« 天津レポート(2) | トップページ | Hall of Fame (2) »

2009年9月10日 (木)

Hall of Fame

 久しぶりの更新になってしまった。掲示板のほうに書いたように、8月後半は日本に一時帰国。バスケ的にはリンク栃木ブレックスの練習を見に行って、アメリカから帰国したばかりの並里選手の取材。北海道に行って、レラカムイ対三菱のサマーカップを見て、KJ(松井)と中川の両選手を取材(どちらも、近いうちに各媒体に記事を書きます)。そのほかにも、島本和彦さんが主催のファイブスターキャンプに顔を出したり(ごく短い時間だったけれど)、日立対東海大の練習試合(非公開)を見せてもらったり、仕事関係やバスケ関係のいろんな人にお会いし、打ち合わせして…。いやはや、あっという間に過ぎていった2週間だった。

* * *

 さて、まだ日本から戻った後の時差も直ったかどうかという感じなのだけど、きょうから東海岸に来ている。まずはマサチューセッツのスプリングフィールド。そう、明日(9/11)に行われる殿堂入りのセレモニーの取材である。

 きょうは、前夜祭(正式にはFamily Union Dinner。ここで言うfamilyというのは、殿堂入りファミリーの意)。本当は招待客だけでメディアの立ち入りはなしと言われていたのだけど、特別にメディア用に1テーブル用意してもらえたので、食事もしてきた。メニューはサラダ、フィレステーキ&バス、そしてデザートにチーズケーキ。
 殿堂内のセンターコート、ふだんは一般にも公開しているコートの上にテーブルを置き、ステージを作っていた。上のほうの壁にこれまでに殿堂入りした人たち(Hall of Famer)全員の写真が飾られているので、さながら、Hall of Famerたちに見守られながらの晩餐で、なかなか雰囲気はよかった。今年の殿堂入りの人たちだけでなく、いろんな年代のHall of Famer たちが集まっていて、お互いに近況を話したりして、確かにさながらファミリー・リユニオンだった。

 きょうはまだメディアは少なかったけれど(20人ぐらい)、ジョーダンが殿堂入りするということで、明日の本番にはテレビを除いて、世界中から350人ぐらいのメディアが来る予定らしい。明日は朝10時から記者会見。そして夕方6時から本番の殿堂入りセレモニー。長い一日となりそうだ。

P1080523s  P1080502s_3


|

« 天津レポート(2) | トップページ | Hall of Fame (2) »

コメント

MJが殿堂入りするんですよね。何か感慨深いですね。僕ぐらいの40代前半のバスケファンは、大抵バルセロナ五輪の初代ドリームチームをみて、ファンになったの人が多いと思いますね。その中でもひときわ凄かったのはMJですよね。彼以上のアスリートは、バスケに限らず出てこないと思いますね。彼の持つ、カリスマ性・スター性というのは真似できないですよね。他のスポーツのスーパースターも、MJから学ぶ事はあったと思いますね。僕も北米にいった時に、毎日MJをテレビで見ましたけど、凄かったですよね。僕は彼はプロ中のプロだったと思いますね。メディアへの対応なんかも、他のアスリートと違う感じがしましたね。スーツに着替えて、丁寧に真摯に質問に答えてるという印象がありました。
サッカーのペレと並び称される、スーパースターはMJしかないと思うし、ペレよりMJの方が偉大だと僕は思いますね。サッカーは前からワールドスポーツ。でもバスケは、MJの出現で、明らかに変わったと思うし、バスケの地位をあげたと思いますね。こんなスーパースターはもう出てこないと思います。

投稿: 増田康幸 | 2009年9月11日 (金) 09時21分

ディナーにも参加されて、すばらしいですね!ひとつ質問があったのですが、このイベントは週末を通してあったのでしょうか?一日目がファミリーユニオンの食事会で2日目が表彰式・スピーチ?3日目も何かあったのですか?また、初めてTVで見たのですが、やはり毎年TVで放映されるのですよね?今年は特別でなく、、、宮地さんは会場でしょうからTVのことをお聞きするのもどうかと思ったのですが。もしよろしければ教えてください。

投稿: Makoto | 2009年9月13日 (日) 22時03分

>増田さん
そうですね。私も、一応、ライターとしては常に客観的に見るように心がけてはいるのですが、ジョーダンに関してはそんな配慮(?)を越えた存在だったりします。彼がいなかったら、私も今、こうやってバスケライターをしていたかどうか…ですから。

>Makotoさん
殿堂関係のイベントは、10日夜~12日にかけて行われていました。3日目の12日は、場所を移してモヒガンサン主催のゴルフ大会とリングセレモニー。ジョーダンがゴルフをするなら見に行こうと思っていたのですが、珍しくこのゴルフは参加しないということだったので、私も取材をパスして、サウスケントのほうに行ってしまいました。

殿堂セレモニーは、少なくともこの数年は毎年放映されていましたよ。ただし、これまでは今年のように記者会見やセレモニー前のレッドカーペットまで放映されたことはなかったと思います。過去のセレモニーも、毎年この時期になるとNBA TVで(編集されて)再放送されています。

投稿: 陽子 | 2009年9月16日 (水) 22時16分

MJはビートルズのような存在ですよね。個人的にはローリングストーンズの大ファンですけど、いくらストーンズ頑張ってもビートルズを超える存在にはなれない。
MJも同じだと思いますね。仮にMJの記録を破る選手が出てきても、MJを超える存在の選手は出てこないと思いますね。コービーや、レブロンがこれからいくら、リングを取っても、MJには勝てない。
バスケの選手だけじゃなく、ゴルフ・タイガー、サッカー・メッシ、C.ロナウドがいくら輝いても、MJには勝てないですよね。
最後の試合に、時の政権の主要閣僚(ラムズフェルド)から、国旗を受け取ってますよね。こんなアスリートは、世界でもそうはいないと思います。
MJの現役時代をテレビでだけど、見れたのは本当にラッキーでしたよ。
僕が生きている間は、彼を超えるスーパースターは絶対、出て来ないと断言できます。

投稿: 増田康幸 | 2009年9月17日 (木) 19時08分

お忙しい中ありがとうございます。もともと土曜日がメインと聞いていたのですが、金曜にスピーチをみてそれがメインなのかと思ってしまいましたが、土曜にちゃんとセレモニーがあったのですね。ゴルフ大会もあるところが面白いですね。そういえば、スピーチの時にMJが行っていた今年の入場のチケットがいきなり高くなったのですか?($200→$1000?)ゴルフもチャリティーとかだったのでしょうか?アメリカのイベントはお金を作るのもうまいですね。

投稿: Makoto | 2009年9月20日 (日) 00時43分

>Makotoさん
土曜のイベントは、殿堂のスポンサーにもなっていたモヒガンサン主催の、言ってみればオマケのようなイベント(殿堂入り後初のお披露目のようなもの?)で、メインはあくまで金曜夜のセレモニー(5人のスピーチ)です。

実は、殿堂は少し前から財政難だったようで、特に景気が悪化した最近では銀行に払うお金にも困るぐらいの状況なのだそうです。そんなこともあって、ジョーダンが殿堂入りする今年は、その財政難から少しでも回復するきっかけといった考えもあり、入場料も値上げし、会場もいつもの殿堂内のスペースから、より多くの人を収容するシンフォニーホールへと移したようです。ジョーダンがスピーチで言っていた200ドルがいつのことかわからないので、いきなり200ドルから1000ドルへの値上がりだったのかどうかはわかりませんが…。

そういえば、そんな状況を伝えた記事のひとつに、北京に殿堂のレプリカを作るという案もあるといった話も載っていました。

投稿: 陽子 | 2009年9月22日 (火) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100884/46180820

この記事へのトラックバック一覧です: Hall of Fame:

« 天津レポート(2) | トップページ | Hall of Fame (2) »