« ハッタリ | トップページ | タイミング »

2009年8月 6日 (木)

天津レポート

 日本代表を追いかけて天津まで来てしまいました…と言いたいところですが、残念ながら私はLAで原稿書きの毎日です。ただし、天津にはこのサイトの特派員(?)を派遣しました。…ではなくて、J-Sportsのレポーターとして、現地でアジア選手権を取材中の吉田暁央アナウンサーが、写真とレポートを送ってくれました。吉田さんの了解を得た上で、私の独断で編集して掲載します。茶色文字の( )部分は私の感想です。

*****

A

8月4日(火)
 日本代表は北京から陸路天津に到着。夜には市内の体育館で1時間ほど軽く練習を行う。しかし、いきなり、カタールが練習時間をオーバーして待たされた挙句、帰りのバス迎えにこなくてなかなか帰れない羽目に!

 パス(選手証、スタッフ証)の発行でもトラブル続き。追加召集された正中選手のパスが発行されていなかったり(これはすぐに解決)、トレーナーなど数名のスタッフ用パスはなかなか準備されず、チーム関係者は対応に追われる2日間であった。選手たちをしっかりサポートしたいのは山々であるが、その体制を作るまでにかなりの時間と精力を使わなくてはならなかった。
(移動、異国で疲れているところに、これはきつそうです。特にパスがないと何もできないですから、スタッフの方も苦労したことでしょう)

8月5日(水)
 朝8時から練習。時間は早いものの、日本チームの状態は上々のようだ。
ただし桜井選手は腰が悪く(ジョーンズカップで打った腰ですね)、練習は別メニュー。軽いストレッチだけだったとのこと。

8月6日(木)
A_2  写真は韓国戦の試合前の練習風景(試合前なのに観客がほとんどいない! 大会前日の試合の風景かと思いました)。反対サイドには韓国の応援が大挙して押しかけて、まるで韓国のホームコート状態でした。
(FIBA TVの映像でも、韓国チームのファンの応援風景が映ってました。数は少ないものの、日本からも日の丸の旗を持って応援にかけつけたファンがいたそうで、選手たちも嬉しかったことでしょう)

 追加召集の正中選手はパスは出たものの、公式に発表されたロースターにも載っていなくて、どうやら選手登録の手続きができていなかったらしい(そのため、吉田アナは私が紹介した台湾記者から「日本は11人で戦うのか」と聞かれたとか)。韓国戦では試合に出られず、スタッフとしてベンチ入りしています。今後出られるように交渉中だそうです。折茂選手は体調不良(お腹の具合が悪いとか)で韓国戦はベンチ入りせずでした。

*****

 韓国戦の結果は…皆さんご存知だと思うのでパス。以上、吉田アナの天津レポートでした。果たして、この天津レポートの第二弾があるかどうかは未定。吉田さんが元気だったら送ってくれるかも? とはいえ、お仕事で忙しいでしょうから、期待せずに待つことにしましょう。
 また、これは私の記事ではないので、今回はBasketball-zineには掲載せず、ココログだけの掲載にします。

|

« ハッタリ | トップページ | タイミング »

コメント

レポート掲載ありがとうございます。

もう悔しくて仕方がありません。
日本代表選手の不甲斐無い戦いに(怒)

特に対フィリピン戦は気持ちの差で負けていました。

バスケ選手である限り監督が誰に替わろうと選手には気持ちを体現して欲しかった。
試合途中に集中力を切らす日本代表選手なんて・・・

以前、佐古選手がオリンピック出場が絶たれた後の試合前のミーティングで
「ここでやらない選手はチームに戻ってもきっとやらない、俺は今日一生懸命やる」
とチームを鼓舞した話を思い出しました。

とにかく悲しい試合内容でした。

投稿: masa | 2009年8月 7日 (金) 07時45分

Yokoさん、初めまして。

いつも日本代表&NBA情報ありがとうございます。
私も昨日・今日の試合は残念でなりません。いくら身長差があるにしても、リバウンド取れなさ過ぎ&シュート確率も悪いように思いました。

ディフェンスに戻る時に下を向きながらだったりと気持ち的にも負けてたと思います。

Yokoさんから見て、今回の日本代表はどんなチームだと思いますか?私は小牧の試合を現地観戦しましたが、いくらアウェーとはいえ、まるで別のチームのようでした。HCが変わってチーム自体が空中分解でもしてしまったのでしょうか??
折茂選手の不在も大きいかと思いますが、明日は日本らしい試合をして欲しいです。

それともう一つ教えて頂きたいことがあります。
世バスのアメリカ大陸予選にアメリカ代表は参加しないのでしょうか?FIBA AMERICAのサイトを見てもアメリカの試合が組まれてません。
北京オリンピックで優勝して世バスの出場権があるから不参加なのでしょうか?
J-Sportsでアメリカ大陸予選の放送もあるので楽しみしているのですが…。

長々と失礼しました。

投稿: ai | 2009年8月 7日 (金) 08時43分

>masaさん

佐古選手の言葉は、ちょうど2年前の今頃にこのブログでも紹介した話ですね。
今の代表選手たちも、負けたくないという気持ちはもちろん持っていると思うのです。一人一人と話すと、それぞれ熱い気持ちを持っているのはわかりますから。ただ、試合を見て、それをどうコートの上で表現したらいいのかをわかっていないような印象を受けました。

あのタイミングでのコーチ交代は、状況から考えてしかたないことだったとはいえ、実際にはだいぶチームに影響を与えていますね。その点はアメリカ遠征のときにも気になったことではあったのですが、苦しいジョーンズカップを経験して、少しは状況がよくなっているのかと期待していましたが、この2試合を見る限りでは、残念ながらそうでもなさそうです。

コーチ、選手のどちらかが悪いというわけではなく、むしろ両方が悪いとも言えますし、その前の段階で、もう少し別のやり方(たとえば、最初からもっと経験のあるアシスタントコーチをベンチに入れておくとか)をしてもよかったのではないかとも思いますが、これらは、すべてあと出しだから言えることですし、限られた予算の中でチームを作らなくてはいけないという苦しい台所事情もあったのだろうとは思います。…が、でも、そんな事情は関係なく、やはり悔しさ、もどかしさが残る2試合でした。

>aiさん

いらっしゃいませ。

>Yokoさんから見て、今回の日本代表はどんなチームだと思いますか?

厳しい言い方をしてしまうと、この2試合を見る限りでは、どんなチームにしようとしているのかがわからないという印象です。何を軸としているのか、誰を核として攻めようとしているのかが見えてきません。アメリカ遠征のときは公輔選手を軸にという方針がもう少しはっきり見えていたと思ったのですけれど…(まぁ、あのときは、譲次選手がいなかったり柏木選手が故障で欠場していたこともあってか、彼に頼るしかないような状況ではあったわけですけれど)。

>HCが変わってチーム自体が空中分解でもしてしまったのでしょうか??

空中分解まではいかなくても、まとまりきれていないというのはあるかもしれません。先月、短い間とはいえ、日本代表を取材してつくづく思ったことは、新しい人(コーチ、選手)や新しい状況になってから力を出せる状態になるまで時間がかかるのだなぁということです。時間をかけてあ、うんの呼吸を作り出していくといった日本人の特質もあるのかもしれません。そのあたりは、また機会があれば書こうと思います。

>世バスのアメリカ大陸予選にアメリカ代表は参加しないのでしょうか?

参加しないと思います。aiさんが書かれているように、すでに来年の世界選手権の出場枠は持っているので辞退したのだと思います。7月には将来代表入りする可能性がある若手NBA選手たちでミニキャンプは行いましたが、今年の代表を選ぶためではなく、むしろ将来に向けてのオリエンテーション&トライアウトのようなキャンプだったようです。

投稿: 陽子 | 2009年8月 7日 (金) 17時26分

おつかれさまです。
私も現在、天津に観戦に来ております。

毎日、AM9時の第一試合からPM9時の最終試合まで
びっちり観戦しております。
(食あたりのため、フィリンピン戦は観戦できませんでしたが)

また今回、期間限定で観戦ブログを立ち上げております。
もしお時間がありましたら目をとおしていただけると幸いです。
(プロの書き手ではないので、
お見苦しいところも多々あるかもしれませんが、
ご容赦のほどをお願いします)

 ブログの趣旨 
   http://nazo.way-nifty.com/blog/2009/08/fiba2009---762f.html
 
 ブログ本体
   http://nazo.way-nifty.com/blog/

それでは原稿のほうがんばってください。
(私も最終試合の後、ホテルに戻るのが24時前なので、
そこから現場でのメモをまとめ、
ブログにアップしていると寝るのが3時ごろになります。
7時には起きて出かける準備をしますから
睡眠不足になりそうです)

投稿: nazo | 2009年8月10日 (月) 11時55分

>nazoさん
いらっしゃいませ。ブログの紹介、ありがとうございます。
(nazoさんというお名前が、記者心をそそります。いったいどなたなのでしょう?)

それにしても、朝9時から12時間試合を見て、さらに毎日記事を書いてブログにアップ…! 私も国際大会を取材することがあるのでわかりますが、これってかなり体力使いますよね。2年前のアメリカ大陸予選のときは、私は挫折して、毎日途中からの観戦&取材でした。まぁ、これはラスベガスの会場が異常に寒く、会場に1時間いるだけで体力を吸い取られる感じだったからというのもあったのですけれど…。

ブログの内容も詳細で、読み応えがありますね。これから、毎日、楽しみに読ませていただきます。
大会最終日まで観戦予定とのこと。体調を崩されませんように…。

投稿: 陽子 | 2009年8月10日 (月) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/45860488

この記事へのトラックバック一覧です: 天津レポート:

« ハッタリ | トップページ | タイミング »