« ブレックス取材こぼれ話 | トップページ | 色とりどり »

2008年11月19日 (水)

パソコン、ローズ、BJにオバマ

更新が滞ってしまっているので、きょうはとりとめもなく、軽く雑談モードで。

■ 恒例にしたくないけれどなってしまっているパソコン故障。先日、またやってしまった。スリープ状態で机に少し強くぶつけてしまっただけなのだけど、起動しなくなってしまった。前回ほどひどくはなく、一応、中のデータは無事なようなので一安心(まぁ、私も少しは学習したので1週間前に全データのバックアップはとってあったけれど)。

修理で預けている間はとりあえず慣れぬVistaの機械を使っている。ところが、噂には聞いていたけれど、いつも使っているソフトがインストールできなかったり、インストールできてもいつも通りに作動しないものもあったりで、いつもの作業ができずに不便。修理から戻ってきたら、これはXPにダウングレードの予定。Vistaのほうがいいところもあるんだけど、しかたない。

■ きのうはブルズ@レイカーズの取材。シカゴを離れて4年たち、選手やコーチ陣はほとんど入れ替わってしまったけれど、番記者やスタッフはほとんど変わらずに懐かしい。懐かしいといえば、BJ・アームストロングが試合に来ていた。BJは今、大物エージェント、アーン・テレムの元でエージェント業を始めていて、ブルズの新人、デリック・ローズのエージェントをしている。ローズは、BJからジョーダン時代の話などをいろいろ聞いているらしい。

■ そのローズには試合前のロッカールームで話を聞いた。複数記者での囲み取材なので、話題はあっちにいったり、こっちにいったりだったけれど、ローズはプレーと同じように落ち着いた様子で、辛抱強く、まじめに最後まで答えてくれた。コート上でも、あの落ち着きぶりはまったく新人とは思えない。試合後、フィル・ジャクソンもコービー・ブライアントも賞賛だった。

■ 元マイケル・ジョーダンのトレイナーとして有名なティム・グローバーも試合に来ていて、試合前に食事しながら雑談。ティムは現在もNBA中に多くのクライアントを抱えるトレイナーで、シーズン中は必要に応じて、クライアントのところを転々としているのだ。 ティムは、去年夏に総工費1500万ドルという施設を建てたばかり(それまでは、元々あったバスケットボールコート付の建物を購入して使っていた)。

11/4のエレクションデー(選挙日)には、そのコートにバラク・オバマ次期大統領がピックアップゲームをしに来たらしい(オバマ次期大統領は、選挙の日にピックアップゲームをするのが習慣なのだ)。いっしょにプレーした中に元NBA選手(もしかしてジョーダンとか)がいるかと思ってティムに聞いたところ、さすがにそういうことはなかったらしい。いっしょにプレーしたのはみんな、30~40代の、かつて大学でプレーしていたくらいのレベルの選手たち。その中では、オバマは“Not bad”なレベルの選手だったとか。

#調べてみたところ、この日のピックアップゲームについてはいくつか記事にもなっていた。ESPNのカレッジバスケットボール専門のライター、アンディ・カッツも参加した一人だったらしい。

#ちなみに、オバマの義兄(ミシェル・オバマの兄)、クレッグ・ロビンソンは今シーズンからオレゴンステイト大のヘッドコーチ。これまた少し調べたところ、昨シーズンとその前のシーズンはアイビーリーグ、ブラウン大のヘッドコーチだったという。ブラウン@コロンビアの試合は偶然、この2シーズンとも取材に行っているので、そのときに撮った写真をチェックしたところ、確かにロビンソン・コーチがベンチにいた。目元がミシェル・オバマにそっくり。トリビア話ついでに、ロビンソンはブラウン大の前は6年間ノースウェスタン大のアシスタントコーチだったそうなので、2002~06にノースウェスタンでプレーしていたトニー・パーカー弟、TJパーカーも彼にリクルートされた可能性大。

|

« ブレックス取材こぼれ話 | トップページ | 色とりどり »

コメント

NBAの色々な裏話楽しく拝読させていただきました。

BJアームストロングがエージェントになったことは
どこかで読んで知っていましたが、彼の他にも
引退後にエージェントっていうケースは多くあるのですかね?

ボストンをカットされたダリアスマイルズが
ティムグローバーの元でトレーニングしている
という記事も見たような気がしますが、
マイルズもがんばって復活してほしいです。

投稿: モリモト | 2008年11月19日 (水) 23時55分

>モリモトさん
早速のコメント、ありがとうございます。こういう小ネタだと気楽に更新できるので、これからはもう少しこの形式を増やしていこうかな。

選手が引退後にエージェントになった例は、私はBJ以外、記憶にないです。ただ、たぶんエージェントになるのではなく、練習相手他の手伝いという形でエージェント会社と契約して働いている元選手はほかにもいるはず。具体的な例が思い出せませんが。

BJも、アーン・テレムのところで働き始めたときは、そういう立場だと思っていたのだけれど、実際にローズを顧客として抱えるようになってびっくりした覚えがあります。まぁ、テレムがいろいろと手助けをしているのでしょうけれど。

ダリアス・マイルス、確かにシーズン前はティムのところでトレーニングしていましたね。今はどうなのかな。また機会があればティムに聞いてみます。復活といえば、ショーン・リビンストンも夏にティムのところでトレーニングし、見事、ヒートの契約&ロスタースポットを勝ち取ってます(ティムは、あまり試合で使われていないのを不思議がっていましたが)。

投稿: 陽子 | 2008年11月20日 (木) 22時26分

追加情報です。ダリアス・マイルス、最近になってまた、ティムのところに通ってトレーニングし始めたそうです。ただ、どうやら彼はあまり練習熱心なほうではないようで。昔から身体能力が高くて、簡単にいろいろできてしまっていたので、本気で努力するという習慣がついていないのかもしれません。故障はもう特に問題なく、あとはNBAでプレーできるようなコンディションを整えるだけの状態らしいのですが、それがなかなか難しいようです。

投稿: 陽子 | 2008年11月26日 (水) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/43171935

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン、ローズ、BJにオバマ:

« ブレックス取材こぼれ話 | トップページ | 色とりどり »