« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の記事

2009年6月29日 (月)

ドラ1

P1070020s クリッパーズのドラフト1位指名選手、ブレイク・グリフィンの入団会見に行ってきた。写真でわかるように、かなり大規模な会見。…ただし、メディアは全部で20人ぐらいだったかな? 残りは全員、スポンサー関係。

 グリフィンはテレビでのイメージ通り、マジメな好青年。記者会見でも優等生な回答をしてました。ドラフト指名後、何度も同じことを聞かれているだけあって、よどむことなく受け答え。その後の囲み取材のほうは、もう少しリラックスした感じで答えていたけれど。

P1070053s オールド・ファンには懐かしい、こんな人も会見に来ていました。25年前のクリッパーズ1巡目指名選手(14位)のマイケル・ケイジ。今はLAで、大学からプロまで、バスケの試合のテレビ解説をしてます。 きょうの会見でも質問をしていたけれど、あれはメディアとしての仕事だったのかな? で、会見後の撮影では元クリッパーズということでグリフィンと並んでパチリ。ケイジが帽子をかぶっているので少しわかりにくいけれど、身長はグリフィンのほうが少しだけ高いかな?(登録ではケイジが6'9"、グリフィンが6'10")

P1070049s  会見にはご両親も来ていて、これは3人での記念撮影。お父さんはグリフィンの高校時代のコーチ。当時はグリフィンにとってもだいぶ怖いコーチだったようですが、きょうは、終始ニコニコ。2歳上のお兄さん、テイラー・グリフィンも今回のドラフト2巡目でフェニックス・サンズに指名されてます。同じディビジョンだから対戦も多いのだけど、ご両親にとっては嬉しいやら、誇らしいやら、それでいてどっちを応援したらいいやら…と複雑な気分の観戦になるのかな。早速、来月のサマーリーグでも対戦がありますね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

Dリーグ・プレドラフト・キャンプ

P1060983s   この週末にLAで行われたDリーグ・プレドラフト・キャンプ、会場がうちから車で15分ほどの場所だったので、誰か日本人選手が参加していないかと思い、原稿書きの合間に行ってきた。
  今年、参加していた日本人は、bj高松ファイブアローズの中川和之と、bjリーグ審判の大河原則人(ゴンゾー)の二人。
 中川選手は2年連続の参加。前日に彼のブログを見たらアメリカに修行に出ると書いてあったので、もしやと思ったら、やっぱりいた。故障明けだった去年のキャンプよりも身体のキレがあり、いい感じ。特にきのう見た試合は攻守になかなかインパクトを残す活躍をしていた。ただし、本人いわく、今年はDリーグに入るために参加というよりは、自分の成長のための参加らしい。どちらにしても、特にガードの選手にとって、このキャンプからDリーグのトレーニングキャンプ招待にたどり着くのはかなり難関。キャンプのレベルが特別高いというわけではなく、Dリーグのコーチたちが、ここでガードを見つP1060949sけようとあまり思っていないから。ガードは選手層が厚いから一般公募で探す必要がないのだ。
 アメリカ人の中にもbjでのプレー経験がある選手が何人かいた模様。ひとりは、琉球ゴールデンキングスのクリス・エアー。背番号は去年と同じく身長順につけられていたのだけど、エアーは200人中最長身だったので200番をつけていた。

 このキャンプ、2年連続で見たけれど、得られるものに比べると値段が少し高め(確か$550だったかな)。参加費に2泊分のホテル代&朝食代も含まれていたことを考えればそれほど高くはないのかもしれないけれど、現地でキャンプだけ参加する人の割引は一切なし。たぶん今回、LAという参加しやすい場所だったのにもかかわらず、日本人の参加が少なかったのはそのためだと思う。
 そういえば、選手以外でもbjリーグでコーチをしている(&していた)人をチラホラと見かけた。スカウティングのために来ていた人と、自分自身の就職活動(?)のために来ていた人と。そうそう、10年以上前に引退した元NBA選手が、中川選手に「日本でコーチをしたい!」と売り込む場面もあった。
 7月にクリニックで来日予定の、レイカーズアシスタントコーチ、ジム・クレモンスの姿もあった。友人のコーチを迎えに来たのだとか。「(チーム主催の)優勝パーティー、どうだった?」と聞くと、「僕は若いときでもあまりパーティーは好きではなかったからねぇ…」と言っていた。マジメな人なのだ。

※ジム・クレモンスのクリニック詳細は掲示板[3565] に掲載しています。少し下のほうに行ってしまっているので、番号で探すか、掲示板にある検索欄にジム・クレモンスと入力して検索実行してください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

NBA Finals 2009 (3) 笑顔

レイカーズ優勝。

P1060818s久しぶりにコービー・ブライアントの顔に笑顔が戻ってきた。

ファイナルが始まってから試合のことしか考えず、ほとんど笑顔を見せようとしなかったコービーが、優勝の気配を感じたのかきのうから少しずつ笑顔を見せるようになり、きょうは試合が終わる前からこぼれんばかりの満面の笑顔。記者会見でも、白い歯を何度も見せていた。

横に置かれたトロフィーは、今年からビル・ラッセル・トロフィーと名づけられるようになったNBAファイナルのMVPトロフィー。

さて、ファイナルについてはもっといろいろと書きたいところだけど、あと1時間ほどでホテルを出てLAに戻り、戻った後も今週末にかけて何本か原稿をあげなくてはいけないので、続きは少し後になります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

NBA Finals 2009 (2) 2人のPG

P1060642s_2

"The Finals Game 5 Sunday"

 (1)を書いた後、取材と移動と原稿で忙しく、すっかり間があいてしまった。このままだと(2)をアップしないうちにファイナルが終わってしまう…ということで、あわてて、原稿の合間に書いてます。
 ご存知のように、NBAファイナルは現在4戦まで終わってレイカーズが3勝1敗で優勝に王手をかけている。明日の日曜に行われる第5戦でレイカーズが勝てばレイカーズ優勝、マジックが勝てばLAに戻って火曜に第6戦が戦われる。

P1060641s  さて、この数日論議を呼んでいるのが、マジックのこの2人のポイントガードの扱い。14番のジャミア・ネルソンはオールスターにも選ばれた先発PG。シーズン途中で肩を故障してファイナルまでずっと試合を欠場していた。1番のレイファー・アルストンはネルソン故障後にトレードでマジックに加入、シーズン後半からプレイオフにかけて、ネルソンに代わって先発PGを務め、マジックをファイナルまで引っ張ってきた。
 ファイナルを前にネルソンが復帰することになり、先発はアルストンで変わらないものの、時に控えのネルソンのほうが終盤の重要な場面をまかされたり、長時間プレーしたりで、アルストンのリズムが崩れて調子が出せない場面もある。カンファレンス・ファイナルまではアルストンで調子よく勝ってきただけに、地元紙には「ネルソンの復帰がマジックを破滅させた」なんていう過激な見出しのコラムも掲載されている。

 ヘッドコーチのスタン・バンガンディ(SVG)は、ここにきてネルソンを復帰させるべきだったのか。それとも、カンファレンス・ファイナルまで戦ってきたメンバーで戦うべきだったのか。これは意見が分かれるところだろうな~。
 私は、ネルソンを復帰させたSVGを称えたい派。理由はネルソン抜きのマジックがレイカーズに勝てるとは思えなかったから。本気で優勝を狙うのなら、ネルソン復帰に賭けてみようと思うのは必然な決断だと思うのだ。格上の相手に勝とうとするときには、こういう攻めの姿勢は大事だと思う。
 以下はSVGがシリーズ第1戦前、ネルソンを使うことを決めた直後のコメント。時間がないので英文のままだけど、要は、ネルソンを使わないほうがローテーションは崩さなくていいし、自らを批判にさらすこともなくより簡単な道だったかもしれないけれど、勝つ可能性が高いほうを選ぼうとするのならこれは難しい決断ではなかった、というわけだ。

" In some ways it's not a difficult decision because it just comes down to trying to make the decision that we think gives us the best chance to win.  The easiest decision, the one that would create no problems, would have been to not play him(Nelson).  He would have understood, wouldn't have upset our rotation or any of our players, and I wouldn't open myself up to any criticism not playing him"

 みなさんはどう思いますか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

NBA Finals 2009 (1) “忘れる”

P1060376s_5  NBAファイナルが始まった。きのうの第1戦はレイカーズが25点差をつけて圧勝。レイカーズもよかったけれど、それよりも、マジックが攻守ともに2Qから崩れてしまった。レイカーズはナゲッツ・シリーズの5戦目から1段上のレベルに進化したので、おそらくファイナル中もそんなに大崩れはしないんじゃないかと思う。このレイカーズに対抗するためには、マジックも最低限キャブスと戦ったときのレベルで戦わないと、この差は詰まらない。ハワード&3ポイントの威力ある攻撃が、キャブスを苦しめたディフェンスが見たい。

P1060375s_5  第1戦に大差で勝ったあと、次にすることは何かと聞かれたレイカーズのコービー・ブライアントは言った。「この試合を忘れることだ」。
 同じことはマジックにも言える。

 2戦目はLA時間で日曜の午後5時試合開始。
 どっちのチームが1戦目の勝敗や点数を忘れ、1戦目から学んだことだけを覚えていられるだろうか──。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

大神選手&日本人選手情報

残念なニュースです。先ほど、フェニックス・マーキュリーから届いたプレスリリースによると、大神選手はマーキュリーのロスターから外れることになったようです。詳細は掲示板に書いていますので、そちらを見てください。

基本的にこのブログは取材のこぼれ話的なことが中心で、速報的なニュースネタは掲示板のほうに書くことが多いので、ニュースネタが気になる人は掲示板もチェックしてみてくださいね。

掲示板
http://www.e-towncom.jp/iasga/sv/eGbook?uid=493&aid=0
i-mode掲示板
http://www.e-towncom.jp/iasga/sv/iGbook?uid=493&aid=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »