« 日本代表対Dリーグ選抜② | トップページ | ベガス・サマーリーグよもやま話 »

2009年7月17日 (金)

サマーリーグ・デビュー&その後

P1070364s  7/15のNBA.com Japanの記事にも書いたように、7/15のサンズ対ラプターズの試合で、川村卓也選手がNBAサマーリーグ・デビューを果たした。試合に出たのは3Qの残り7分19秒から2分55秒まで、4分24秒。試合に出てきたときに、会場のあちこちからパラパラと拍手があったのは、日本人の観客かな?

 とにかくパスを受けたらシュートを打つということだけを考えていたという川村選手、残り6分45秒に右コーナーで待っているところに、春からLAでいっしょにワークアウトをやった仲間でもあるゴーラン・ゴラギッチからパスがくると、躊躇なくシュート! 残念ながら少し距離が短く、リングの手前に当たって外れ。
 打ったシュートはその1本だけ。記事でもそれ以外のことはほとんど書けなかったけれど、その後は、ウィングでパスを受けてトップに戻したのが1回。トランジションでサイドでパスを受けて、真ん中を走りこむロペスにパスするも、ロペスがキャッチできずにターンオーバー(川村ではなく、ロペスのキャッチミスとして記録)。
P1070367s  ディフェンスでは相手の速攻でウィング位置の選手のマークに行くも、上をパスを通され、デマー・デローザンが受けてアリーウープ・ダンク! その少し後に、相手のトランジション・プレーを止めようとしてファウル。そうそう、攻守でマッチアップしていたのはこの日20得点のデローザンだったのだけど、とりあえず出ている間に決められたのは上のアリーウープ1本のみ。もう1本ジャンプシュートを打たれたけれど、これはきちんとチェックを入れていて、シュートも外れた。
 …と、まぁ、こんな感じの4分24秒だった。試合に出たのはここだけ。記録上は4分24秒出場、3ポイントを1本打ってミス、ファウル1つ。

 試合後、ミーティングを終えて出てきた川村選手、開口一番、悔しそうに「何もできませんでしたね」。とにかく、これまでに経験したことがないぐらい頭真っ白状態だったらしい。シュートだけはどんどん打っていこうと思っていたそうだけれど、1本しか打てず、「もう少し打てたかな~」と悔しがる。そして、しきりと「また次、出れたら打ちます」「次のゲームでしっかりできるように」「次のゲームはもうちょっとまわりを見ながらプレーできるかな」と、次の試合に向けての意気込みを語っていたのだけれど…。

 察しがいい人なら前の文章を読んで感づいたかもしれないけれど、試合から一夜明けてきのう(7/16)、川村選手、サンズのサマーリーグ・チームからカットされてしまった。サマーリーグといえども、カットされることがある世界。特にサンズは、サマーリーグに連れてきていたロスターが15人と多かったから言われてみると仕方ないかとも思える。カットされたのは川村選手だけでなく、あと2人の選手、計3人がカットされた。

 カットされたあとに川村選手とも会って話を聞いてきたのでまた後で別記事としてアップするかも。ひとつだけ、そのときに川村選手が言っていた言葉。

「きのう、(ラプターズとの)試合が終わった後に『また次のゲーム、頑張ります』って言ったんですよね、あれはこの世界をまだまだ知らない人間の発言だったなって思った。(中略) 次ってだめですね、やっぱり。こういう世界では、その場、その場で自分のプレーを出さないとだめだっていうのを、きょうはリアルに感じました」

 川村選手も、田臥選手の昔のドキュメンタリーなどをよく見ていたそうで、頭ではわかっていたつもりだった世界らしいけれど、やっぱり自分で経験してみないとわからないことってある。川村選手も「勇太さんの苦労っていうのを自分の肌で感じれて。自己満だけど、勇太さんの気持ちを少し、100%のうち1%かもしれないし、それ以下かもしれないけれどわかることができた」と言っていた。

* NBA.com Japanにも記事を書いたので、もう少ししたら掲載されるはず。そちらの記事には、サンズのGM補佐のコメントもあります。

|

« 日本代表対Dリーグ選抜② | トップページ | ベガス・サマーリーグよもやま話 »

コメント

この試合どうしても見たくて、NBAのサマーリーグのところで登録して見ました。
川村くん頑張っていたのに、カットされたんですか。
結構みんな落としていたので、次にきっちり決めれば
次に続くだろうなぁ~と思っていたんですが、ダメ
だったんですね(ρ_;)
残念ですね。勇太以来のNBA選手って期待してたんですが。。。
サンズのルーキーくんは、良いところを出そうとミスを
してましたが、あの背で長い距離が入るのが凄いなぁ~
と思って見てました。

投稿: てんこ | 2009年7月17日 (金) 22時51分

>てんこさん
コメント、ありがとうございます。
川村選手は、あの試合の出来が悪かったから落とされたというよりは、サンズとしては最初から途中までというつもりで入れていたのではないかなと思います。サンズ関係者と話しての印象にすぎませんが。まぁ、1試合出場のチャンスをもらえただけでも貴重な経験だったわけですから。

きょう、サマーリーグ観戦に来ていたブレックスのウィスマンHCとも話したのですが、この経験を通して初めて気づいた、実感したこともあるだろうし、この先が楽しみだと言っていました。

投稿: 陽子 | 2009年7月18日 (土) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/45660926

この記事へのトラックバック一覧です: サマーリーグ・デビュー&その後:

« 日本代表対Dリーグ選抜② | トップページ | ベガス・サマーリーグよもやま話 »