« Hall of Fame | トップページ | シーズンイン »

2009年9月11日 (金)

Hall of Fame (2)

P1080822s  P1080894s

 一日が終わった。後で何本か原稿にまとめる予定なので、ここでは簡単に感想だけ。

・きょう一番意外だったこと=ジョン・ストックトンのスピーチがとても面白かったこと。要所で笑わせるエピソードも入っていて、お見事。メディアの間で「インタビューが退屈」と言われていて、しかも自分のことを話すのが大の苦手な彼とは思えなかった。

・二番目に意外だったこと=ジョーダンが、自分のハイライトフィルムと会場のスタンディングオベーションに涙し、スピーチを始める前に何度も涙を拭っていたこと。最初の優勝や4度目の優勝の後など、人前で泣いたことがないわけではないけれど、記者会見のような場ではいつも涙をこばさないように我慢する人だったので。

・やっぱりジョーダンの競争心は誰よりもすごい。殿堂であれほど多くの人を叩く(?)スピーチも珍しいのだけれど、あぁ、そういえばそれがジョーダンであり、ジョーダンの強さの源だったなぁとあらためて思い出した。さらに、言葉にするとキツイことでも、他の人が同じことを言ったらまわりが引くようなことでも、ジョーダンが口にすると、それもひっくるめて魅かれるんだなぁと、それもまた思い出した。終わった後でみんな言っていたのだけれど、やはりジョーダンはジョーダンであり、one of the kind、他にかわりはいない。

・ジェリー・スローンがエヴァンズビル大のHCをやめた後の、エヴァンズビル大バスケットボール・チームの飛行機事故について触れていた。彼が公の場で、あの事故に触れるのを聞くのは初めて。

・当たり前のことだけど、みんな子供たちが大きくなっているなぁ~。ロビンソン、ストックトン、ジョーダンが、スピーチを使って子供たちにメッセージを伝えていたのが印象的。

・ロビンソンのスピーチの最後、神に感謝したくだりは、内容だけでなく言葉の抑揚がまるで牧師/神父のお話を教会で聞いている気分だった。彼は現役時代と見た目がほとんど変わらない。

・今年殿堂入りした人たち同士、Life Time Acheivementを受賞したジョニー・カーも含めて、いろんなところでいろんな繋がりがあって、彼らが同じ年に殿堂入りするのは運命のようなものを感じる。今回の受賞の中でひとり忘れられがちなストリンガー・コーチ(この週末で彼女の魅力にやられました)も、実はジョーダンとはかなり前からの知り合い。ジョーダンの亡父とストリンガーさんは最初からウマがあったというのはわかる気がする。

【9/16 追記】
・記事をひとつ書くほどではないので、ここに追記で書いてしまうけれど、ジョーダンのハイライト映像でもスピーチでも、見事なまでにウィザーズ時代がなかったことになってた。週末の間中を通して、ウィザーズのウの字も出てこなかったと思う。ジョーダンは、自分のブランド力をよくわかっているので、最後に裏切られた(とジョーダンは感じている)ウィザーズを、自分の殿堂入りキャリアと関係させることが許せなかったのだろう(スピーチでもわかるように、かなり根にもつ人です)。そう考えると、スピーチで槍玉にあげられた人たちは、敵なら敵なりに、まだ認めている相手ということなのかも。

|

« Hall of Fame | トップページ | シーズンイン »

コメント

Miyaji-san
やはり会場に行かれていたのですね。私はオフィスのTVで見たのですが、やはり私もストックトンの計算されたような精密で細かなスピーチ。誰をも残さず紹介し、同じパターンで笑いをいれるなど、こんなにユーモアをもって話す人だとは知らず大変驚きました。そのスピーチの正確さ、同じパターンの繰り返しながらやっぱり必ず笑わせる術に、彼のスプレースタイルを照らし合わせてしまいました。(まさにわかっていてもとめられないピック・アンド・ロール。。。)

また、聞いてはいましたがMJはこんなにも負けず嫌いだったのですね。まさにこれが全ての源なのだと改めて知った思いです。また、本当に彼だからこそ全ての強いコメントもいやみにならない。

特にMJの話の切り出しと締めにはやられました。出だしでのピペンに触れた点で、ピペンは今までのいろんな思い(裏方役)からふっと何が肩から重りが取れたのではないかと感じました。常にMJの影だったけど、どの映像もMJだけのものはなかった。必ずピペンがいましたね。その辺のMJの気遣いが感じられたコメントでした。

コーチ・ビビアンは今年のラスベガスでのナイキ・チャンピオンシップ・コーチング・クリニックでもクリニックされたのですが、とてもわかりやすく、テンポが早く、魅力的な方でしたが、こんなにも私生活で苦労されたとは、、、だから人間味がおありなのですね。

コーチ・スローン、ロビンソン含め50周年にふさわしい面々でしたね。こういったものがTVで気軽に見れることが本当に幸せだと思います。

そういえば今週はESPNクラシックなどもジョーダンウィークで、ノースカロライナvsデュークなど、またブルズvsジャズなどがNBA TVでと同時に見れて、、、最もラッキーな気分の昼休みでした。

また、記事を楽しみにしています。

投稿: Makoto | 2009年9月12日 (土) 00時00分

宮地さん

お疲れ様です。
早くセレモニーの様子が書かれた宮地さんの文章を読みたいです。
生のジョーダンを、ぜひ一度見てみたいです。
ある人はジョーダンの第一印象を「恐怖心を感じた。」
と言っていました。
宮地さんはどうでしたか?
宮地さんのミステリーハンターのごとく、世界中を駆け回っている姿、本当にかっこいいです。

投稿: chrono | 2009年9月13日 (日) 05時56分

>メディアの間で「インタビューが退屈」と言われていて、しかも自分のことを話すのが大の苦手な彼とは思えなかった。

ストックトンの場合はこれまであえて自分を出さなかっただけのような気がします。要するにメディアにしゃしゃり出て目立つようなことをするを嫌っていただけではないかと。
それにNBAは言ってもバリバリの体育会系社会でしょうから、本当に自己主張が下手糞な選手があれほどの長い間、第一線で活躍できるとは思えませんしね。
まあ、しかし非常にミステリアスな選手には違いありませんし、もっと掘り下げれば意外な面が数多く出てくる選手なのかもしれませんね。

投稿: まぬ | 2009年9月13日 (日) 07時45分

こういう試合ではない映像を日本では見ることができるのでしょうか?(CSとかでは見れる?)
以前、都内の某スポーツバーでレジーミラーの引退セレモニーの映像をほぼ全編(現地の放送を録画して送ってもらったそうです。)見る機会があり、不覚にも私は店で泣いてしまったのですが、これを見て依頼、ミラーが自分の中でかなり特別な印象を持つ選手に変わりました。前から選手の引退セレモニーを集めたDVDが出たら絶対見たいなと思っており、今回のセレモニーのスピーチも同様にノーカットで見てみたいと思います。(いつも思うのですがアメリカのスポーツってなんでこんなにセレモニーのレベルが高いんでしょうか。ジョーダン最後のオールスターのハーフタイムイベントの時も強く感じたんですけど、歴史があって今があるっていう構成で映像がつくられていて往年の選手に対するリスペクトをほんとに自然にファンも選手も持てるようになってると思いました。)

投稿: | 2009年9月13日 (日) 18時42分

取り急ぎ、これだけ先に。他のコメント返信はもう少し待ってくださいね。

>こういう試合ではない映像を日本では見ることができるのでしょうか?

インターネットでなら、けっこう見られるようになってきたようですよ。NBA.comのサイトは、かなりビデオが充実しています。サイト内のサーチもできます。
http://www.nba.com/video/index.html

ジョーダンの殿堂スピーチもここでフルバージョンを見ることができます(どれぐらいの期間公開しているかわからないので、見たい方はお早めに)。
http://www.nba.com/video/channels/hall_of_fame/2009/09/11/nba_20090911_hof_jordan_speech.nba/

投稿: 陽子 | 2009年9月15日 (火) 09時39分

>Makotoさん

>その辺のMJの気遣いが感じられたコメントでした。

気遣いもあったのかもしれませんが、それ以上に、あれは心から出たコメントのように思いました。
ピッペンとジョーダンも、長いつきあいになりますが、2度目の三連覇のときはジョーダンもかなりピッペンを頼り、彼をたてていましたし、二人の関係もかなり親密になっていました。

ストリンガー・コーチのクリニックを見られたのですね。
私は直接話す機会はありませんでしたが、本当に素敵な女性でした。


>chronoさん

>早くセレモニーの様子が書かれた宮地さんの文章を読みたいです。

ありがとうございます。とりあえず3本の原稿を書きました。2本はHOOP(セレモニーの短いレポート原稿と、Hoop Scoopでジョーダンのスピーチについて)、そしてさっき書き上げたSportnaviの原稿は、早くもSportsnaviのサイトにアップされていました。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/basket/text/200909170003-spnavi.html

>ある人はジョーダンの第一印象を「恐怖心を感じた。」と言っていました。
>宮地さんはどうでしたか?

恐怖心を感じたことはないです。素顔は、だいぶ人当たりのいい人ですし、女性記者ということで多少手加減してくれたのか、あのスピーチで見せたような闘争心をこちらに向けられたことはありませんでしたので。ただ、取材慣れてしてきてからも、オーラを感じて緊張してしまうことはしょっちゅうでした。

>まぬさん

>ストックトンの場合はこれまであえて自分を出さなかっただけのような気がします。

そうなんでしょうね。あと、あのスピーチでは、本質的には自分のことを語っているのですが、実際に話した内容はまわりの人についての賞賛でしたので、話しやすかったのかもしれません。あと、それだけ殿堂入りという舞台を大事に思って準備してきたという面もあるのでしょう。

そういえば、取材嫌いとはいえ、きちんと取材をお願いすれば応じてくれる人ではありました。一度など、ロッカールームから引き上げて、子供たちといっしょに帰途につくエレベーターの中で取材させてもらったことがあったのを思い出しました。

投稿: 陽子 | 2009年9月16日 (水) 22時46分

宮路さん

>こういう試合ではない映像を日本では見ることができるのでしょうか?

を投稿させていただいた者です。
ご回答ありがとうございます!

公式サイトやyoutube等では見ることは出来るんですよね。
ただ、やはり私には言葉の壁がかなり大きく立ちはだかり、微妙なニュアンスがわかったら相当印象がかわるだろうなぁといつも悔しい思いをしてしまいます。
翻訳と編集がなされたこの手の試合以外の映像が日本でもっと見られたらと夢想してしまいます。
ですので、宮路さんの原稿、未読ですがこれから読むのを楽しみにしております。

投稿: tenshitodevil | 2009年9月26日 (土) 07時39分

>tenshitodevilさん
ジョーダンのスピーチについては、先日発売になったばかりのHOOP11月号のHoop Scoopでコラムを書きましたが、10/24発売のHOOP12月号と月刊バスケットボール12月号にはさらに詳しいスピーチ内容が載りますのでお楽しみに。

そのほか、スポナビ、NBA.com Japanにも記事を書いたので、ホームページのlinkのページからチェックしてみてくださいね。

投稿: 陽子 | 2009年9月29日 (火) 20時07分

陽子さん大変ご無沙汰しています。
遅ればせながら「ジョーダン殿堂入り」を今知りました・・・coldsweats01
スピーチの模様を見ていたら・・・
なんと懐かしい!デニスが!スコティが!と思っている
うちに・・・lovely大好きなToni KUKOCがいたhappy02up
頭に白いものが目立ってますが相変わらずステキ!
久々にスーツをビシッと決めた立ち姿見たかったです。
今もアメリカに住んでるんでしょうか?
それともクロアチアに戻ったのかな?今、クロアチアは治安が良くなり観光でとっても人気ありますからね・・・。

あ・・・相変わらず他の方と違う目線ですみませんsweat01

投稿: TAMU | 2009年11月 5日 (木) 00時22分

>TAMUさん
 お久しぶりです。クコッチはまだシカゴ郊外に住んでいるようですよ。息子さんが地元の高校に通っているので、アメリカを離れたくないのでしょう。ちなみに、息子さんは高校でバスケットボールもしていて、身長2m前後。お父さんよりは少し低いけれど、ビデオクリップを見る限りではお父さんそっくりのプレースタイル。サウスポーではないけれどね。

 先週、サンズがLAで試合をしたときにスティーブ・カーの息子も来ていたけれど、こちらはスティーブよりも大きくなっていました。いやはや、年月が流れるのは速いものです。

投稿: 陽子 | 2009年11月 5日 (木) 16時38分

>陽子さん

Kukoc家はまだシカゴ近郊に住んでるんですねhappy01
何してるんでしょう?収入あるんでしょうか(余計なお世話ですよねcoldsweats01
息子さんって・・・マリン君ですよね?もう高校生なんですか・・・。しかも身長2メートル!バスケしてるんですね!是非観てみたい!チェックしてみますheart04
そうですよね、もう10年経つんですもんね。ホントに月日が経つのは早いです・・・。
pen情報ありがとうございました

投稿: TAMU | 2009年11月 6日 (金) 18時48分

>TAMUさん
YouTubeで検索すればマリンくんのハイライト映像、出てきますヨ。

ブルズ公式サイトには、ジョーダン殿堂入りを前にクコッチがジョーダンとの思い出をが語った記事が載ってます。
http://www.nba.com/bulls/news/jordanhof_kukoc_090901.html

投稿: 陽子 | 2009年11月 7日 (土) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/46188050

この記事へのトラックバック一覧です: Hall of Fame (2):

« Hall of Fame | トップページ | シーズンイン »