそ我々としては(田臥を獲得したかった)。プロのチームとして、初めてJBLに上がるチームとしてはやはりインパクトが欲しいですし、経営的には正直、そう思いました。だから、そこは先行投資という意味合いで。興行なども算盤弾いて…というところまではいってなかったですけれど、ただ非常に可能性はあると判断して、経営的には判断したつもりです」

 確かに、こういう話を聞くと、プロチームでないと今回のようにぎりぎりまで田臥の決断を待つということはできなかったのかもしれない。それが、決められた予算を変えることができない(変えにくい)実業団チームの限界ということなのかもしれない。

 それでは、実際に田臥がブレックスに入って、スポンサーが増えたり、チケットが売り切れ連続になって、支払った契約金(額まではさすがに教えてもらえませんでした)に見合うだけの収入が入るだけの見通しが立ったのだろうか。そう聞くと、山谷GMはこう答えた。

「ある意味、彼(田臥)が来てくれるという決断をしてくれた中で、それがペイできなければ、経営は何をやっているんだっていう話ですよね。だから、それぐらい彼が決断をしてくれたことに敬意を表していますし、それを生かさなきゃいけない(と思っています)」

(写真は、ブレックスのオフィス近くに置いてあった自動販売機です)

|

« 川村卓也から見た田臥勇太(2) | トップページ | パソコン、ローズ、BJにオバマ »

コメント

はじめまして


今回の更迭劇はどのようにお考えでしょうか?

自分は、正直悲しかったです。
加藤さんのチーム作りを見たかったと思っています。


投稿: ヒデト | 2008年11月15日 (土) 20時44分

>ヒデトさん
コメント、ありがとうございます。
突然の監督交代は本当にびっくりでした。

今回の監督交代に関しては直接取材していないのですが、今、このタイミングで決断を下したということは、チームの状況が傍から見ているとわからないくらい悪くなっていたのかなと想像しています。

断片的な情報しか入ってきていないので、ここからはNBAでのコーチ交代などを見てきての一般論として書きますが、チームとして前に進むために何かを変えなくてはいけない局面というのがあります。そして、そのときの変化は、必ずしも当時者にとってフェアかどうかではなく、前に進むために最善の道はどれか、という判断になることも多いです。一見、更迭/解雇された人だけが責任を負わされたようにも見えますが、実際には、残った人たちには、残ったからこそ果たさなくてはいけない責任が発生するのだと思います。

加藤コーチ&田臥選手の関係がシーズン半ばで解消になってしまったことは残念ですが、加藤さんは生涯コーチとしてやりたいという気持ちを持っている方なので、またどこか別のステージでコーチとして復活されるのではないでしょうか。

投稿: 陽子 | 2008年11月17日 (月) 11時03分

宮地さん、こんにちは。

現場の声が生で聞けるので、更新を楽しみにしてます。

宮地さんから見て、栃木はJBL2にいたときと、どのように変化したと思われますか?

戦略面や選手の精神的な面など、加藤監督がチームに及ぼした影響をお聞かせ願いたいです。

加藤監督の更迭は非常に残念です。
高校バスケの監督が、プロのチームをどのように采配するのか、楽しみにしていたのですが…。

投稿: イシハラ | 2008年11月19日 (水) 21時21分

>イシハラさん

書き込み、ありがとうございます。

>宮地さんから見て、栃木はJBL2にいたときと、どのように変化したと思われますか?

JBL2時代の栃木は取材していないので、どう変化したのかは私にはわかりません。
(日本のチームや選手に関しては、直接取材する機会が多くないもので、どうしても、限られた情報になってしまいます)

>戦略面や選手の精神的な面など、加藤監督がチームに及ぼした影響をお聞かせ願いたいです。

イシハラさんの質問の答えとは少しずれてしまうかもしれませんが、9月に加藤さんに話を聞いた時には、しきりと、選手にはコートの上で自由にやってほしいということを言っていました。プロなのだから、高校生のように何もかもコーチが指示したり、できないときに叱ったりするような教え方ではなく、コート上での最低限の決まりごとだけあれば、あとは自分たちで判断できるだろうと思っていたと。

ただ、それまで細かにコーチから指示を受けて、それに従うというやり方でやってきた選手たちは、そういった、ある種放任のやり方に戸惑っているようです。そして、そういった選手側の戸惑いを加藤さん自身もわかっていたようで、それならどうしたらいいのか、というのが悩みの種でもあったようです。
(そういえば、そのときに、チームの中では年齢は一番下だけど、川村選手が一番自分で判断できる選手だと評価していました←田臥選手加入前の話です)

質問の答えになっていなくてすみません。憶測では書きたくないもので。

投稿: 陽子 | 2008年11月20日 (木) 00時23分

ご回答をありがとうございました。
フロントと監督の間だけでなく、選手と監督の間にも、様々な溝があったようですね。

川村選手のような、自分の力でゲームを作る選手は必要だと思いますが、そういう選手ばかりでも、監督はチームをまとめづらいでしょうし。

難しいところですね。

投稿: イシハラ | 2008年11月24日 (月) 00時49分

この記事を見て、現代のバスケットボールの試合中のプレイは常に臨機応変な対応力を必要とされているから一人一人が状況判断してプレイすることが求められているにも関わらず、ジュニア世代から常に指導者の指示通りのみプレイする選手を積極的に育成し、反対に常に自分の頭で考え判断してプレイできる選手の育成を長年疎かにしてきた結果がそのようなゴタゴタを産んだ要因の一つやと思うで。相変わらず時代錯誤な行動や発言を継続しとる、現代の常識やバスケットボールを理解及び遂行出来てへん、これが日本の低迷を示すほんまの理由で現状やと思うで。せやから、常に他人の言いなりや指示通りに行動するんやなく、常に自分の頭で考え判断し、日常生活を送れる、バスケットボールをプレイできる、自己主張や自己表現できる人材の育成も必要不可欠やと思ったで。

投稿: ホルへ | 2010年8月21日 (土) 17時31分

>ホルヘさん

コメント、ありがとうございます。

>ジュニア世代から常に指導者の指示通りのみプレイする選手を積極的に育成し、
>反対に常に自分の頭で考え判断してプレイできる選手の育成を長年疎かにしてきた結果が

これは、ブログの本文記事というよりはコメント欄で書いたことに対して、ですね?

確かに指導者の指示通りのプレーを評価するというのはあるかもしれませんね。ただ、それはバスケの指導者だけでなく、これまで日本の社会全体がそういった価値観だったのではないかと思います。

長年の社会の慣習や常識を変えるのは簡単なことではないのはわかるのですけれど、高校生ぐらいまでの間に自分で考えて判断する力も育ててほしいなと思います。

投稿: 陽子 | 2010年8月24日 (火) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/42930732

この記事へのトラックバック一覧です: ブレックス取材こぼれ話:

« 川村卓也から見た田臥勇太(2) | トップページ | パソコン、ローズ、BJにオバマ »