« タイミング | トップページ | Hall of Fame »

2009年8月10日 (月)

天津レポート(2)

 天津でJ-Sportsレポーターとしてアジア選手権を取材中の吉田暁央アナウンサーから、天津ABCレポート第二弾が届きました。吉田さん、お忙しいところ、ありがとうございます! ちなみに、吉田さんいわく、「慣れると天津は住みやすいところです。物価は安いし、食べ物はおいしい」だそうです。

* * *

吉田アナ・天津レポート第二段

S

 アジアバスケもいよいよ2次リーグに突入。日本はもうひとつ波に乗れないまま2次リーグ最初の相手、イランにも負けてしましました。相手の高さに圧倒されたのかもしれませんが…。あと2試合は絶対負けられない試合になりました。

S_2 S_3

 前回は観客のいない天津体育館の写真を送りましたが、中国戦ともなると会場内は大声援に包まれます。改めて中国でのバケットボール人気の凄さに驚かされます。

S_4

 中国美人も顔に国旗のシールを貼って応援です。誰の写真を撮っているんでしょうか? 場内には美人が多くついつい試合を追うのを忘れてしまいそうです(笑)。

S_5

 さて、今回のABCは2つの会場で開催されています。
第2会場は南開大学体育館。この大学は周恩来さんの出身校だそうです。

S_7

 2週目からはこの会場で13~16位の決定トーナメントが行われています。
天津体育館では19時から中国戦が行われますがあえて南開大学に行ってみました。カードはスリランカ対ウズベキスタン戦。観客はまばらでスタッフや警備の人たちの姿かめだちます。しかしコートでは選手たちが熱戦を繰り広げていました。

* * *

 吉田さん、ありがとうございました。日本の次の2試合の相手はクウェートと台湾。2試合とも勝ってやっと決勝ラウンド進出の可能性が出てくる、という厳しい状況なので、なんとしてでも2連勝で希望を繋いでほしいものです。

 ちなみに、私もFIBA TVでイラン戦を見ました。たまに映像が止まるのと、解説は一切なしなのが物足りないですが、まぁ、年間30ドルですから、あまり文句も言えません。
 この試合で見た日本代表は、特に前半の動きは1次ラウンドよりもよくなってはいた(パスを出す先を探しているときでもゴールを狙っている感じで、それそれ、と思ってました)と思うのですが、20点差~30点差に開かれたあたりでやや集中力が切れてしまったという印象。あと気になったのは、個々のプレーがあまりに素直すぎるところ。もうちょっと嫌らしいプレーをしてもいいと思うんだけれどな~。

|

« タイミング | トップページ | Hall of Fame »

コメント

陽子さん、非常に興味深い内容でした。

陽子さんが、指摘された点は、元サッカー・日本代表監督のジーコが全く同じ事を言っています・
(僕は、サッカーとバスケは、親戚みたいなものと思っています。共通点が多いと思うから)
ジーコは、よく日本人には、「マリシア」が足りないといっていました。「マリシア」という言葉は、「ずる賢い」とかとか意味するらしいですが、全く陽子さんと同じ事を言ってました。愚直にプレーするだけでは、駄目だという事ですよね?日本人の勤勉さが、長所でもあり、短所なんでしょうね。

僕はアメリカ人・ヨーロッパ人(スペイン人、イスラエル人)の友達と、よくバスケ・サッカーのの話するのですが、スペイン人の友達は、いつも日本の選手には、遊び心がないといわれます。
(彼はバスケの大ファンで、ユーロリーグは、NBAよりレベルが上といってます。)彼が言ってるのは、ふざけろという事じゃなくて、自由な発想・創造力が足りないといってます。国民性の違いもありますが、なるほどなと思いますね。

じゃ、日本が得意な野球はどうかといえば、
全てとはいいませんが、監督のサイン通り出きれればいい、スポーツですね。守備でも攻撃でも、サインに忠実にプレーする。日本社会とリンクする面が多々あると思いますね。日常会話でも、野球に例える話よく聞くのも、そういう面があるんじゃないでしょうか。忠誠心が一番必要とされる、ボールゲームだと思いますね。日本人の国民性に、一番マッチするのが野球なんでしょうね。だから強いし、人気があるんでしょうね。
(アメリカのbaseballは違うと思いますけど。)

パウ・ガソールなんか、守備の時、極端にこけるのうまいですよね。サッカーでも一流選手は、ファールをもらうのうまいですよ。見方によっては、卑怯と見れるかもしれないけど、勝つ為には必要なプレーですよね。無意識のうちに、「武士道」みたいな、正々堂々と戦うのが勝負だというのが、日本人の根底にあるのかもしれませんね。

投稿: 増田康幸 | 2009年8月13日 (木) 10時43分

>増田さん

増田さんが書いたようなメンタル面もあると思うのですが、それ以前にスキルの面でも、引き出しが少ないために素直なプレーしかできないのかもしれないと感じました。実際、今回の日本代表でも、ベテランの選手たちは、ストレートにぶつかるだけでなく、もう一歩踏み込んだプレー、かわしたプレーをしていて、(運動能力では若手選手に負けるかもしれないけれど)さすがベテランと思った場面がありましたから。若手選手たちも今回、同じアジアの中で大きな壁にぶつかったことを体感したことで、そういった引き出しの多さの必要性を感じたり、メンタル面での変化が生まれれば…と思います。

投稿: 陽子 | 2009年8月14日 (金) 10時48分

なるほどですね。バスケは、経験のスポーツですよね。
経験がないから、引き出しが少ないんでしょうね。
NBAに限らず、ユーロリーグで活躍するような、トップ選手は、国際経験も積んでますし、その経験がプレーの幅を広げるんでしょうね。どうすれば、ルビオの様な、原石は出てきますかね?外国人コーチを招く?国際試合を増やす?いずれにしても、簡単な事でないのは確かですよね。お金もかかるし、時間にも限りありますよね。勿論個人のスキルアップが前提なんだろうけど、どうすれば強化できるかの、明確なビジョンがないような気がしますね。

投稿: 増田康幸 | 2009年8月14日 (金) 20時42分

本当に明確なビジョンがないのかはわかりませんが(私もふだんから日本代表を取材しているわけではないので情報不足の面もあります)、強化方針に繋がりがないという印象はあります。今回も、確かに史上最低の成績だったわけですが、だからといってだめだったとすべてを切り捨てて、次にまた0から始めるのではなく、よかった面は上積みし、悪かった面は反省して修正できるように、次に繋げることが重要なのだと思います。

経験に関しては、国際経験も大事だと思いますし、その中で得られることの中には国内にいてはわからないこともたくさんあると思うのですが、だからといって国内にいたら経験が積めないという状態ではだめなわけで、国内での競争自体を引き上げることを考えることも大事なのではないでしょうか。

投稿: 陽子 | 2009年8月15日 (土) 23時21分

バスケに限った事じゃないです日本のスポーツ文化が、成熟してないような印象はありますね。フランスなんか、サッカー・バスケ・テニス・ラグビー等で、国が音頭とって、強化しているという話を聞いた事があります。日本も英才教育は必要だと思いますね。

>国内での競争自体を引き上げることを考えることも大事なのではないでしょうか。


全くそのとおりだと思いますね。その事が一番の強化策ですよね。

僕はそもそも、暗に海外に行けば上達すると思う事に疑問を持ってます。なんか、短期の語学留学みたいになる事もあるんじゃないですかね?残念なながら、留学したはいいけど、何もわからないまま帰国する人沢山よね。

スポーツ選手(サッカー・野球)で海外に行ったはいいけど、試合に出られない。やっぱり、試合に出れないなら、日本に帰ろうみたいな選手がいます。所属チームに迷惑かけてまで、自分の夢だけの為に行ったのに、またのこのこ元のチームに戻ってくる。挑戦するのはいいと思いますが、まず海外ありきになってるのが、おかしいと思いますね。まずは、国内で抜群の成績・存在感を見せて、それから、海外挑戦でも遅くないと思いますね。特に若手なら。その為にも、日本で活発に競争できる、環境を整えるのが、一番の強化策だと思います。

投稿: 増田康幸 | 2009年8月17日 (月) 09時23分

>増田さん

お返事が遅くなりました。

>まずは、国内で抜群の成績・存在感を見せて、それから、海外挑戦でも遅くないと思いますね。

これは、私は違う意見です。「それから」では遅いんです。特に本気で海外挑戦をするなら、今の日本での経験はあまり役に立たないと思っているので。だからこそ、どんな形でもいいので、少しでも若い頃から海外での経験を積むことが大事だと思うのです。もちろん、いきなり行って、すぐに通用するわけではないですし、何人かの選手がやったように夏だけ行って、秋からは日本に戻るというケースも出てくるでしょう。でも、それでも出ないよりは出たほうがいい、国内では経験できないことを経験してきたほうがいい、壁を実感してきたほうがいい、というのが私の意見です。

国内の競争力を上げていくのが大事だということと、海外に出たほうがいいというのは別の問題だと私は思っています。有力な選手が海外に出るから国内の競争力がなくなるということを心配するよりも、競争する土壌、競争する気持ち、競争する環境があるかどうかのほうが大事なのではないでしょうか。いつも同じ、小さい輪の中で同じことをやって競っているだけでは、そういった土壌は作られないと思うのです。

その意味では、JBLのシーズン試合数が増えることはいいことだと思いますし、bjとJBLがお互いに競争し合える環境も出来てくればさらに競争は高まると思ってます。そして、海外での経験を積んで戻ってくる選手が全体の刺激になることもあるはずです。

投稿: 陽子 | 2009年8月20日 (木) 08時04分

なるほどですね。確かにいくら日本で抜群の成績を出しても、海外で成功する、ものさしにはならないのかもしれませんね。そう考えると早い方がいいのかもしれませんね。ただ、他のヨーロッパ・南米諸国と比べると、技術もさる事ながら、言葉の壁も大きな問題のような気がしますね。スキルと同じくらい大きな問題のような気がします。僕は、メルボルンにいるとき、日本とオーストラリアの一番の違いは何かと考えました。サッカー・バスケ・ラグビー・テニスでも、OZは海外でプレーする選手はめちゃくちゃ多いですね。勿論スキルや、身体能力の問題もあるかもしれませんが、一番の違いはやはり言葉の問題のような気がしますね。OZがヨーロッパや、アメリカでプレーするのに、誰も世界に挑戦なんか言わないですよ。世界との壁が、メンタル面ではないと思います。日本もオーストラリアも島国だけど、一番の違いはメンタル面。それは言葉から来てるような気はしますね。これから、海外に挑戦しようとする選手は、スキルもそうだけど、言葉の問題と、適応性が必要なのかなという気がしますね。

投稿: 増田康幸 | 2009年8月20日 (木) 21時51分

>アジア選手権(男子日本代表)
うぅーん 残念な結果でしたね
しかしながら1試合づつ結果だけ見ると
(現場を見ていないので予想ですが...)
内容的には惜しい試合も いくつかあったようですね
竹内兄弟は 当然ながら 五十嵐選手や山田選手もよく
がんばっていたように感じましたが
実際にはどうだったのでしょうか?
(正直言うと田臥選手や川村選手、あと桜木JR選手なんかがいれば...
まぁ 言い出したらきりがないのですが ほんと残念です)
いずれにせよ 終わってしまったことに何か言っても仕方ないので
ぜひ、次回の国際大会に期待したいです。

>ZIP-FM
こちら愛知県では今週の月曜の朝にON-AIRされていたのですが
(そちらは深夜ですよね-...ご苦労様です)
もちろん家族みんなで聞いていました。
まぁNBAは基本的にオフシーズンなので話題は少ないのでしょうが
ティム・グローバーのお話はとても興味深く聞かせていただきました。
(JUMP ATTACKを久々に書棚から出してもう一度読んでみたくなりました...笑)
では、また 次回のご出演を楽しみにしています。

投稿: chamomileの父親 | 2009年8月20日 (木) 23時56分

ご無沙汰しております。FIBAアジア2009を現地観戦してきたnazoです。

ご心配いただいていたとおり原稿をあげるハードさもそうなのですが、現地では食べ物に苦しみ、帰国時、体重を計ると5Kgも落ちていました。(172cm 60kg → 55kg)改めて記者の方は「すごい」と感じました。

>慣れると天津は住みやすいところです。物価は安いし、食べ物はおいしい

吉田さんのレポート。うーん、やっぱり人や滞在場所によって印象は全然違うんですね。確かにミネラルウォーター(500ml)が15円と、物価は安かったですが・・・。ちなみにポカリスエット(500ml)は60円。

ところで今回のFIBAアジア2009のことで少し個別にお話させていただきたいことがあるのですが、ブログ左上にある「メールを送信」は有効でしょうか?一度メールを送らせていただいたのですが、宛先不明で戻ってきてしまいました。

もし差し支えないようでしたら私のブログの右上にある「メール送信」からメールアドレスを教えていただけませんでしょうか。不躾なお願いで申し訳ありません。ただできましたらで大丈夫です。

投稿: nazo | 2009年8月21日 (金) 08時51分

取り急ぎ、これだけ。
>nazoさん
メールアドレス、ブログの左上のアドレス(YokoLRT@gmail.com)であっていると思うのですが、戻ってしまいました? 

再度送信してだめな場合は、メール送信のページのメールフォームを使って送ってみてください。
http://homepage1.nifty.com/yokomiyaji/maildec.html

投稿: 陽子 | 2009年8月21日 (金) 16時11分

>増田さん

>スキルもそうだけど、言葉の問題と、適応性が必要なのかなという気がしますね。

それはあります。スキルや能力がずば抜けていれば、言葉の問題は通訳をつけるなどでとりあえず埋めることもできますが、今の日本には、そこまでやってもらえるようなレベルにある選手はいませんから、コーチやチームメイトときちんとコミュニケーションを取れるかどうかは大事なことだと思います。

>chamomileの父親さん

>竹内兄弟は 当然ながら 五十嵐選手や山田選手もよく
>がんばっていたように感じましたが
>実際にはどうだったのでしょうか?

私も現場で見ていたわけではなく、映像で見ただけですが、「がんばっていた」時間帯もあるとは思うのですが、どちらかというと物足りないという印象のほうが強いです。特に竹内兄弟は、もっとできるはず…という思いで見てました。まぁ、彼らにはそれだけ期待しているからこそ、そう思うわけで、この悔しい思いを成長の糧にしてほしいと思います。

>こちら愛知県では今週の月曜の朝にON-AIRされていたのですが
>(そちらは深夜ですよね-...ご苦労様です)

日本時間の朝は、LA時間の夕方なんですよ。だから、むしろ日本にいて出演する人よりは時間帯的には楽かもしれません。

ティム・グローバーは、今月発売のHOOP10月号と来月発売のHOOP11月号の2回に分けて、インタビューが掲載になります。コービーの話が中心で、ラジオで話したこととも少しかぶりますが、興味があるようでしたら、ぜひ読んでみてください。個人的にはとても興味深い話でした。

>nazoさん

>やっぱり人や滞在場所によって印象は全然違うんですね。

そうですね。まぁ、吉田さんは少し特別だったというか、最初にいろいろ苦労しただけに、後半に入って楽になった気がしたのかもしれません。頼れるボランティアもみつけられたのも大きかったのかも。

この数日で天津に行っていた報道関係者何人かと話をしましたが、どちらかというと苦労したという話のほうをたくさん聞きました。皆さん、仕事に差し障りが出るほどでないにしろ、体調を崩したり、環境に苦労したりしながら取材していたようです。

メールアドレスについては数時間前に書きましたが、もし、それでもうまくいかない場合はもう一度、その旨、書き込みしてください。

投稿: 陽子 | 2009年8月22日 (土) 07時33分

宮地さん

はじめまして。
いつもHPやNumberで、宮地さんの洗練された文章を
読めることを楽しみにしています。
これからもがんばってください。

投稿: chrono | 2009年8月29日 (土) 18時30分

>chronoさん

コメント、ありがとうございます。
かっこいい文章は書けないので、いつもわかりやすい文章ということだけを頭において書いているのですが、洗練された文章だなんて、お世辞でも言っていただけると嬉しいです。NumberのNBAコラム、夏の間はお休みでしたが、来月から再開の予定です。また、ブログも少しサボっていましたが、こちらもボチボチ復活しますね。

投稿: 陽子 | 2009年8月30日 (日) 02時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/45894011

この記事へのトラックバック一覧です: 天津レポート(2):

« タイミング | トップページ | Hall of Fame »