« おそろい | トップページ | welcome back! »

2009年3月18日 (水)

日本人選手のマーチマッドネス パート2

 おととい夜に一通のメールが届いた。差出人はエヴァンズビル大でプレーしている日本人選手、中根綾子さん。エヴァンズビル大という名前に聞き覚えがある人もいるかもしれないけれど、かつて大野慎子さんが4年間プレーしていたNCAA ディビジョンIの大学(ついでに書くと、現ユタ・ジャズのヘッドコーチ、ジェリー・スローンの母校でもある)。
 うかつにもメールをもらうまでチェックしそびれていたのだけど、そのエヴァンズビル大、カンファレンス・トーナメントで優勝してNCAAトーナメント出場を決めていた。シーズン成績はカンファレンス内が4勝14敗(!)と、ほとんど勝てなかった(カンファレンス外の試合を入れた成績は15勝18敗)のに、9位シードで出場したカンファレンス・トーナメントでは番狂わせあり、大逆転劇ありと、劇的に勝ち上がって優勝。まさに、これぞマーチマッドネスという展開でNCAAトーナメント出場権を勝ち取ったようだ。
 …と私が書くよりも、中根さん本人のメールを見てもらったほうが、その熱さが伝わると思うので、ご本人の了解を得て、以下、中根さんのメールから抜粋。

■まずは、トーナメントでの熱い戦いぶりについて

私、只今インディアナ州のエヴァンスビル大学に通う4年生であります。
また、大野慎子サンに次ぐ第二の日本人選手としてここ、エバンスビル大学のバスケット選手として4年間頑張ってきました。嬉しいことに、いまだ頑張っています!(笑)

なぜなら!今週末に行われた、MVCカンファレンスでなんと「優勝」したからです!!!大野さん時代以来のNCAAトーナメント出場を決め、私たち、また大学はとても盛り上がっています。

それも、9位シードでトーナメントをスタートし、2日目に第1位シードを13点差で破り、3日目は、20点差で負けていた前半を、後半追い詰め、ラスト数秒で3ポイントを決め、同点に持ち込み、オーバータイムで勝利。4日目のチャンピオンシップ戦では、同点で迎えた最後17,8秒で右の0度でブザービーターを決め、この試合を制しました!カンファレンスシーズンでは4勝しかできなかった私たちのチームがなんと劇的勝利でこのMVCトーナメントを制しました!
(以上、中根綾子さんのメールから抜粋)

 このメール文面にもあるように、エヴァンズビル大の女子バスケットボール・チームがNCAAトーナメントに出場するのはチーム史上2度目。1度目が1999年、大野慎子さんが1年生のときのときというのだから10年ぶり(あれから、もう10年もたつんですね~)。チーム史上に残る2つのチーム、どちらにも日本人選手がいたというのが嬉しいですね。

 エヴァンズビル大のNCAAトーナメント1回戦の相手は、強豪テキサスA&M大。3/22(日)米中部時間11時からで、会場はノートラダム大。シカゴに住んでいたら車で見に行くところだったんだけどな~。ESPN2での放映が予定されているようなので、米在住の方で視聴環境にある方はテレビでチェックしてみてください。ただし、同じ時間に行われるいくつかの試合が同時に放映予定になっているので、地区や試合の流れによって放映の試合が決められるのではないかと思います。LAでも放映しれくれるといいな~。

 あとは、インターネットのESPN360の視聴環境にある方なら、ライブ、リプレイともにこの試合をフルで見ることができるようです。ただ、男子のトーナメントを放映してくれるCBSのサイトとは違い、ESPN360はインターネットのプロバイダーで視聴できるかどうかを選別しているので、プロバイダーがその対象でない場合は見ることができません。残念ながら、たぶん、日本からも視聴できないと思います。

女子NCAAトーナメント組み合わせ表
http://www.ncaa.com/brackets/basketball/women/

■中根さん自身についても、もう少し書いておきましょう。ウォークオン(奨学金なしで、大学に入ってからトライアウトで入部)でエヴァンズビルのチームに入って4シーズン。プレータイムは限られていたようだけど、4年間ロスターに残ることができたというだけでもすばららしいことだと思う。以下は、再びご本人のメールから抜粋。

実は、自分はWalk-onとしてこのチームで4年間頑張っています。静岡県の浜松市にある、海の星高校を卒業し、4年前、この大学に入学を決めたとき、高校時代のテープを送り、こっちにきてから、TOFFLEとSATを受け、トライアウト(コーチとの個人練習とピックアップゲーム)をパスし、入団をいたしました。
Walk-onなので、ゲームに出る機会はとても少ない4年間でしたが、今年コーチングスタッグが新しくなり、プレイタイムは短かったけれど、何回か試合に出してもらう、シニアナイト(Senior Nite Game)と呼ばれる、4年生最後のホームゲームでは、なんとスタメンでプレイし、11分、2アシスト、1リバウンドでした。
(以上、中根綾子さんのメールから抜粋)


 カンファレンス優勝のときの写真を次のリンク先で見ることができます。16の写真が中根さんかな。他にも15など集合写真にも写ってますね。
http://gopurpleaces.com/photo_gallery.aspx?gallery=15

●そして、もうひとり、伊藤大司選手@ポートランド大もトーナメント出場が決定。ただし、こちらはNCAAトーナメントではなく、そのひとつ下のNITでもなく、NCAAにもNITにも選ばれなかったチームが出場できるようにと、今年から新たに始まったCITというトーナメント。1回戦は今夜(3/18) 7pm (PST)から、対戦相手はパシフィック大です。
http://www.collegeinsider.com/tournament/schedule.html

|

« おそろい | トップページ | welcome back! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/44395712

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人選手のマーチマッドネス パート2:

« おそろい | トップページ | welcome back! »