« 元チームメイト | トップページ | 日本人選手のマーチマッドネス »

2009年2月27日 (金)

Sad news from Chicago

 シカゴから悲しいニュースが2つ、立て続けに入った。

 2/26午後、元ブルズのポイントガードで、ジェリー・スローンやボブ・ラブのチームメイトだったノーム・バンリアが、シカゴの自宅コンドミニアムで亡くなっているのが発見された。バンリアは、ジョーダン時代以降のブルズ試合のテレビ・スタジオ解説者、そしてスポーツ・ラジオ局でのキャスターを務めていて、シカゴ時代には取材現場でよく顔をあわせたものだった。とてもきさくなオジチャン。歯にきぬきせぬコメントには、幾度となくスカっとさせてもらったものだ。現役時代にも、スローンと二人で、かなり喧嘩っぱやいコンビだったと聞く。まだ死因は特定されていないが、実は心臓に病を持っていたという妻の言葉もあるので、心臓発作だったのだろうか。

 そして夜、癌の闘病中だったジョニー・レッド・カーが死去。ブルズとサンズの初代監督。ブルズの試合のテレビ解説者でもあった。彼については、発売になったばかりのHOOPの、Hoop Scoopのコーナーに記事を書いたばかりなので、興味ある人はそちらもぜひ読んでほしい。ニュースを知ったのは、サンズ@レイカーズ戦の取材中だったのだが、ブルズのヘッドコーチ時代、遠征中や試合前など、ジョニー・カーと話す機会が多かったというフィル・ジャクソンも、試合中、ベンチにいるときに訃報を知らされたのだという。

 シカゴ・サンタイムス紙の記事には、「シカゴ・ブルズ史上43年間で最も悲しい一日」という表現があった。長年に渡り、選手、コーチ、解説者としてブルズ・ファミリーにとって重要な役割を果たしてきた2人が、立て続けに、しかも同じ日に亡くなるとは。シカゴを離れて久しい私も、きょう一日だけは心がシカゴに引き戻されたような気分だった。

 心から、お二人のご冥福をお祈りします。

|

« 元チームメイト | トップページ | 日本人選手のマーチマッドネス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/44192150

この記事へのトラックバック一覧です: Sad news from Chicago:

« 元チームメイト | トップページ | 日本人選手のマーチマッドネス »