« Dリーグ・プレドラフト・キャンプ | トップページ | 37 »

2009年6月29日 (月)

ドラ1

P1070020s クリッパーズのドラフト1位指名選手、ブレイク・グリフィンの入団会見に行ってきた。写真でわかるように、かなり大規模な会見。…ただし、メディアは全部で20人ぐらいだったかな? 残りは全員、スポンサー関係。

 グリフィンはテレビでのイメージ通り、マジメな好青年。記者会見でも優等生な回答をしてました。ドラフト指名後、何度も同じことを聞かれているだけあって、よどむことなく受け答え。その後の囲み取材のほうは、もう少しリラックスした感じで答えていたけれど。

P1070053s オールド・ファンには懐かしい、こんな人も会見に来ていました。25年前のクリッパーズ1巡目指名選手(14位)のマイケル・ケイジ。今はLAで、大学からプロまで、バスケの試合のテレビ解説をしてます。 きょうの会見でも質問をしていたけれど、あれはメディアとしての仕事だったのかな? で、会見後の撮影では元クリッパーズということでグリフィンと並んでパチリ。ケイジが帽子をかぶっているので少しわかりにくいけれど、身長はグリフィンのほうが少しだけ高いかな?(登録ではケイジが6'9"、グリフィンが6'10")

P1070049s  会見にはご両親も来ていて、これは3人での記念撮影。お父さんはグリフィンの高校時代のコーチ。当時はグリフィンにとってもだいぶ怖いコーチだったようですが、きょうは、終始ニコニコ。2歳上のお兄さん、テイラー・グリフィンも今回のドラフト2巡目でフェニックス・サンズに指名されてます。同じディビジョンだから対戦も多いのだけど、ご両親にとっては嬉しいやら、誇らしいやら、それでいてどっちを応援したらいいやら…と複雑な気分の観戦になるのかな。早速、来月のサマーリーグでも対戦がありますね。

|

« Dリーグ・プレドラフト・キャンプ | トップページ | 37 »

コメント

初めてコメントさせていただきます。グリフィンの活躍、とても楽しみです。個人的には、ルビオがウルブズでプレイできるかにも注目しています。契約の問題ってたいへんなんですね、改めて。

投稿: you-key | 2009年6月30日 (火) 07時27分

>you-keyさん

初コメント、ありがとうございます。
グリフィンは性格のよさといい、チームの期待値といい、エルトン・ブランドを思い出します。そう考えると、クリッパーズはエルトンを失った穴をわずか1年で埋めることができたのだから、運がいいのかも。このところ、ドラフトも成功していますので(ソートンもゴードンも、先が楽しみないい選手です)、少しは成績も上向くでしょうか。

ルビオは本当にどうなるやら。Tウルヴスとしては必要なら1年でも2年でも待つこともできるという強みがあるので、出すとしても安売りはしないでしょうし…。

投稿: 陽子 | 2009年6月30日 (火) 17時17分

ブレイク・グリフィン楽しみですね。クリッパーズの未来を背負っていくんでしょうね。アメリカのスポーツ、特にNBAのドラフトは素晴らしいですよね。リーグ全体で公平感を感じます。有能な選手もどのチームでないと嫌とか、駄々こねるのいないですよね?弱いチームがいい選手を取って、長期的に育てれば、ポートランドのようないいチームが出来ますよね。

今回の一巡目指名で、ルビオを筆頭に、4人もヨーロッパ勢がいますね。一巡目・二順目も合計すると、8人いましたね。その内4人がスペイン勢、しかも一巡指名が2名ですよね。今のスペイン勢の実力を証明する形ですね。僕はアメリカ人以外の選手。特にヨーロッパ勢がNBAで成功してるのを見るのが、嬉しいですね。ヨーロッパ・南米勢がもっと、活躍して欲しいです。

投稿: 増田康幸 | 2009年7月 1日 (水) 05時14分

>増田さん

>有能な選手もどのチームでないと嫌とか、駄々こねるのいないですよね?

まったくいないわけではなく、たまにいます(苦笑)。ただ、選り好みするにしても、どこでないと嫌という1チーム指名よりは、どこが嫌という1~数チーム否定のほうが多いかな。今年のルビオもそんな感じですね(表向きはソフトな主張程度ですけれど)。過去にも現キャブスGMのダニー・フェリーとか、スティーブ・フランシスなども…。チームが折れてトレードに出すこともありますが、選手が折れることも多いです。もう一度ドラフトやり直しをしてもらうためには、他国リーグも含めてどこでもプレーせずに1シーズン待たなくてはいけないですし、スポーツ選手にとって1年を待つのはかなり勇気がいることですからね~。

投稿: 陽子 | 2009年7月 2日 (木) 00時11分

ルビオの場合、年齢は若いけど、プロとしてのキャリアがありますよね。近年の五輪・世界選手権での、ヨーロッパ勢の台頭を考えると、これからも10代後半でも、ユーロリーグで活躍したような選手が、NBAに来ますね。国は違えど、プロ選手ですよね。プロ選手と、アメリカ人の学生が、同じドラフトで指名されるのはどうなんですかね?確かに、グリフィンとルビオは、NBAでは新人選手ですね。でも、現時点ではプロとしての経験は、国は違えどルビオにはありますよね。プロとアマが同じように、新人選手として同じドラフトにかかるというのは、逆にアメリカの学生に不利じゃないかなという気はします。

投稿: 増田康幸 | 2009年7月 2日 (木) 07時11分

はじめまして!大のレイカーズファンです。ドラフトと全く関係ない話ですが失礼します。
今日ESPNの記事がロンロンがレイカーズと口頭で合意したと伝え、興奮が収まらない状態です。
そして宮地さんが → 「実はロケッツと再契約するよりはレイカーズと契約したいらしい(←ある情報筋から聞いた、信憑性の高い話)。」 と言われていたのを思い出し、”すげーっ!!”って感じで投稿してしまいました。まさか彼が3年$18でしてくれるとは夢にも思いませんでしたので、正直LAが好きでもありえないだろうと浅はかに考えていました。アリーザはとてもとても残念ですが、来期を考えると連覇に近づいたことは間違いないと思います!そして宮地さんの言うとおり本当にコービーの信奉者になるのか?多分なると思うし、本当に決まった直後から「コービーは宇宙一のプレイヤーだ」とかちゃっかり言ってそうですよね~(笑)

投稿: pippi | 2009年7月 2日 (木) 19時43分

>増田さん

>プロとアマが同じように、新人選手として同じドラフトにかかるというのは、
>逆にアメリカの学生に不利じゃないかなという気はします。

ヨーロッパの若手がプロとして経験してきたことによるプラスというのはもちろんあると思うのですが、その一方で、彼らはまったく別の国、別の環境、ヨーロッパとはまた違うアメリカンなバスケットボールの世界にやってくるわけで、そう考えるとたいして有利、不利はないかなと思います。NCAAのトップレベルのチームはかなりプロに近いことをやってますしね。

>pippi さん

初コメント、ありがとうございます。ロンロン、ついさっき、ステープルズセンター前にあるESPNスタジオからのスポーツセンターに生出演してましたよ。なんか、こうやってすぐにスタジオまでやってきちゃうところが、遠足前日の小学生のようで微笑ましい光景でした。

>まさか彼が3年$18でしてくれるとは夢にも思いませんでしたので

もともと、キングス時代から、アーテストにとってはレイカーズが行きたいチームのナンバーワンだったから、金額よりもオファーされたという事実が大きかったのでしょう。ロケッツがヤオもマグレディも健康で、もっと高額、長期の契約をオファーしたら残っていたかもしれませんが、ヤオも全休かもしれない、マグレディもシーズン半ばの復帰で、しかもオファーされたのは1年契約だったそうですから。

#5/18のロケッツ記事のコメント欄に、ロンロンがコービーにインタビューした番組映像のリンクを入れておきました。

投稿: 陽子 | 2009年7月 2日 (木) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/45497296

この記事へのトラックバック一覧です: ドラ1:

« Dリーグ・プレドラフト・キャンプ | トップページ | 37 »